映画:愛のメモリー

「愛のメモリー」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

愛のメモリーの紹介:1976年公開のアメリカ映画。最愛の妻子を亡くし、妻子の生前の幸せだった思い出にのみすがって生きてきた男に、突然襲いかかって来た出来事を描くサスペンス・ロマン作品である。

愛のメモリーの主な出演者

マイケル・コートランド(クリフ・ロバートソン)、エリザベス・コートランド〔サンドラ・ポルティナリ〕(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)、ロバート・ラサール(ジョン・リスゴー)、エイミー・コートランド(ワンダ・ブラックマン)、ブリー警部(スタンリー・J・レイス)

愛のメモリーのネタバレあらすじ

【起】– 愛のメモリーのあらすじ1

1959年、ニューオリンズのコートランド家では、結婚10周年記念パーティが催されていました。事業家・マイケルは妻・エリザベスと娘・エイミーに囲まれ幸せでした。

その夜、エリザベスとエイミーが何者かに誘拐され、マイケルは現金50万ドルを要求されます。

親友であり、共同経営者でもあるロバートに相談したマイケルは、翌朝、警察に通報しました。

マイケルはブリー警部の指示通り、白紙が入ったトランクを犯人に渡します。警察は犯人の車を追跡しますが、犯人の車は大型タンクローリーと激突する事故に遭遇し、川の中に落ちてしまいました。

警察の捜査にもかかわらず、エリザベスとエイミーの行方は分かりませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「愛のメモリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×