映画:怒り

「怒り」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(11件)

サスペンス映画

怒りの紹介:2016年9月17日公開の日本映画。原作・吉田修一、監督・李相日という、『悪人』のコンビによるミステリアスなドラマ。顔を整形し、社会に紛れ込んだ殺人犯らしき人物と出会った、千葉、東京、沖縄の人々の身に起きる出来事を描き、人を“信じる”とは?という根源的な問いを投げかける。

あらすじ動画

怒りの主な出演者

槙洋平(渡辺謙)、田中信吾(森山未來)、田代哲也(松山ケンイチ)、大西直人(綾野剛)、小宮山泉(広瀬すず)、知念辰哉(佐久本宝)、南條邦久(ピエール瀧)、北見壮介(三浦貴大)、薫(高畑充希)、藤田貴子(原日出子)、明日香(池脇千鶴)、槙愛子(宮崎あおい)、藤田優馬(妻夫木聡)

怒りのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東京都八王子市である夫婦が殺害される事件が起きる。現場には「怒」と書いた血文字が残された。被疑者・山神一也は逃走し、1年が経過しても見つからなかった。1年後、警察とマスコミが手配写真を公開し、広く呼び掛けた。その頃日本の3か所で謎の男性が3人登場する。 ②東京の同性愛者・直人は余命わずかの命であることを隠していた。千葉の田代が借金取りに追われているというのは本当の話。沖縄の田中が山神。ただし辰哉が刺殺したので動機などは謎のまま。

【起】– 怒りのあらすじ1

東京都八王子市、7月。

八王子市郊外の住宅街で、尾木夫婦がナイフで刺殺されました。

犯人はまず妻を殺して浴室の浴槽に入れた後、サウナ状態の家の中で冷房も入れず1時間全裸で待機し、帰宅した夫を殺しました。

現場となった夫婦の家の浴室の壁には、被害者の血で「怒」という文字が書かれています。

その後の調査で警察は30歳の男性・山神一也を容疑者と断定し、その後の行方を調査しました。しかし山神容疑者の行方は全く分からないままでした。

…1年後。

テレビで山神容疑者の事件を再び取り扱います。新宿歌舞伎町での目撃情報があったので、手配された写真の1つには、女装した場合の山神の合成写真も入れていました。

山神の家宅捜索をした刑事・南條が見たものは、壁全体に貼られた広告にびっしりと書き込まれた文字と、整然と並べられた大量のコンビニ弁当のゴミ、缶コーヒーのゴミでした。

文字は日常に起きた些細なことへの憤懣が書かれており、山神はなんでも抱いた感情を書きつけないとならない人物なのかもしれないと思います。

山神の行方は一向に知れません。

そんな折、日本の3か所で、3人の謎の人物が現れます。

(以後はこの3人の状況を交互に描いていく演出で描かれているが、なるたけ簡易的に分けて記述する)

…千葉県の漁港。

槙洋平は妻を亡くした後、漁業組合に所属し、男手ひとつで娘・愛子を育てていました。

愛子は3か月前に家出して、歌舞伎町の風俗店で働いていました。客のどんな要求でも必死で応えようとするために、客の方も次第にエスカレートしていき、見つかった時の愛子は、精神的にぎりぎりの状態でした。迎えに行った洋平は絶句します。

帰りの電車で夕食のメニューを聞かれた愛子は、「お父ちゃんのおにぎりでいい」と答えると、好きな東方神起の曲を父・洋平にイヤホンで聞かせました。

愛子は少し発達障害のある女性で、明るいのですが、とろいところがあります。洋平は愛子を連れ戻しましたが、どう扱ってよいのか困っていました。

最寄り駅まで2人を迎えに来たのは、愛子のいとこの明日香です。明日香は地元で結婚をし、ダイゴという幼い少年の母となっていました。愛子に「いつまでも心配かけちゃ駄目」とたしなめます。

実家に戻った愛子は、昼間に毎日父・洋平のお弁当を持っていく生活に戻りました。

愛子が家出している間に、漁港では2か月前から若い男・田代哲也が働き始めていました。一応前の職場の軽井沢のペンションから紹介状があり、勤務も非常に真面目ではあるものの、身元不明の田代は時給800円のアルバイトで働いています。

洋平は田代を買っており、正社員にならないかと声をかけていました。

ある日、愛子は父・洋平へ弁当を持っていきますが、父・洋平は勝浦まで用事で出かけていました。

昼休みに外でコンビニ弁当を食べている田代にどうして外で食べているのか、愛子は戸います。「ずっと冷房の中にいると、頭が痛くなるから」と田代はつっけんどんに答えますが、愛子はあまり気にしていませんでした。

コンビニ弁当を覗きこむと、「お父ちゃん、肉とかからあげとか好きだから、ボリュームあるんだ」と持参した弁当を見せて、「田代君の分もお弁当作ろうか」と言います。

それをきっかけに愛子と田代は親しくなりました。愛子と田代はデートを重ねます。

やがて愛子は田代と空いたアパートで一緒に暮らしたいと父・洋平に切り出しました。

田代が愛子の過去を知っているのか気になった洋平は、「歌舞伎町、行ったことあるか」と遠回しに質問します。田代は「風俗って意味なら、ないです。俺あんまりそういうの好きじゃないから」と答えた後、洋平の質問に込められた意図を察しました。

「俺、知ってます。愛子ちゃんが家出してたこと、その間何してたか。この町にいたら、そういうの耳に入ってきますから…」と遠慮がちに答えた田代に、父は町の狭さに憤ります。田代の言う通り、せまい町なので醜聞はすぐに知れ渡るのです。

しかし田代は「俺、愛子ちゃんと一緒にいると、ほっとするんです。自然といろいろ話したくなって」と洋平に言いました。

洋平の名義でアパートを借り、家賃は田代が払う形で、愛子と田代はつつましく暮らし始めます。洋平は娘の愛子が幸福そうなのを見ながらも、田代がどういう人物か知りたくなり、紹介状を持たせた軽井沢のペンションに問い合わせに行きました。

そこで、田代が前の職場ではタカハシという名で働いていたことを知ります。

田代の仕事ぶりはまじめなのですが、どうして素性を隠して暮らしているのか、洋平は知りたくてたまらなくなりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「怒り」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×