「復讐少女」のネタバレあらすじと結末の感想

復讐少女の紹介:2012年製作のイギリス映画。逃げ場のない建物の中で、一人の少女が複数の大人たちからの攻撃を掻い潜る様を描いている。ロージー・デイ、ショーン・パートウィー、アンナ・ウォルトンら出演で贈る作品。

予告動画

復讐少女の主な出演者

エンジェル(ロージー・デイ)、ゴラン(ショーン・パートウィー)、ビクトル(ケヴィン・ハワース)、ヴァイオレッタ(アンナ・ウォルトン)

復讐少女のネタバレあらすじ

【起】- 復讐少女のあらすじ1

1996年のバルカン半島。少女たちは、ある建物に連れてこられます。怯える彼女たちに前に、ビクトルという男性が現れます。
ビクトルは、ここにいれば死なずに済む代わりに、同士に奉仕する仕事をするように命じます。逃げようとは思わないこと、信用すればこちらも信用すると話します。
一人の少女の首に、ビクトルはナイフを刺します。
彼女は倒れ、その姿に少女たちは恐怖します。
ビクトルは、耳も聞こえず、喋ることもできない少女だけ手元に置きます。彼女が小さな天使のネックレスをつけていることから、名前を「エンジェル」とします。
エンジェルには、少女たちの世話をさせることにします。そして、自分の世話も命じます。
エンジェルは、左頬にあざがあり、赤ちゃんの頃から耳が聞こえませんでした。客がくれば、ビクトルから習った通り、少女たちに薬を注射していきます。血だらけになっている少女の体も拭きます。暴行され過ぎて、亡くなっている少女もいました。
エンジェルは、ゴランら兵士に村を襲われて、連れこられました。目の前で母を殺されました。
ある日、エンジェルは手話のできる少女・アレクサと出会います。
アレクサは、父が耳が聞こえなかったことから、手話をすることができました。既に父は死んでいました。
エンジェルの父は家を出ていきました。両親の喧嘩が絶えない家だったのです。
少女たちの部屋には鍵がかけられ、窓も板を貼り付けられて封鎖されていました。
エンジェルは狭い入り口から、屋根裏を通って、アレクサの部屋に行きます。ひと握りのお菓子を2人で分けて食べます。
エンジェルは地面に手を当てて、見張りのディミトリの音を感じ取ります。すぐに部屋に戻ることにします。

【承】- 復讐少女のあらすじ2

客がやってきたある日、アレクサの相手は荒っぽい男でした。
アレクサは酷い暴行を受けて血だらけになっています。
ビクトルは、その分余分にもらっているのだと、エンジェルに話します。そして医師のアンドレを呼びます。
アンドレは、彼女の骨盤が折れていることに気づきます。ビクトルに大切にするよう意見しても、聞き入れてもらうことはできませんでした。
ビクトルは、エンジェルに部屋にくるように言います。そして鍵をプレゼントします。愛しているから、これを渡してもエンジェルは離れないと思っています。
今日は、たまたま通りかかったというゴランらがやってきます。部下のヨーゼフ、ラドバン、マルコ、イワンも一緒です。
エンジェルは、支度するように言われて、少女たちに注射をしていきます。ディミトリの目を盗んで、アレクサにだけ注射せず、注射器を隠し持つことにします。
ゴランは、昔の仲間でもあるビクトルを呼び出します。そして誰と交渉したのか、と警告します。
ビクトルは、自室に戻って銃を取り出します。
イワンは、ドアが開かないようにして、アレクサを激しく犯していました。首を絞めていて、アレクサの息は限界に達しています。
その様子を見ていたエンジェルは、こっそりと屋根裏から出てきます。そしてイワンの脇腹をナイフで刺し、次は胸、そして口を刺します。
エンジェルは、亡くなったアレクサの瞼を閉じてあげて、屋根裏へと逃げていきます。
イワンの叫び声を聞いて、仲間たちがやってきます。
ゴランは、どういうことだとビクトルに怒ります。誰がいないのか、と問いかけます。エンジェルがいないことに気づきます。
ヨーゼフたちは、エンジェルを探しに行きます。

