「容疑者X 天才数学者のアリバイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

高校の数学教師であるソッコの隣にファソンが姪のユナを連れて隣に越してきた。数学の美と本質的に同じ美が存在することをファソンと出会って気が付いたソッコ。 そのファソンはDVの元夫から逃れてきていたのだが、探し当ててきた元夫を殺してしまう。そのことを知ったソッコは・・・

あらすじ動画

容疑者X 天才数学者のアリバイの主な出演者

ソッコ:リュ・スンボム ファソン:イ・ヨウォン ミンボム:チョ・ジヌン サンジュン:キム・ユンソン ユナ:キム・ボラ

容疑者X 天才数学者のアリバイのネタバレあらすじ

【起】– 容疑者X 天才数学者のアリバイのあらすじ1

容疑者X 天才数学者のアリバイのシーン1

画像引用元:YouTube / 容疑者X 天才数学者のアリバイトレーラー映像

一人暮らしのソッコは高校で数学の教鞭を執っていた。

大人しくウブな性格の彼は、アパートの隣で姪のユナと暮らすファソンに好意を持っていたがその想いは伝えられず、ただファソンが働く弁当屋で毎日弁当を買うのがやっとだった。

ある日、帰宅してきたソッコは体調を悪くしたユナを病院に連れて行こうとするファソンと玄関前で遭遇する。

その異常な様子にソッコはユナを背負い救急病院に駆け込んだ。

その後、ユナの容態が安定したため治療費と薬代を払いソッコは一人病院を後にした。

翌日ソッコが弁当を買いに行くと、ファソンが立て替えて貰った治療費を差し出し、弁当代は利子ですと言って受け取らなかった。

夜8時40分を廻った頃、ファソンの部屋のチャイムが鳴った。

ファソンはアイロンがけをしていたが、ユナがカギを忘れたものだと思いドアを開けると、DVを振るわれ逃げていた元夫が無理やり入って来た。

そこにユナが帰ってくると元夫はユナに執拗に絡む。

ファソンが元夫を激しい口調でユナから引き離そうとする声は、アパートの隣の部屋で勉強していたソッコにも聞こえてきてソッコはペンを止めた。

元夫はファソンの上に覆いかぶさり、抵抗するファソンを犯そうとしたが激しく抵抗され、苛立ちまぎれに暴力を振るい始めた。

その元夫の背後にユナが忍び寄り、後頭部にガラスの置物を強く振り下ろした。

だが起き上った元夫は、今度はユナに暴力を振るい始め、意を決したファソンがアイロンのコードで元夫の首を必死に締め上げるとユナも加勢し元夫は死んでしまう。

異変に気付いたソッコが訪ねてきたため、ファソンは動揺しながらもゴキブリが出たため声を上げてしまったのだと説明する。

しかしソッコが“力になりたい。警察に通報するのは僕の話を聞いてからにして欲しい”と言ったためファソンは彼を部屋に入れた。

ファソンは一人で自首するつもりだったが、現場の状況を見れば警察はユナも一緒にやったことを見破るという。

自首すれば情状酌量になっても実刑は免れないし、ユナも罪に問われてしまう。

ソッコは自分にまかせてくれれば二人を守りますと約束した。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「容疑者X 天才数学者のアリバイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×