映画:推理作家ポー 最期の5日間

「推理作家ポー 最期の5日間」のネタバレあらすじと結末

推理作家ポー 最期の5日間の紹介:2012年に公開された映画です。実在の推理作家エドガー・アラン・ポーを主人公に据えています。ポーの最期はいろいろと謎が多いとされており、いまだに詳しいことは分かっていません。そんな謎めいた最期に切り込んだのが本作です。こういうことがあったのではないかという推測の元、ミステリー風なエッセンスを加えた独自解釈になっています。そのためポーについての知識があれば、より楽しめるかもしれません。

あらすじ動画

推理作家ポー 最期の5日間の主な出演者

エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)、エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)、エミリー・ハミルトン(アリス・イヴ)、ハミルトン大佐(ブレンダン・グリーソン)、ヘンリー(ケヴィン・マクナリー)、イヴァン・レイノルズ(サム・ヘイゼルダイン)

推理作家ポー 最期の5日間のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 推理作家ポー 最期の5日間のあらすじ1

推理作家ポー 最期の5日間のシーン1 1849年、アメリカのメリーランド州ボルティモアで、母娘が殺害されるという事件が起きました。
エメット・フィールズ刑事が現場へと向かいます。現場を調査したフィールズ警視は、この殺人事件がエドガー・アラン・ポーの小説「モルグ街の殺人」に似ていることに気づきました。

一方のポーは貧乏な生活を送っていました。彼の作品は世になかなか受け入れられず、酒びたりの日々を送っています。
そんなポーにはエミリー・ハミルトンという恋人がいました。エミリーは上流階級のお嬢様で、軍人のハミルトン大佐を父に持っています。ハミルトン大佐は飲んだくれてばかりいるポーを嫌っていました。

そんなある日のこと、ポーは警察に逮捕されます。「モルグ街の殺人」に酷似した殺人事件が起きたことで、ポーは容疑者に浮上したのでした。
しかしすぐにポーの容疑は晴れます。その後、フィールズ警視はポーに捜査協力を求めました。ポーは自らの作品を汚した犯人を捕まえるため、捜査協力を受け入れます。

すぐに第2の殺人事件が発生しました。事件現場を調べたフィールズ警視は、遺体の側に落ちていた仮面を発見します。仮面を見たポーは「落とし穴と振り子」を真似たものだと気づきました。
それにより、次に何か起こる場所はハミルトン大佐が開催する仮面舞踏会だと推測します。

【承】- 推理作家ポー 最期の5日間のあらすじ2

推理作家ポー 最期の5日間のシーン2 ポーとフィールズ警視は仮面舞踏会の会場に潜り込みました。恋人のエミリーも来ていたため、ポーは彼女と言葉を交わします。
すると突然骸骨の格好をした男が現れました。フィールズ警視は拳銃を手に取り、発砲します。慌てた骸骨男は雇われただけの俳優だと明かしました。実は骸骨男はただの囮だったのです。
ポーとフィールズ警視が骸骨男に気を取られている間に、エミリーがさらわれてしまいました。

次の日、今度は「マリー・ロジェの謎」になぞらえた事件が起きます。ポーとフィールズ警視は現場に駆けつけ、手がかりを探しました。その結果、遺体の手に血液がついているという異なる点を発見します。

彼らは被害者が所属していたという劇団に話を聞きに行きました。関係者全員にアリバイを聞いた結果、1人だけ消息を絶っている人物がいると分かります。その人物とは船員のモーリスでした。
モーリスについて調べを進めると、フォルトゥナート号に乗船していたことが判明しました。その船の名前を聞き、ポーは「アモンティラードの樽」を模倣した事件が起きるに違いないと考えます。

何かを知っていると思われたモーリスはとっくに殺されていました。しかもモーリスは、どういうわけか誘拐時のエミリーが身に着けていた服を着ていたのです。
他にもモーリスの遺体には奇妙な点がありました。彼の口には12時27分で止まっている懐中時計が詰め込まれており、背中にはタトゥーが刻まれていたのです。
ポーとフィールズ警視はエミリーを見つける手がかりに違いないと考えました。

【転】- 推理作家ポー 最期の5日間のあらすじ3

推理作家ポー 最期の5日間のシーン3 ポーとフィールズ警視はモーリスの遺体から見つかった手がかりをヒントに、エミリーは聖十字架協会にいる可能性が高いと考えました。
ポーとフィールズ警視はカントレル巡査という人物に協力を仰ぎ、聖十字架協会に向かいます。ポーとフィールズ警視が鍵を開けようと躍起になっていると、カントレル巡査が犯人らしき人物を発見し、発砲しました。
銃弾は当たらず、犯人はカントレル巡査の喉を切り裂きます。銃声を聞いたポーとフィールズ警視は犯人を追いかけました。
しかし捕まえるどころか犯人に銃撃され、フィールズ警視が負傷します。犯人には逃げられました。
彼らは聖十字架教会の中を調べ、エミリーの名前が刻まれている墓を発見します。墓の中は空洞でした。

ポーは愛する女性を救うため、「エミリーを解放したら自分が代わりに死んでやる」という記事を新聞に載せることにします。
新聞社の編集長ヘンリーは植字工のイヴァンに命令して、記事の印刷を急がせました。
その最中、ポーの家が全焼するという事件が来ます。連続殺人事件の引き金はポーだと考えた住民によるものでした。
ポーはフィールズ警視の家に泊まることになります。

翌朝、犯人からの手紙が届きました。驚くべきことに犯人からの手紙は、ポーの記事が載っている新聞が発行された前に届けられたものだったのです。
それを知ったポーは新聞が発行される前に記事を読むことができる編集長のヘンリーが犯人ではないかと疑いました。

【結】- 推理作家ポー 最期の5日間のあらすじ4

推理作家ポー 最期の5日間のシーン2 手紙のインクを調べると新聞社で使われているものだと判明し、ポーはやはりヘンリーが犯人なのかと考えました。
その矢先、ヘンリーが殺害されるという事件が起きます。そして真犯人が、ポーの前に姿を現しました。真犯人は新聞社で働く植字工のイヴァンだったのです。彼はポーの小説の大ファンでした。

イヴァンはエミリーを解放する条件として、ポーに毒薬を飲ませました。大切な女性であるエミリーを助けるため、ポーは覚悟を決めて毒薬を飲みます。
徐々に弱りつつあるポーを尻目に、イヴァンは様々な話をします。イヴァンはポーだけでなく、他の作家にも今回と同じような事件を仕掛けるつもりでした。そのために彼はフランスのパリへ向かおうとしています。
言いたいことを言い終えたイヴァンは弱るポーを置いて、パリへと向かいました。ポーはイヴァンの話から、エミリーが監禁されている場所を推測し、助け出すことに成功します。エミリーは救急車に乗せられ、病院へと運ばれました。
死を悟ったポーは公園へ足を運びます。ベンチに座っていると、ポーのファンである男性が話しかけました。その男性にポーは「犯人の名はレイノルズ」だと伝えます。この言葉を最期に、ポーは帰らぬ人となりました。

ポーの最期の言葉を受け取ったフィールズ警視は決着をつけるため、フランスへと向かいます。フィールズ警視はイヴァン・レイノルズを射殺しました。
こうしてポーの小説を模倣した連続殺人事件は幕を終えたのです。

みんなの感想

ライターの感想

設定は悪くはないのですが、いかんせん犯人がショボすぎました。まったく意外性がないというか、そういえばそんな奴いたなという程度の犯人なのです。せめてもう少しひねりが欲しかったです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「推理作家ポー 最期の5日間」の商品はこちら