【転】- 復讐少女のあらすじ3

ゴランはビクトルと口論となっていました。
その隙に、エンジェルは入り口から出ていこうとします。しかし鍵を使っても、開けることができませんでした。
ゴランに気づかれて、再び屋根裏へと避難します。
ゴランは壁に向かって銃を撃ちますが、逃げられてしまいます。
次にエンジェルが出ると、ディミトリに見つかってしまいます。
エンジェルは掴まれてしまいます。ディミトリの足に、注射器を刺します。
ディミトリは嘔吐して倒れます。
ゴランが駆けつけて、エンジェルを捕まえようとしますが、屋根裏に逃げられてしまいます。
ゴランは、狭い入り口を破壊して、細めの体格のマルコに行くように指示します。
マルコは屋根裏に入り、登っていく途中に銃を落としてしまいます。エンジェルを追いかけます。
エンジェルは、近くにあった石もしくはレンガで、マルコの顔をぶっ叩きます。
マルコは落下していき、動かなくなります。
エンジェルは、マルコの持っていたナイフを手に入れます。
物音から、ゴランはマルコがやられたことに気づきます。さらに銃を奪われたと思います。
ゴランたちは、車からガスを取り出し、屋根裏に放りなげて燻り出すことにします。
ビクトルは、自分の屋敷だと怒ります。
ガスが充満してきて、建物の中は白くなっていきます。
ビクトルは、ラドバンを銃で殺して、エンジェルが殺ったことにします。
彼らが話している間に、エンジェルは窓から出て、外に出ます。そして森の中に走っていきます。

【結】- 復讐少女のあらすじ4

ゴランは、ふた手に分かれて、森の中を探すことにします。信用できないことから、ビクトルの後をヨーゼフに追わせます。
森の中には、少女たちの死体があり、蛆が湧いていました。
ビクトルは、エンジェルを見つけます。そして助けてやるから、ナイフを渡すように言います。
エンジェルは応じますが、ビクトルによくもやってくれたなとキレられます。
そこへゴランとヨーゼフがやってきて、銃を向けてきます。
ビクトルはエンジェルを盾にし、金を半分ずつ分けるからと、お互いに銃を降ろすように交渉します。
エンジェルは、ビクトルに奪われたナイフをベルトから奪い、彼の足に刺します。
ビクトルは悲鳴を上げながら、銃の引き金を引いてしまい、ヨーゼフが死亡します。
ヨーゼフもまたビクトルを撃ちます。
エンジェルは逃げていきます。
ゴランは、ヨーゼフに一人残さないでくれと訴えます。悲しみに明け暮れた後、ビクトルに止めをさします。
エンジェルは民家に逃げ込みました。
そこに住んでいる女性・レキシーに助けてもらえます。可愛い子豚の置物などが家にありました。
気がついたエンジェルは写真を見つけます。写真には、ゴランとレキシーが仲良く写っていました。
レキシーは、ゴランからの電話をとります。
エンジェルのいる部屋に、レキシーがやってきます。
レキシーはナイフを突きつけてきて、エッチをしたのかどうか聞きます。
エンジェルはしてないと言いますが、信じてもらえませんでした。レキシーが襲ってくるので対抗します。豚の置物でレキシーの頭を何度も殴って殺します。
ゴランは、レキシーが死んでいるのを確認します。
エンジェルは、次に工場に助けを求めに行きます。ゴランがやってきて、ムキムキな男の後ろに隠れます。
ゴランが一言、出ていけと言うと、男たちは出ていきます。
エンジェルは、狭いパイプの中の通路に逃げます。
ゴランは、エンジェルを追いかけて行きますが、つっかえてしまって動けなくなります。
エンジェルは、いそいそと戻ってきて、ゴランの口に布を入れます。これでゴランは喋れません。そしてゴランの顔に血でメイクをして、外に脱出します。
エンジェルがたどり着いたのは、アンドレの家でした。アンドレと彼の妻が匿ってくれます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、小柄な体格を利用した少女の戦いっぷりが見所です。屈強な兵士たちが、少女にやられていく姿は何とも言えません。最後のゴランは、かなりのオマヌケで、エンジェルの勝利を称えたくなります。
少女たちが殴られていく姿など、前半から中盤にかけての非道な描写は、かなり辛い映像になっています。
また、グロテスクな描写のある作品で、イワンにナイフが刺さる場面や、ビクトルの撃たれた顔などは目を背けたくなるほどです。
全体を通して、せかせかしすぎてなくて、見やすかったです。終盤の戦いは、ハラハラしながら惹き込まれていきました。よく出来ている映画なので、お勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「復讐少女」の商品はこちら