映画:弟とアンドロイドと僕

「弟とアンドロイドと僕」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「弟とアンドロイドと僕」の感想

ライターの感想

感想を述べるのは本当に難しい作品です。予告を見た時から「凄く癖がある一作だなあ」とは思っていたのですが、見てますます本当に鑑賞する人の感性とか受け止め方によって、いかようにも変わる作品だと思いました。薫は「与えられても、その手を振り解いて自分から孤独を望んだ男」だったのに対して、義弟の求は「孤独に絶えられず、無理矢理力と金で全てを取り戻そうとしたが叶わなかった孤独も掴めなかった男」で対照的なキャラクターでした。 主にこの2人の演劇的な感じがしましたが、演じられた豊川さんも安藤さんも演技派なので、見てて不思議な気持ちになりました。久々にこう…感想に迷う作品です。
    1 2 3 4 5

    「弟とアンドロイドと僕」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×