映画:彼が二度愛したS

「彼が二度愛したS」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

彼が二度愛したSの紹介:2008年公開。真面目な会計士が、知り合った弁護士と携帯電話を取り違えた事から、事件に巻き込まれて行く姿を描いた作品。脚本は「トータル・リコール」のマーク・ボンバック。音楽は「アイアンマン」のラミン・ジャヴァディ。撮影は「レッド・ドラゴン」のダンテ・スピノッティ。出演は「X-メン」のウルヴァリン役を務めたヒュー・ジャックマン、「人生はビギナーズ」のユアン・マクレガー、「マリリン 7日間の恋」のミシェル・ウィリアムズなど。

彼が二度愛したSの主な出演者

ワイアット・ボーズ/ジェイミー・ゲッツ(ヒュー・ジャックマン)、ジョナサン・マコーリー(ユアン・マクレガー)、S(ミシェル・ウィリアムズ)、ティナ(マギー・Q)、ルッソ刑事(リサ・ゲイ・ハミルトン)、ウォール街の美女(シャーロット・ランプリング)、シモーヌ・ウィルキンソン(ナターシャ・ヘンストリッジ)

彼が二度愛したSのネタバレあらすじ

【起】– 彼が二度愛したSのあらすじ1

真面目で平凡な会計士のジョナサン・マコーリーは、今日も残業をしていました。男女のカップルを見て、どこか孤独を感じていました。

そんな時、ワイアット・ボーズと名乗る男性が話しかけてきます。一緒にマリファナをやって、楽しく話します。

帰りの駅のホームで、ジョナサンは美しい女性、Sに見とれてしまいます。Sは電車の行き先を聞いてきます。

同じ駅で降りようとしますが、失敗してしまい、Sとはそれきりになります。自宅に帰ると、配管から水漏れがしていました。

翌日出勤すると、ワイアットが会社で話し込んでいました。どうやら彼は弁護士のようです。

テニスを誘われたジョナサンは、ワイアットと対戦します。ケーブで作られたラケットをワイアットは珍しがります。

自宅に招いて、ジョナサンに高級スーツを渡します。一緒にクラブで楽しい時間を過ごし、ワイアットは途中で美女とホテルに入っていきます。

翌日、ジョナサンはワイアットと昼食を一緒にとります。その時に携帯電話をお互いに取り違えてしまいます。

ジョナサンは自宅に帰って、管理人に配管の修理を頼みます。ロンドンに出張に行ったワイアットに、携帯電話を間違えてることを伝えます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「彼が二度愛したS」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×