「天国と地獄」のネタバレあらすじと結末の感想

天国と地獄の紹介:1963年製作の黒澤明監督、三船敏郎・仲代達矢・香川京子主演による犯罪ドラマ。E・マクベインの小説「キングの身代金」を原案に身代わり誘拐をスリリングに描いた傑作。毎日映画コンクール日本映画大賞受賞作。

天国と地獄の主な出演者

権藤(三船敏郎)、戸倉警部(仲代達矢)、竹内(山崎努)、河西(三橋達也)、伶子(香川京子)

天国と地獄のネタバレあらすじ

【起】- 天国と地獄のあらすじ1

物語は横浜市の浅間台にある豪邸の客間から始まります。豪邸の主は製靴会社ナショナル・シューズの重役を務める権藤で、他の重役からある取引を持ち掛けられていました。彼らは現在の社長から会社を乗っ取り、高品質な靴作りから利益が見込める低コストな靴作りに事業を転換させようと考えていたのです。しかし、職人肌の権藤はこれを拒否、重役たちを追い返してしまいます。権藤には権藤で会社を乗っ取る考えがあり、会社の株を買い占めるために自らの全資産をつぎ込む用意をしていました。

その矢先に、一本の電話が権藤宅にかかってきました。それは男の声で、権藤の息子の純を誘拐したというのです。犯人が要求したのは3000万円、権藤にとってもそれは途方もない金額でした。しかし、電話を切った直後に純が姿を現しました。犯人は純の親友で運転手の青木の息子の進一を間違って誘拐したのです。

権藤は警察にひそかに助けを求め、間もなく戸倉という警部に率いられた捜査チームが権藤宅に到着しました。その後、犯人から再び電話が。犯人は子どもを間違えたことに気づいたものの、身代金を要求する姿勢を崩す気は見せていませんでした。しかも、親族を誘拐したのではないから、捕まったとしても刑は非常に軽いもので済むと安心しきった様子すら見せていました。権藤には進一を助けたい気持ちがありましたが、一方でもう一つ問題を抱えていました。今夜中に5000万円を大阪に送金しなければ、権藤は会社の乗っ取りに失敗するどころか、全財産を失うことになっていたのです。泣き崩れる青木、親友を心配する純、進一を助けてと求める妻・怜子を前にして、権藤の心は大きく揺れていました。

その翌朝、側近の河西が敵対する重役たちに寝返る事態が発生します。経営者として敏腕な腕を振るってきた権藤がふがいない姿を見せていることに、河西はあきれ果ててしまったのです。

【承】- 天国と地獄のあらすじ2

そんな中、犯人から再び電話があり、カーテンを締め切っているのはなぜか、何か企んでいるのかと権藤は問われました。急いで捜査チームは身を隠し、権藤はカーテンを開け放ち何も企んでいないことを証明してみせました。犯人が納得したことを確認すると、権藤は身代金を支払う旨を伝えました。しかし、権藤は支払う前に進一の無事な姿を見せることを絶対条件として提示。犯人は渋々その条件を了承し、電話を切りました。

その後、犯人から身代金引き渡しについて具体的な指示が来ました。厚さ7センチ以下のカバン二つに現金を入れること、特急第二こだまに乗ること、引き渡し直前に進一の無事を確認させること…犯人がどのような手段で身代金を受け取るのか捜査チームはまったく予想できずにいました。捜査チームが事前にできることと言えば、犯人がカバンを処分したときを想定して燃やすと牡丹色の煙が出る粉末をカバンに忍ばせることくらいでした。

そして取引の当日、権藤たちが特急第二こだまに乗っていると、車内電話で権藤宛に電話がかかってきました。電話の主は犯人で、指定した場所にカバンを洗面所の窓から投げろという内容でした。洗面所の窓は、カバンの厚さより若干隙間のある作りとなっていました。指定した場所に電車が近づくと、麦わら帽子をかぶった人物と一緒にたたずむ進一の姿が見えました。進一の無事を確認し、夢中で指定場所にカバンを次々と投げる権藤。車内からは、別の麦わら帽子をかぶった人物がカバンを回収しに行く姿が見えました。

【転】- 天国と地獄のあらすじ3

その後、進一は無事保護され、戸倉ら捜査チームはただちに公開捜査を開始。次々と犯人に繋がる手がかりが浮上しました。犯人の電話での口ぶりから、犯人の家が権藤宅を見上げる位置にあり、ある一定の時間帯に直射日光が激しく当たる地域であることが推測されました。また、進一が見た風景や目撃情報、取引現場に残された証拠から、犯人の協力者である麦わら帽子の二人組の拠点も特定されつつありました。

