映画:愛しのアイリーン

「愛しのアイリーン」のネタバレあらすじと結末

愛しのアイリーンの紹介:2018年9月14日公開の日本映画。小学館漫画賞を受賞し、テレビドラマにもなった「宮本から君へ」で知られる、新井英樹の人気コミックを、安田顕主演で映画化した人間ドラマ。田舎町で暮らす40代男とフィリピン人女性との国際結婚が巻き起こす騒動を描く。同作について“最も影響を受けた漫画”と公言する『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔が監督を務める。

あらすじ動画

愛しのアイリーンの主な出演者

宍戸岩男(安田顕)、アイリーン・ゴンザレス(ナッツ・シトイ)、吉岡愛子(河井青葉)、マリーン(ディオンヌ・モンサント)、正宗(福士誠治)、宍戸源造(品川徹)、竜野(田中要次)、塩崎裕次郎(伊勢谷友介)、宍戸ツル(木野花)、真嶋琴美(桜まゆみ)、お見合い話を持ってくるおばあさん(左時枝)

愛しのアイリーンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①42歳独身の岩男はフィリピンで結婚を決め、18歳の嫁・アイリーンを連れて帰国。アイリーンを快く思わない母・ツルは、やくざの塩崎と組んでアイリーンを追い出そうとするが、岩男が塩崎を殺害、これがきっかけで岩男とアイリーンは結ばれる。 ②殺害を犯した岩男は精神的に追い詰められ、酔って山で転落死(凍死)。息子の死を知り嘆いたツルにアイリーンは妊娠を告げるが、ツルも死ぬ。

【起】- 愛しのアイリーンのあらすじ1

愛しのアイリーンのシーン1 豪雪地帯の寒村、鹿之谷村。

宍戸岩男は、村のパチンコ屋で働く42歳の独身男性です。
岩男の家は農家で、父・源造は認知症ぎみでした。母・ツルがかいがいしく面倒をみています。

岩男は42歳の現在まで、恋愛もしたことがありませんでした。
職場の年上女性、良江にアタックされていますが、岩男はどちらかというと、吉岡愛子という幼い息子がいるシングルマザーの女性に、ほのかに思いを寄せています。

42歳の誕生日、岩男は良江に呼び出されて、「似ている」という理由でゴリラのストラップのプレゼントをもらいました。
岩男は良江に気がないので、そのストラップを捨てて帰宅します。

家では母・ツルが岩男に縁談を用意しようと、必死になっていました。
岩男は内気すぎて、いままで彼女ができたことがありません。独身なのも、女性にアタックができないからでした。
岩男は部屋でこっそり自慰をしますが、ツルはそれをガラス越しに覗いて知っています。
(自室の仕切りが扉ではなく引き戸のガラスで、ガラス越しに見えてしまう)


翌日の仕事終わり、岩男はあこがれの女性・愛子に誘われて、食事に行きました。
前日が岩男の誕生日だと愛子は職場で聞いて知り、慌ててプレゼントを用意したのです。
食事に行ったときに愛子が説明をし、岩男にカードつきの誕生プレゼントを渡しました。

喜んで開封した岩男は、愛子が用意したプレゼントがゴリラのストラップで、良江とかぶっているのを見て、複雑な心境になります。
しかし好きな女性からのプレゼントなので、喜んで受け取りました。車のルームミラーのところに飾ります。

愛子から誕生プレゼントをもらった岩男は、チャンス到来と思いました。
縁談を進めようとする母・ツルに、「春遠からじ」と告げます。

息子の変化が気になったツルは、部屋を掃除した折にカードを見つけ、愛子という名を知ります。
岩男の職場であるパチンコ店へ行き、店員に愛子のことを聞きました。
岩男が愛子と嬉しそうに話をする様子を見たツルは、しばらく様子を見守ります。

ゴリラのストラップは、すぐにパチンコ屋の同僚たちに見つかりました。
岩男が下げているのは愛子からもらったプレゼントですが、同じものをプレゼントした良江が、自分のプレゼントを飾っていると誤解します。
その発言を聞いた愛子は、プレゼントがかぶっていたことを知りました。
岩男も愛子も少し、気まずく感じます。


