映画:推理作家ポー 最期の5日間

「推理作家ポー 最期の5日間」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

推理作家ポー 最期の5日間の紹介:2012年に公開された映画です。実在の推理作家エドガー・アラン・ポーを主人公に据えています。ポーの最期はいろいろと謎が多いとされており、いまだに詳しいことは分かっていません。そんな謎めいた最期に切り込んだのが本作です。こういうことがあったのではないかという推測の元、ミステリー風なエッセンスを加えた独自解釈になっています。そのためポーについての知識があれば、より楽しめるかもしれません。

あらすじ動画

推理作家ポー 最期の5日間の主な出演者

エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)、エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)、エミリー・ハミルトン(アリス・イヴ)、ハミルトン大佐(ブレンダン・グリーソン)、ヘンリー(ケヴィン・マクナリー)、イヴァン・レイノルズ(サム・ヘイゼルダイン)

推理作家ポー 最期の5日間のネタバレあらすじ

【起】– 推理作家ポー 最期の5日間のあらすじ1

推理作家ポー 最期の5日間のシーン1

画像引用元:YouTube / 推理作家ポー 最期の5日間トレーラー映像

1849年、アメリカのメリーランド州ボルティモアで、母娘が殺害されるという事件が起きました。

エメット・フィールズ刑事が現場へと向かいます。現場を調査したフィールズ警視は、この殺人事件がエドガー・アラン・ポーの小説「モルグ街の殺人」に似ていることに気づきました。

一方のポーは貧乏な生活を送っていました。彼の作品は世になかなか受け入れられず、酒びたりの日々を送っています。

そんなポーにはエミリー・ハミルトンという恋人がいました。エミリーは上流階級のお嬢様で、軍人のハミルトン大佐を父に持っています。ハミルトン大佐は飲んだくれてばかりいるポーを嫌っていました。

そんなある日のこと、ポーは警察に逮捕されます。「モルグ街の殺人」に酷似した殺人事件が起きたことで、ポーは容疑者に浮上したのでした。

しかしすぐにポーの容疑は晴れます。その後、フィールズ警視はポーに捜査協力を求めました。ポーは自らの作品を汚した犯人を捕まえるため、捜査協力を受け入れます。

すぐに第2の殺人事件が発生しました。事件現場を調べたフィールズ警視は、遺体の側に落ちていた仮面を発見します。仮面を見たポーは「落とし穴と振り子」を真似たものだと気づきました。

それにより、次に何か起こる場所はハミルトン大佐が開催する仮面舞踏会だと推測します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

設定は悪くはないのですが、いかんせん犯人がショボすぎました。まったく意外性がないというか、そういえばそんな奴いたなという程度の犯人なのです。せめてもう少しひねりが欲しかったです。

映画の感想を投稿する

映画「推理作家ポー 最期の5日間」の商品はこちら

IMAGE

推理作家ポー 最期の5日間 ブルーレイ [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のミステリー・サスペンス映画
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
ジョン・キューザック(出演),ルーク・エヴァンス(出演),アリス・イヴ(出演),ブレン…

¥351
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20