その一方で、権藤はこれを好機と見た会社の重役たちによって破産寸前まで追い詰められていました。権藤のそんな姿を見て青木はいてもたってもいられず、進一を連れて独自に手がかり探しに向かいました。進一は自分が監禁されていた場所を見つけ出しますが、そこにはヘロイン中毒で死んだ男女二人の姿がありました。後にその二人は取引の場にいた麦わら帽子の二人と断定されました。

この男女二人は主犯の男によって殺された可能性が高いと戸倉は見ていました。ヘロイン常習者が量を誤ることは考えづらく、また、現場からは主犯の男を脅す手紙が見つかっていたのです。戸倉はこの状況を最大限に利用します。マスコミ各社に男女の死を報道させず、代わりに身代金の紙幣一部が使われたと偽の情報を流して欲しいと依頼したのです。主犯の男にまだ男女が生きていると思わせることが目的でした。世論はすべてを失った権藤に同情していたため、マスコミはこの依頼を承諾しました。

その後、戸倉が死んだ男女が持っていた身代金の一部を返却しに権藤宅に行くと、青木が一枚の絵を持って現れました。それは進一が描いた主犯の絵でした。人相はサングラスとマスクでわからなかったものの、左手に常にハンカチが巻かれていたという特徴がありました。その絵を戸倉が見ていると、純が突然騒ぎ出しました。「煙突から桃色の煙が出ているよ!」。外に目をやると、確かに煙突から桃色の煙が出ていました。戸倉は主犯の男がカバンを焼き捨てたと見て、マスコミの報道でひどく動揺していると推測します。

【結】- 天国と地獄のあらすじ4

入念な捜査の結果、捜査チームは竹内という名の研修医をマークします。竹内の左手に深い傷があったのがその決め手となりました。戸倉は確実に竹内を逮捕するために、さらなる一手を打ちます。死んだ男女の手紙の字体で新たな脅迫状を竹内に送りつけたのです。こうすることで竹内は再びあの男女を大量のヘロインで消しにかかるはずで、その現場を押さえようとしたのです。

戸倉の予想通り、竹内はヘロインを買いつけるために夜の街に現れました。その後、竹内はヘロイン中毒の女を旅館に連れ込み、確実に殺せる量を知るために女に大量のヘロインを摂取させ殺害しました。あまりにも入念な準備に驚きを隠せない捜査チーム。さらに戸倉たちを驚かせたのは、その後の竹内の行動でした。偶然街を歩いていた権藤に出会った竹内は、権藤に近づきたばこの火を借りたのです。「本当にあいつは正真正銘の畜生だ」。戸倉は激しい怒りを竹内に抱きます。

その後、戸倉は共犯の男女の家に忍び込もうとした竹内を逮捕、竹内は絶叫しながら連行されていきました。事件は解決したものの、権藤はあの豪邸を失うこととなり、戸倉は少なからず無念さを感じるのでした。

その後、竹内の死刑が確定、その凶悪性が判決の決め手となりました。死刑を前にして竹内は権藤との面会を希望、権藤はその求めに応じました。にやつく竹内に権藤は小さな製靴会社で一からやり直していることを告げ、なぜこんなことになってしまったのかを尋ねました。竹内は突然下を向き答えを拒否しましたが、安アパートの劣悪な環境から見える権藤の豪邸が天国のように見え、次第に権藤が憎くなったことを明かしました。竹内は権藤に死刑も地獄も怖くないと強がりますが、その体は小刻みに震えていました。そして、竹内は叫び声をあげて暴れ出し刑務官に取り押さえられました。面会室の対面窓はシャッターによって遮られ、その向こうからは竹内の絶叫が響いていました。

みんなの感想

ライターの感想

権藤と戸倉とのやりとりを始め、多くの場面が長回しで撮られており、物語に緊迫感を与えていました。また、衝撃的だったのが白黒の映像に突然牡丹色の煙が映し出されたことです。犯人との距離が一気に縮まった場面であの演出を持ってきたことに、黒澤明が巨匠と呼ばれる所以を知ることができました(同じ種類の演出としては、黒澤監督から大きな影響を受けたフランシス・フォード・コッポラ監督の「ランブル・フィッシュ」が思い出されます)。物語のサスペンス性、斬新な演出、俳優の鬼気迫る演技、すべてが揃った日本映画の傑作です。

映画の感想を投稿する

映画「天国と地獄」の商品はこちら