愛子との関係が良好にいくかと期待した岩男ですが、しかし岩男の期待は、長く続きませんでした。
岩男は愛子との仲を進展させようと考えますが、同僚の斉藤が、愛子と関係を持ったことを話したのです。
愛子は一見すると清楚な女性に見えますが、男性と関係を持つことに抵抗がないのです。

斉藤は岩男をフィリピン・パブに連れて行くと、愛子との行為について語りました。
斉藤から話を聞いた岩男は腹を立て、店の女性を口説きます。

愛子のアパートに押し掛けた岩男は、「好き、だった」と言って、ゴリラのストラップを投げて立ち去ろうとしました。
愛子も岩男の背に「本気だと困るんだわ」と声をかけます。


失恋してやぶれかぶれの岩男が帰宅すると、愛子について調べたツルが待っていました。
愛子が子持ちの出戻りで、夫が刑務所に入っていることをツルは突き止めており、それを岩男に忠告します。
母なりに心配して世話を焼くわけですが、岩男は追い詰められるように感じました。

岩男はむしゃくしゃして家を出て、歩いているところを車に轢かれます。
命に別状はありませんが、失恋した岩男はそのまま、姿を消しました…。
(斉藤に連れられてフィリピン・パブへ行った際に、「フィリピンの女の子と国際結婚」を勧められている)


その日を境に、岩男はしばらく姿を消していました。
母・ツルは心配して息子を探します。
日がないちにち、岩男を探して村を歩き回るツルの姿が、しばらく見られました。
そのうちに、岩男の父・源造が倒れ、そのまま他界します。

源造の葬儀が営まれました。
その葬儀の席に、背が低く日焼けしたフィリピン人女性アイリーン・ゴンザレスを連れた岩男が、現れます。
アイリーンは「岩男さんの、お嫁さん」と自己紹介し、場は水を打ったように静まりかえりました…。

【承】- 愛しのアイリーンのあらすじ2

愛しのアイリーンのシーン2 〔二週間前〕

失恋した岩男はその足で、フィリピン人女性との国際結婚あっせん会社を訪問しました。
300万円をあっせん会社に投じて、フィリピンに渡ります。
現地ではあっせん会社の社員・竜野が、岩男たちに現地女性とのあっせんをしました。

フィリピンでは、日本人男性との結婚を望む女性がおおぜいおり、たくさんの人を岩男は紹介されます。
次々に女性を紹介されるのですが、どれも似たようなもので、岩男はうんざりしました。
そのうちに誰でもいいという気持ちになった岩男は、ちょうどその時に目の前にやってきた18歳の女性アイリーン・ゴンザレスと、衝動的に結婚を決めます。

アイリーンの家は、父が入院して金が必要で、アイリーンにはきょうだいがたくさんいました。
「今後どのくらい支援(仕送り)ができるのか」というのが、アイリーンの母が最も気にしている内容です。
半ば身売りのような感じで、アイリーンの結婚が決まりました。

お見合い結婚は違法なので、3年前から文通をして親しくなった…という筋書きを用意し、岩男はアイリーンと現地で結婚式を挙げます。
岩男はアイリーンの母にせがまれて、30万円を支払いました。
それを聞いた竜野は、「過度な期待をさせるとよくない」と言います。フィリピンでの初任給は、日本円で2万円程度なので、岩男がアイリーンの母に渡した額が多いことは、すぐに分かります。

披露宴のあと初夜を迎えますが、アイリーンは岩男の股間を見て絶叫しました。
岩男はアイリーンの様子を見て、本当に18歳なのかと戸惑いました。性知識がないので、もっと幼いのではないかと、受け取ったのです。
しかし竜野は「ああ見えて、女もしたたかですよ」と言いました。
竜野は、アイリーンが岩男と関係を持ちたくないために、わざとうぶな振りを装っていると見抜きます。
(注:アイリーンは処女で、好きな人と初体験をしたいと思っている。あとでそのことが触れられる)


