映画:悪と仮面のルール

「悪と仮面のルール」のネタバレあらすじと結末

悪と仮面のルールの紹介:2018年1月13日公開の日本映画。愛する人を守るため、悪事を重ねる男の葛藤を描いた、芥川賞作家・中村文則による同名小説を映画化したクライム・サスペンス。顔を変え、まったくの別人になりすましてまでも愛する人のために自らを捧げる男を玉木宏がクールに演じる。

あらすじ動画

悪と仮面のルールの主な出演者

久喜文宏/新谷弘一(玉木宏)、久喜香織(新木優子)、伊藤亮祐(吉沢亮)、久喜幹彦(中村達也)、榊原〔探偵〕(光石研)、久喜捷三(村井國夫)、佐藤(尾上寛之)、整形外科医(呉汝俊)、会田(柄本明)

悪と仮面のルールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①14歳の誕生日に「邪」になる地獄を味わわせると父に宣告された息子・文宏は、地獄に使う香織という少女に恋をし、父を殺害した。殺害後、文宏は自分が香織を損なうと危惧し、自ら姿を消す。 ②大人になった文宏は整形手術をして香織を見守るが、香織の周囲に危険が迫っていた。そのすべてを追い払った文宏は、香織の前から去る。

【起】- 悪と仮面のルールのあらすじ1

「人間を殺すことを、世界では悪だと言うが、だとしても僕は、悪で構わないと思った」

…11歳の少年・久喜文宏は、ある日父に招かれて、父の書斎で重要なことを明かされます。
父・久喜捷三(しょうぞう)は久喜グループの総裁で、絶大な権力を持っていました。
久喜グループの産業は多岐にわたっていますが、そのうちのひとつに武器産業があります。

世の中には「邪(じゃ)」、つまり、悪をなす人物の存在が必要だと考えた父・捷三は、文宏を「邪」の存在に仕立て上げるために、意図的に作ったと言いました。
文宏が悪になりきるために、父である捷三は、文宏が14歳の誕生日を迎える頃に、地獄を見せると告げます。

その頃、父・捷三は孤児の少女・香織を引き取っていました。
香織を文宏に引き合わせた父は、「地獄を見せる際に、その子が重要な役割を果たす」と言います。文宏が14歳で味わう地獄には、香織が損なうことが関係していました。


その後、文宏は同じ年頃の香織と暮らし、どんどん親しくなります。
ふたりの気持ちが恋愛に変わるまで、そう時間はかかりませんでした。
(注:どうやら一線は越えていない模様)
文宏は香織をいとおしいと思い、香織と過ごす時間を「このうえもない幸福」だと自覚します。
そのたびに、文宏は父・捷三の「14歳になった時にお前に地獄を見せる。その時に、香織が重要な役割を果たす」という言葉が、文宏の脳裏をよぎります。

ある日、文宏は見てしまいました。
書斎で父・捷三が、少女の香織に性的な虐待をしていたのです。
そこから察するに、文宏が考えた「14際になった時に味わう」地獄が、なんとなく想像できました。
文宏が14歳になった時、愛する香織がおそらく、自分の目の前で無残にも男たちに辱められ、損なわれるのでしょう。

そう結論づけた文宏は、迎え来る地獄を回避するために、ひとつの決断をします。
やってくる地獄の前に、父である捷三を殺害してしまえばよい、捷三を殺してしまおうと考えたのです。

父が香織に性的虐待をしていると知った2か月後に、チャンスが到来しました。
父・捷三、文宏、香織の3人で、静岡の別荘へ行く機会ができたのです。
その時、文宏は父・捷三を地下室に閉じ込め、殺害しようとしました。

父は文宏に殺害されると知ると、「地獄を見せられなくなるが、お前には邪となる素質があった」と満足げな顔をします。
「幸福とは閉鎖だ。運のよかった者だけが享受できる、閉鎖された空間だ」
そう告げる父を、文宏は地下室に監禁して放置し、殺害します。


こうして文宏は父を殺害することで、香織を「地獄」から救いました。
しかしそれ以降、文宏はあることに怯え始めます。
父を殺害したことで、自分が父を取り込んでしまい、自分を動かしているように感じ始めたのでした。
香織は、文宏が行なった犯罪を知りません。文宏も、知らんふりを決め込みます。
父の死は単なる事故死として片付けられました。

