映画:彼女がその名を知らない鳥たち

「彼女がその名を知らない鳥たち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

彼女がその名を知らない鳥たちの紹介:2017年10月28日公開の日本映画。沼田まほかるのベストセラー小説を『凶悪』の白石和彌監督が映画化したミステリー。同居人の男に嫌悪感を抱きつつも、その稼ぎで働きもせずにだらだらと本能のままに生きるヒロインの十和子を蒼井優が演じ、新境地を発揮する。また、その同居人を阿部サダヲ、元恋人の黒崎を竹野内豊、新しい彼氏を松坂桃李が演じる。

あらすじ動画

彼女がその名を知らない鳥たちの主な出演者

北原十和子(蒼井優)、佐野陣治(阿部サダヲ)、水島真(松坂桃李)、國枝カヨ(村川絵梨)、酒田(赤堀雅秋)、野々山美鈴(赤澤ムック)、國枝(中嶋しゅう)、黒崎俊一(竹野内豊)

彼女がその名を知らない鳥たちのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①8年前に別れた男・黒崎を忘れられず、日々無為に過ごす十和子、それを黙って支え続ける陣治。陣治は十和子に優しいのだが、下品で粗野で十和子の好みではない。十和子はあちこちにクレームをつけて憂さを晴らしている。腕時計のクレームで知り合った水島を好ましく思った十和子は肉体関係に。水島は妻帯者だった。 ②黒崎が5年前から行方不明と知った十和子は、陣治が殺害したのではないかと疑う。黒崎を殺害したのは十和子で、犯罪を隠匿したのは陣治。十和子が記憶を喪失したのを利用し、陣治は隠していた。

【起】– 彼女がその名を知らない鳥たちのあらすじ1

現在、大阪。

北原十和子(とわこ)は15歳年上の男性・佐野陣治と暮らしていました。陣治はもう50歳間近です。

十和子は毎日、無為に過ごしていました。仕事も家事もすべて、恋人の陣治に任せきりです。

中丸屋百貨店に電話を入れた十和子は、クレームをつけます。

3万5千円で購入した時計が壊れたのですが、部品がなくて修理不能と言われているのです。

ねちねちと文句をつけた十和子は、電話の女性に「責任者と話をしたいから、代わってくれ」と言いました。責任者は不在だと知ると、十和子は「またこちらから電話をする」と言って切ります。

陣治は毎日、こまめに十和子に電話を入れていました。十和子にとっては、そんな陣治を鬱陶しく感じます。

「もう電話せんとって」と冷たく電話を切ったところで、陣治はまた電話をかけてくるのです。

電話を切った十和子は、今度は近所のレンタルDVD店に文句をつけにいきました。

借りたDVDが、途中で再生できなくなったという文句です。

「同じ作品の別のDVDをもう1度お貸しするか、別の作品を無料でレンタルするか」

そんな店の対応に、十和子は激昂します。

「私が言うてるんは、そんなことと違います。私が途中まで見た時間を、どうしてくれるかいうことなんです」

その時、レンタルDVD店の外を、かつての恋人・黒崎俊一が通ったような気がして、思わず十和子は戸惑いました。

店の外に出た十和子は通りを見まわしますが、黒崎はいません。

十和子の苛立ちを煽るかのように、先ほど電話してきたばかりの陣治が、また電話をかけてきます…。

…十和子は8年前に、恋人・黒崎と別れました。しかも最悪な別れ方をしました。

別れ際に黒崎から暴力を振るわれた十和子は、頬骨や肋骨にヒビが入るケガを負わされたのです。

それでも十和子は、黒崎のことが忘れられませんでした。

陣治と暮らしていても、十和子は時折、黒崎のことを思い出してしまうのです…。

陣治は、爽やかな黒崎とは対照的な男性でした。

建設現場で働く陣治は色黒で、しかも少し太り気味です。

食事中にさし歯を外し、くつしたをぬいで足の指の間にたまったごみを、平気で取り出すような人でした。下品で行儀が悪い人です。

それでも陣治は常に十和子を最優先し、どんなに十和子にひどい目に遭わされても、せっせと十和子のために働きました。

夜は十和子の腰をマッサージし、「俺は十和子が笑うてくれてたら、それでええんや」と言います。

陣治にはひとつ、大きなコンプレックスがありました。それは「種なし(精子が少ない)」だということです。

十和子に尽くす陣治ですが、十和子はちょっとでも気に入らないことがあると、陣治のコンプレックスを罵って追い払います。

それでも陣治は十和子のために、お小遣いを置いて働きに出かけるのでした。

十和子の姉・野々山美鈴は、十和子とは対照的な人生を送っています。

結婚して勇作、麻奈という2児を儲けた美鈴は、いつも十和子に説教しました。十和子はそれも、鬱陶しく思います。

十和子がまだ黒崎のことを忘れていないことを、美鈴は見抜いていました。陣治が真面目で優しく十和子に尽力してくれていることを挙げ、黒崎のことなど忘れろと言います。

姉に「最近は黒崎からもらったダイヤのピアスもしてないようだし(だから黒崎のことを忘れたか)」と指摘された十和子は、ダイヤのピアスがどこにいったのか、気になりました。

帰宅後に探したものの、見つからないので、十和子は陣治の部屋に立ち入って調べます。それでも見つかりませんでした。

別の日。

中華料理のチェーン店で食事中の十和子のところへ、一本の電話が入ります。

それは中丸屋百貨店の時計売り場の主任・水島真からでした。

十和子は「こちらから電話する、いうたやないですか」と電話の相手を責めます。

水島の用件は、時計の修理が出来ない代わりに、購入金額と同等の別商品を用意するというものでした。それに対しても十和子は「厄介払いしたいってことやないですか」と文句をつけます。

「思い出の時計なんです」と言って電話を切った十和子は、それでも電話の主が気になりました。

あとで中丸屋百貨店の1階時計売り場の前まで行き、電話で主任の水島を呼び出してもらいます。

現れた水島が清潔で美男だと知った十和子は、胸をときめかせました。電話は無言のまま切ります。

水島に同等の商品を持って来てもらうことにした十和子は、家の掃除をしました。そのあと、水島を家にあげます。

水島は机の上に7点の時計を並べました。いずれも、購入した時計と似たイメージのものを用意したと言います。

しかし十和子は、「販売業者が探した」という言葉にひっかかりました。

「これって、私と中丸屋さんの問題ですよね」

そう言った十和子は、「もういいです。全部持って帰っちゃってください」と水島に言うと、号泣します。

目の前で急に泣き出した十和子を見た水島は、十和子にキスしました。

その後、水島は十和子に「来週の今日、また来ます。それまでに考えておいてください」と言いました。

「何を?」と十和子が聞きますが、水島は「僕にも分かりません」と答えます。

(男女の関係になるかどうかという打診)

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「彼女がその名を知らない鳥たち」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×