このように岩男は、フィリピンでアイリーンという嫁を見つけ、連れて帰国したわけです。
帰宅したところが、父・源造の葬儀の真っ最中だったのは、たまたまでした。


岩男がフィリピン人女性のアイリーンと結婚したと知った一同は、戸惑います。
戸惑う弔問客のなかでアイリーンだけが、言葉もよく分からず、教わったばかりの日本語で自己紹介を繰り返していました。
そこへ母・ツルが猟銃を持って現れます。
ひとり息子が大事なツルは、岩男が得体のしれない外国人女性と結婚したと認めたくなくて、反対しました。
ツルとアイリーンは取っ組み合いになり、岩男はその場をとりなして、アイリーンを連れて去ります。

ツルの怒りが解けるまでは、家の敷居をまたげないと思った岩男は、アイリーンを連れて地元のラブホテルへ泊まりました。
岩男はそれでも、結婚した以上はアイリーンを守ろうと考え、ツルとの仲を取り持とうと考えます。
アイリーンは岩男を受け入れず、身体も許さないままでした。

岩男の自宅に入れないアイリーンは、昼間は岩男の車で過ごしたり、フィリピン・パブに顔を出したりします。
フィリピン・パブで働く女性・マリーンと親しくなったアイリーンは、マリーンに辞書をもらいました。日本語の勉強を始めます。


岩男がフィリピン人と結婚したことは、職場でも周知の事実でした。
自宅の敷居をまたげないアイリーンは、岩男の職場にもときどき、顔を出します。
興味津々のアイリーンは、洗面所で化粧を直す愛子を観察していました。
アイリーンの視線を感じた愛子は、自分の口紅をアイリーンに塗ってあげます。
アイリーンは「すばらしい」と、教わったばかりの日本語で賛辞を述べますが、愛子はあとで、アイリーンの唇を塗った口紅を捨てました。
(注:人種差別、フィリピン人に対する嫌悪感を表現したエピソード)

通勤に使っている自転車がパンクした愛子を、岩男がバンに乗せて送ります。
自転車もバンに乗せ、アイリーンは車中で眠っています。
車中で愛子は、岩男がどのように生活しているのか質問しました。
自宅に入るのを許されていないので、アイリーンを連れてホテルを転々としていると、岩男は答えます。

アイリーンを手に入れるために、結婚あっせん所などもろもろ、合計で476万円使ったと聞いた愛子は、思わず「うらやましい」と答えました。
自分にそんな金を払ってくれる者などいない…と、愛子は自虐的なことを言います。

【転】- 愛しのアイリーンのあらすじ3

愛しのアイリーンのシーン3 その頃。
フィリピン・パブに塩崎裕次郎が客として、やってきました。アイリーンと出会います。
塩崎はアイリーンに「金のための結婚をした」と言いました。
アイリーンは否定し、「金のために結婚したが、心は売っていない」と言い、初体験は好きな相手とするつもりだと答えます。

塩崎がアイリーンを気にしたのは、自らの出自も関係していました。
塩崎の母はフィリピン人で、塩崎はそのせいでずっと、差別を受け続けていました。
アイリーンが抱く「日本への夢」を聞いた塩崎は、アイリーンと一緒に新たな人生を歩めそうだと考えます。
(注:塩崎はアイリーンに愛情・親愛に似た感情を、抱いている様子が見受けられる。
一方で、アイリーンにいい顔をして、アイリーンを利用しようとしている可能性もあり)


アイリーンとの結婚を頭から反対していた岩男の母・ツルですが、怒ったままだといつまでも事態が好転しないことに気づきました。
アイリーンと離婚させるためには、まず岩男を呼ばないと話にならないと考え、ツルは「許した振り」を装い、岩男を家に呼び戻します。
「岩男を幸せにしてやってくれねえか」とアイリーンに言いますが、ツルは本音のところでは、そんな気はなく、むしろアイリーンを厄介払いしたいと思いました。
とにもかくにも、岩男とアイリーンは実家で暮らし始めます。