日を重ねるにつれ、「父の血を引く自分」が香織にふさわしくないと考え始めた文宏は、香織を遠ざけようとし始めます。
香織も、文宏が自分を疎んじ始めたことに気付きました。ただし、本当の理由までは分かりません。
やがて香織は屋敷から去ることになりました。
それを、文宏は見ていることしかできませんでした。


…十数年後。

香織が幸福でいるか知りたい文宏は、整形外科で顔を整形します。
「新谷弘一」という故人の顔と名前をもらい、文宏は新谷弘一として暮らし始めました。

(以後、文宏は表向き「新谷弘一」になるのだが、ややこしいので文宏で通させていただく)


文宏は父・捷三が使っていた優秀な私立探偵・榊原を雇い、香織の近況を探らせました。
榊原はすぐに調査結果を持ってきます。

香織は東京都・江東区のマンションに住み、六本木のクラブ『リー』に勤めていました。ホステス嬢をしています。
恋人はなく、不幸な感じでもないのですが、生きることに怯えているようだと、榊原は答えました。

【承】- 悪と仮面のルールのあらすじ2

さらに榊原は2つ、文宏に情報をもたらします。
1つめは、香織の常連客の矢島孝之という男が詐欺師で、香織の口座に興味があり、香織が相続した久喜家の遺産、3000万円を狙っているようだと告げました。
矢島は覚せい剤の常習者で、狙った獲物に対しても覚せい剤を使い、薬漬けにして陥れるのだそうです。

もう1つの情報は、「自分以外にも、香織を調べている者がいる」ということでした。
矢島とは関係がない、別の人物らしいとも言います。
文宏は榊原に、「矢島からは少し目を離し、その対象を調査対象にしてくれ」と頼みました。


香織を狙う矢島を尾行した文宏は、矢島を毒殺します。
(注:あるいは覚せい剤大量摂取。刑事の会田は「毒殺」という表現を使った)
車中で矢島の遺体が発見されますが、もともと矢島が覚せい剤の常習者ということもあり、事件と事故両方で捜査が始まります。

ほどなくして、榊原が調査結果を持って報告に来ました。
香織を調べていたのは、久喜家の次男・久喜幹彦でした。
幹彦は海外との武器の調達をしている会社を継いでいますが、あまりいい評判を聞かないと、榊原は報告します。
文宏は榊原に、幹彦を調べるよう依頼しました。


同じ頃。
テロ組織グループ『JL』が、県議会議員の飯田修作を殺害したというニュースが、派手に報じられていました。
テログループ『JL』については、マスコミも詳しくは分かっていない様子です。


街頭のカフェでお茶を飲む香織を、向かい側でこっそり見守っていた文宏は、聞き慣れない着信音をいぶかしみます。
ポケットを探ると、自分のではない携帯電話が入っていました。
取ると電話の相手は「邪の文宏か。1時間後、品川の港南口にいろ。断れば、女に危害が及ぶ」と言って切ります。

品川の港南口に移動した文宏は、リダイヤルをして電話の主を探しました。
相手はまだ若い伊藤良祐という男でした。邪の家系の者です。
伊藤は文宏を見て、戸惑いました。文宏が来ると思っていたのに、来た人物はまるで別人だからです(伊藤は文宏が整形したことを知らない)。
文宏は、文宏の知人だと言ってごまかし、文宏は死んだと告げました。

会話をしているうちに文宏は、伊藤が今話題のテロ組織『JL』の一員ではないかと思い、聞いてみました。
そのとおりで、伊藤は『JL』でした。そして文宏を仲間に取り込むつもりだったのです。
文宏が死んだと聞いた伊藤は、それでも文宏(新谷弘一)に同じ匂いをかぎ取り、「仲間になってくれよ」と誘います。


文宏のマンションの玄関先で、刑事の会田が待ち構えていました。
文宏は最初、矢島殺害の件でやってきたのかと構えますが、そうではありませんでした。
文宏が持つ顔、新谷弘一は、かつてどうやら鈴木サエという人物を殺害した容疑をかけられながら、証拠不十分で釈放されていました。
会田は文宏を弘一と思い込んでおり、そしてサエ殺しの疑いをまだ解いていませんでした。
サエの事件で揺さぶりをかける会田に、文宏は慌てて話を合わせますが、会田は違和感を覚えます。

