「時効警察・復活スペシャル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

時効警察 復活スペシャルの紹介:2019年9月29日放送の日本テレビドラマ。2006年、2007年に放送し好評を博した『時効警察』のスペシャル版。2019年10月からスタートした同ドラマ第3弾に先駆け、武田真治をゲストに迎えてお送りする。

あらすじ動画

時効警察・復活スペシャルの主な出演者

霧山修一朗(オダギリジョー)、三日月しずか(麻生久美子)、又来(ふせえり)、サネイエ(江口のりこ)、真加出(早織)、熊本(岩松了)、浜田山(内藤理沙)、久我山(田中真琴)、十文字疾風(豊原功補)、蜂須賀(緋田康人)、彩雲真空(吉岡里帆)、諸沢(光石研)、又来康知(磯村優斗)、美魔王藤原&沢村浩司(武田真治)、九品仏さやか(菊地凛子)、背黒岩夫(渋川清彦)、ずぶ濡れニンゲン(森下能幸)、猪股(スマイリーキクチ)、沢村加奈子(余貴美子)

時効警察・復活スペシャルのネタバレあらすじ

【起】– 時効警察・復活スペシャルのあらすじ1

時効警察・復活スペシャルのシーン1

画像引用元:YouTube / 時効警察・復活スペシャルトレーラー映像

霧山修一朗は、趣味で「時効になった事件」を捜査する、総武署の時効管理課の警察官でした。

21世紀初頭に霧山は政府の派遣事業のメンバーに選ばれて、アメリカのFBIに出向しました。

霧山が渡米したため、交通課の三日月しずかとのコンビも解消されます。

その後、三日月は刑事課所属の刑事と結婚したものの、離婚していました。

さてその霧山が実に12年ぶりに、ふらっと総武警察署の時効管理課に戻ってきました。

霧山を知るメンバーは、再会を喜びます。

ヒゲモジャだった霧山は、翌日ヒゲを剃って現れると、昔のように「時効になった事件」をまた趣味で捜査しようとします。

霧山が渡米しているあいだに、日本の法律も変わりました。

殺人などの凶悪犯罪には、公訴時効が廃止になりました。2010年の4月27日以降、時効は廃止されています。

霧山が目を止めたのは、その前日に時効を迎えた事件でした。

1995年4月26日に起きた事件で、2010年4月26日に時効を迎えたものです。

…その事件は「浦島ガソリンスタンド火災事件」と言い、概要はこうです。

1995年4月26日の未明に、浦島町にあるガソリンスタンドが大爆発を起こし、全焼しました。焼け跡から1人の遺体が発見されます。

遺体は損傷がひどく炭化しており、身元の特定が難しい状態でした。

しかし遺体が握っていた遺留品が制服のボタンであることや、およその体格などから、遺体の身元は元アルバイトの亀ヶ丘高校の男子高校生・沢村浩司であると、1か月後にみなされます。

殺人・事故・自殺など複数の見立てのもとに捜査は行なわれましたが、詳細が不明のまま、9年前の2010年4月26日に時効を迎えました…。

霧山がこの事件を調べると知った三日月も、協力を名乗り出ました。

新人刑事の彩雲真空も、霧山の「趣味」に興味を示します。

ところで芸能界では「美魔王」と呼ばれる、マッチョな男性・藤原安二郎が人気を博していました。

藤原安二郎は御年71歳とのことですが、38歳くらいに若く見えるのです。

美魔王・藤原が見いだされたのは8年前、畑仕事をしていた藤原にたまたまナスBがテレビ番組のロケで取材をしたことがきっかけでした。

以来、若返りを図る中高年のアイドルとして、美魔王・藤原はその名を知られることとなりました。

さて週末、早速霧山と三日月は事件を調べるため、浦島町の派出所へ行きます。

派出所にいた針巡査は霧山に協力し、質問に答えました。

死んだ沢村は事件のころにはもうアルバイトをやめていたこと、事件当時にガソリンスタンドの2階にある焼死体が見つかった部屋は、空き部屋だったことを教えます。

さらに沢村の母・加奈子や離婚した父・新一の現在の消息は、不明でした。

針巡査は、ほかにもつい先日、(株)大手出版のライター・九品仏さやかが取材にやってきたと話します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「時効警察・復活スペシャル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×