そうこうしているうちに、1か月が経過しました。
岩男は約束どおり、アイリーンの故郷へ送る仕送りを渡します。
アイリーンはそのときだけ喜び、「愛してっど」と岩男にキスしました。しかし身体は許していません。

岩男用にと頼んでいた縁談の相手が、ツルのもとへ舞い込みました。
縁談相手は27歳の女性・真嶋琴美で、古風な女性でした。少し頭が固いところもありますが、男性を立てる昔気質の女性です。
琴美を気に入ったツルは、なにがなんでもアイリーンを追い払い、琴美を嫁にしようと考えました。


そんなツルの心を知る塩崎が、手を組もうと近づきます。
ツルは塩崎を毛嫌いしますが、塩崎は「やくざだろうがなんだろうが、利用するべきだ」と助言します。
塩崎の言葉を聞いて、ツルは考えこみました。
ツルの脳裏によぎるのは、岩男の姿です。

結婚したものの、岩男はまだアイリーンを抱けていませんでした。
アイリーンの寝顔を見ながら自慰にふける岩男の姿を見て、ツルは切ない気持ちを抱きます。
それを思い出したツルは、塩崎の発言に一理あると考え、塩崎と手を組むことにしました。


見合いだということを隠したツルは、岩男に「琴美を家まで送れ」と言います。
片道1時間かかる場所のところに、琴美の家はありました。
途中で車が故障をし、岩男が修理にかかっている間、琴美は車中で居眠りをします。
修理が完了した岩男は、熟睡している琴美のスカートをはだけ、下着を見ながら自慰をしました。
その最中に琴美が起きて岩男を見てしまい、そのまま逃げ帰ります。

帰宅した岩男は、アイリーンを連れ去ろうとする塩崎を見つけ、車で追いかけました。
山道をカーチェイスした岩男は、山中で塩崎に追いついて、猟銃で射殺します。

そのまま塩崎の遺体を山中に埋めた岩男は、前科持ちになった自分のもとに、アイリーンをとどめておけないと考え、アイリーンを逃がそうと考えました。
しかしアイリーンは心を打たれ、岩男のところへとどまると言います。
帰宅した岩男とアイリーンは、そのまま体を重ねました。

ツルは、息子の岩男が塩崎を追って去ったかと思うと、血まみれで帰宅したことで、何があったかを察します。
そのまま寝室で岩男とアイリーンが交わるのを、さすがにツルは口出しできませんでした。
ふたりの様子を見たツルは、わが身に月経が戻るのを感じます。


塩崎を殺害したことがきっかけで、岩男とアイリーンは結ばれました。
その後も岩男とアイリーンは、肌をあわせます。
ところが岩男は精神的に、ダメージを受けていました。アイリーンを見ると塩崎のことを思い出します。
アイリーンを抱きながら、岩男は吐き気を催しました。

【結】- 愛しのアイリーンのあらすじ4

愛しのアイリーンのシーン2 塩崎の姿が消えたことで、塩崎の仲間は岩男を疑います。
岩男の家や車に「人殺し」という文字を、何度も書く嫌がらせをしました。
人を殺してしまった罪の意識から逃れるように、岩男は愛子を求めます。
愛子も拒みませんでした。岩男と愛子は仕事の最中でも、トイレで関係を持ちます。


岩男宅で時間を持て余したアイリーンは、近所の寺の坊主・正宗と話をしました。
アイリーンは「日本とフィリピンの天国は違うのか」と質問し、正宗はそれがきっかけで、アイリーンにお経を教え始めます。

正宗とアイリーンが親しげに話をしていることが噂になり、それを知った岩男は正宗を殴り、アイリーンを連れ帰りました。
アイリーンは次第に乱暴になる岩男を拒否しようとしますが、岩男は「1回3000円」を渡すことで、アイリーンと関係を持とうとします。


宍戸家は限界でした。
塩崎の仲間は「岩男が塩崎を殺した」と確信し、家、車に落書きをするだけでなく、「岩男は人殺しだ」というビラまで撒き始めました。
巡査が事情聴取にやってきます。