会田から解放されて家に入ると、部屋に潜伏していた者がいました。
それは幹彦の部下で、「サエは8年前に自殺した」と言います。どうやらそれが真相のようです。
幹彦に会うように強要された文宏は、部下に幹彦のところへ連れて行かれました。


幹彦は文宏の外見を見て、ひと目で「整形して、新谷弘一という新たな身分を得た」と気づきます。
(もともと、部屋に部下が潜伏していたことからも、すでに調べはついていたとは思うが)
幹彦は、父の捷三に似た雰囲気を持っていました。
海外との武器の調達をしている会社の筆頭株主である幹彦は、日々の生活に飽き飽きしており、「あまりにも憂鬱でねえ」とぼやきます。

【転】- 悪と仮面のルールのあらすじ3

幹彦は文宏に、久喜家がどのように財をなしたかを説明しました。
第一次大戦時に、戦争を利用して財産をたくわえ、財閥となった久喜家は、それでも祖父を従軍させたそうです。
戦地で戦争を体験した祖父が「邪」に狂い、そして以後、一族の中に「邪」を用意するようになったそうです。

それを話した幹彦は、文宏に「香織を薬物中毒にして連れてこい」と脅しました。
もしそうしない場合には、幹彦自身が香織に、もっとひどいことをするということを示唆します。


探偵の榊原の調査により、香織に矢島を近づけたのは幹彦だったと判明しました。
文宏は榊原に、幹彦の行動パターンを探るよう依頼します。


JLの伊藤に会った文宏は、資金援助をちらつかせながら、伊藤たちのアジトに案内するよう頼みます。
伊藤はJLのアジトへ、文宏を連れていきました。そこには佐藤という男もいて、爆弾をいじっていました。
世間をにぎわせているJLの犯行は、すべてがJLではなく便乗しているものもあるそうです。
マスコミは、本物のJLの場合には暗号を入れるものと知っているそうです。
この世界への侮辱のため、JLは活動していると伊藤は言いました。

帰り際、文宏は伊藤に爆弾を預かってくれと言われます。
現金200万円も、資金援助として提示されました。文宏は答えを濁します。


幹彦の資料を榊原が持って来ると、香織への手引きもすると言います。
香織と同じ店に勤務しているあずさを文宏に会わせ、店へ行ったらあずさを指名しろと告げました。
文宏はそのとおりにし、あずさ経由で香織に紹介されます。
初対面ですが、香織は文宏に「なつかしい感じ」と言われます。
文宏は香織との再会で胸がいっぱいで、感激しました。
つかのま、香織との楽しいおしゃべりに興じます。


伊藤が文宏に電話をしてきました。
佐藤が警察に追われ始めたので、逃走用の資金として、急きょ200万円が欲しいと訴えます。
その通話の途中で、文宏は近くに刑事の会田がいることに気付き、電話を切りました。
会田は「明日、サエの命日です」と言った後、文宏(新谷弘一)を疑い始めました。
日本へ帰国後、働いている様子もないし、それでいながら豪華なマンションに住んでいるし、文宏(新谷弘一)の反応は、以前とも異なると指摘します。
「まるであなたは、頭のいい犯罪者のようだ。私は別の意味で、あなたに目をつけています」
会田はそう言って立ち去りました。


佐藤がカッターナイフを持ち、香織を狙っていましたが、それを文宏が止めます。
揉み合いになった文宏と佐藤ですが、背後から幹彦が佐藤を殴り、どこかへ連れていきました。
「1週間以内に香織を連れてこい」と、別れ際、文宏に要求します。
(佐藤がいる場所を幹彦が把握していた、つまりJLの黒幕は幹彦だった)

文宏は榊原に香織の身辺警護を頼んだ後、バッグを持って幹彦のところへ行きました。
ごく一部の久喜家の者しか知らない秘密の部屋に行くと、幹彦は文宏を待っていました。
幹彦は文宏に、自分の会社を手伝わないか、東京のど真ん中で戦争を起こさないかと持ちかけます。
文彦が断ると幹彦は見込み違いだったと言い、父・捷三の代わりに自分が文宏に地獄を味わわせると言い始めました。

【結】- 悪と仮面のルールのあらすじ4

文宏は部屋に入ってからの会話を録音していたことを告げ、さらにUSBを幹彦に見せます。
USBには、今までの幹彦の悪事の証拠が入っているとも告げました。
父・捷三は幹彦の幼少期から危惧しており、探偵の榊原を使い、長年にわたって調べさせていたのです。
その証拠を午前4時半を過ぎた段階で、マスコミに伝えるように指示していると、文宏は幹彦に言いました。

