映画:奇談

「奇談」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

奇談の紹介:2005年制作の日本映画。『呪怨』の一瀬隆重プロデューサーが、諸星大二郎の傑作マンガ『生命の木』(短編)を映画化。東北の山奥を舞台に、歴史と聖書にまつわる怪事件を描く伝奇ミステリー。

奇談の主な出演者

佐伯里美(藤澤恵麻)、佐伯里美〔幼少期〕(山田夏海)、稗田礼二郎(阿部寛)、重太(神戸浩)、龍尊寺住職(一龍斎貞水)、妙(草村礼子)、赤沼静江(ちすん)、神父(清水紘治)、善次(やべけんじ)、ヨハネ(白木みのる)、中原巡査(柳ユーレイ)

奇談のネタバレあらすじ

【起】– 奇談のあらすじ1

1972年。民俗学専攻の大学院生・里美は、手を振る少年と穴の夢を何度も見ました。

里美には7歳の夏頃の記憶がありません。母親の出産で東北の親戚宅に預けられた里美は、そこに謎があると考えました。

大学で見覚えのある教会の写真を見つけた里美は、当時の新聞記事から、自分が神隠しに遭っていたことを知ります。

記憶を辿るため、里美は東北の「渡戸村」に行くことにしました。

現地に行った里美は、渡戸村が江戸時代の徳川幕府の弾圧から逃れた、キリシタン(キリスト教徒)の作った村だと知ります。

しかし村の外れに「ハナレ」という場所があり、そこの住民は村ができるはるか以前の秀吉時代からの隠れキリシタンでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「奇談」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×