岩男は精神的に追い詰められ、愛子との関係にのめりこみました。
愛子は子どもを家に放置していることを、元夫に責められます。
家の落書きを消しながらツルが思うのは、「すべての元凶はアイリーン」ということでした。
しかしアイリーンからすると、ツルが塩崎と組まなければ、こんな事態にはならなかったと思うのです。


…季節はめぐり、冬になりました。
愛子はパチンコ屋の職を、辞めています。

岩男はアイリーンと行為をするたびに、3000円を支払っていました。その金で故郷に送金しろと言います。
パチンコ屋の同僚・良江に金を借りた岩男は、迫られて関係を持ったものの、あとでうがいをしました。

次第に自暴自棄になった岩男は、ときおり山に赴いて、樹木の幹に「アイリーン」という文字を刻むようになっています。
しかし実際のアイリーンに会うと、岩男は冷たくするしかできなくなっていました。
フィリピン・パブのマリーンに「俺はアイリーンを、フィリピンに戻すつもりだ」と岩男は話します。

その後、酒をあおりながら山中で樹にナイフで文字を刻んでいた岩男は、倒れて斜面を転げ落ちました。
頭を打ち、その場で気絶します…。


灯油を買いに行ったアイリーンは、岩男の車を見つけて山にのぼりました。
そこで樹木に「アイリーン」と刻まれた文字を見つけ、さらに崖から落ちて凍っている、岩男の遺体を見つけます。
アイリーンは号泣し、家から布団を持ってきて、遺体にかけました。よりそいます。

同じ頃。
岩男が戻ってこないのを、母・ツルはやくざのせいだと思っていました。
巡査に止められつつ、猟銃を持ってツルはやくざを探し回ります。

アイリーンと顔をあわせたツルは、わが子・岩男への愛情を訴えました。最初と2番目の子は流産し、3番目にできた子はわずか2歳で死亡します。
岩男はそのあとに、やっとツルが授かった子でした。8歳まで乳離れができず、10歳まで寝小便をしていた子ですが、ツルにとっては大事なわが子です。

アイリーンはツルを連れて、岩男の遺体のある場所へ連れていきました。
岩男の遺体を見たツルは嘆き、遺書を書いて自殺しようとします。
アイリーンがツルの自殺を止めると、ツルはアイリーンに、姥捨てをしろと言いました。
大きな裁ちばさみを手にして、ツルは「姥捨てしないと、死ぬ」と主張します。

アイリーンはとりなすために、ツルをおぶって山へいきました。
説得を聞こうとしないツルに、アイリーンは妊娠を告げ、いっしょに帰ろうと告げます。

アイリーンの妊娠を聞いたツルは、アイリーンの背中におぶさりながら、昔のことを思い出しました。
岩男を出産したときのことを振り返ったツルは、そのまま亡くなります。

アイリーンはツルの死を巡査に訴えようとしますが、理解してもらえませんでした。
歩くアイリーンに、岩男の「アイリーン、愛してるっぞ」という声が、吹雪の中から聞こえます…。
(注:原作ではこの後、5年後に出産したアイリーンが描かれている。
映画ではこのシーンで終わりなので、アイリーンの妊娠が事実かどうかは分からないが、事実であろう)

みんなの感想

ライターの感想

痛い、とにかく心が痛い映画。誰も幸福になれない、そもそも幸福ってなにをもって? 考えさせられる。
ツルが息子の岩男に向ける愛情は、とにかく深い。だからこそしっかりした嫁をあてがいたいと考えてしまう。
ある意味において純朴な岩男は、愛子への失恋がきっかけで暴走し、フィリピンで花嫁を「買って」くる。それがアイリーン。
したたかな面を持つアイリーンだが、好きな人に初体験を捧げたいという乙女心がある。
まるで愛情とはちがうストーリーが展開されていくのだが、見終わったあと残るのは、まぎれもない「強い(濃い)圧倒的な愛情」。それが不思議。
見たくない面を押し出してくる作品なので、視聴するには覚悟が必要。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「愛しのアイリーン」の商品はこちら