さらに文宏は、伊藤から預かった爆弾を出し、起爆スイッチを入れます。
制限時間は30分で、死にたくなければ、電源をオフにすればいいだけだと告げ、「文宏はもういない」と言って部屋を去りました。
幹彦の部屋からは、何の音もしませんでした。
(幹彦はそのまま死んだ。防音処理しているので、音がしなかったという意味。
幹彦は「憂鬱さ」を嘆くだけあり、生に未練がなかった)

幹彦の死を、榊原が調べて文宏に教えます。
幹彦は、一度はちゃんとして育てられたものの、途中で棄てられた子で、その後も邪としてあり続けたのだと、榊原は言いました。

香織を脅かす者がいなくなり、文宏は榊原に依頼終了を告げます。
榊原は、依頼主の新谷弘一が文宏であることを、見抜いていました。
「依頼とは関係なく、今度一緒に酒でも飲みましょう」と言って、榊原は去っていきました。


伊藤と会った文宏は、自分が文宏本人だということを明かします。
伊藤との会話で文宏は、伊藤が幼少期から虐待を受け続け、生きる価値に疑問を持ち続けていることを知りました。
文宏は伊藤に「私が生きているのは、記憶を失いたくないからかも」と告げ、「消えなくてもいいんだよ。お前は俺の、分身みたいなもんだから」と言って、逃走資金200万円を渡します。
(伊藤は自殺も考えていたので、文宏はそれを告げることで思いとどまらせた)
文宏の言葉は、伊藤の胸に響きました。
伊藤は自分の持つナイフを文宏に「次会う時まで、持っておいてくれ」と渡すと、「次に自分が何かする時は、必ずお前に相談する」と言って去ります。
(伊藤も改心した)


鈴木サエの墓参りをする文宏を見た会田は新谷弘一が別人だと確信しました。
もし本物の新谷弘一だった場合は、墓参りなどする人間ではないそうです。
会田は、殺された矢島、幹彦、JLのアジトすべてに、新谷弘一の写真があったことを告げ、その3つに共通するのが香織の存在だと告げました。
すべてそれは、香織を守るためにあったと指摘した会田は、「昔のあなたより、今のあなたのほうがまだましだ」と言います。


文宏は海外に行くつもりでした。
そこへ、あずさから頼まれたと言い、香織がやってきます。
香織を家まで送ると言い、文宏は車を運転しました。
香織を後部座席に乗せ、文宏はハンドルを握ります。

ビルに沈む夕陽を見て「綺麗」と言う香織を見た文宏は、とっさに自分の身分を明かしたくなりました。
「僕は文宏の」と言いかけて、「…知り合いです」と言い換えます。
文宏が香織のことを気にかけていたが、現在は結婚もして家も購入し、子どももいると告げました。
途中からは伝聞形が抜けて、告白のような形になっています。文宏は涙を流しながら、香織と過ごした日々がとても幸福だったと、感謝していたと告げます。

香織はそれを聞いて、「私も元気でやっている。ありがとうと、伝えてください」と言います。
文宏は香織に既婚者だと嘘をつき、「僕はあなたが好きです。だからもう、会わない方がいいと思います」と告げました。
香織が文宏に「これからどうしますか」と聞くと、文宏は「生きていきます」と答えます。
別れ際にプレゼントを渡すと、文宏は香織を置いて去りました。

(香織が文宏の正体に気付きかけたところで、それを振り払うように文宏は去った。
海外へ行く予定。その先、文宏がどう生きて行くかは不明。
文宏はつまるところ、香織への愛が勝った結果、父が望んだ「邪」になれなかった。
しかし香織との思い出、香織の記憶があれば、文宏は生きていける)

みんなの感想

ライターの感想

…うーん。これは…微妙な作品。
この作品は中村文則の同名の小説が原作なのだが、その原作を読んでいれば、理解できたかもしれない。
未読のまま映画に臨むと、たぶん意味不明なところが多いと思う。
特に「邪とはなにか」という点において、圧倒的に説明不足。
加えて、大事なところは全部「セリフで言わせる」もんだから、結果的に浅い内容。
もったいない~。
  • ジミーチャンさんの感想

    非常に内容が複雑で良く理解できませんでした。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「悪と仮面のルール」の商品はこちら