映画:時計じかけのオレンジ

「時計じかけのオレンジ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

サスペンス映画

時計じかけのオレンジの紹介:1971年製作のアメリカ映画。スタンリーキューブリック監督が映画化した作品で有名だが、原作者にはとても気に入られていない作品(小説版の完結版の最後の章を映画版に取り入れていないため、ラストが変わってしまうから)。スタイリッシュで奇をてらったファッションなどにも注目。

あらすじ動画

時計じかけのオレンジの主な出演者

アレックス(マルコム・マクダウェル)、 ディム(ウォーレン・クラーク)、 ジョージー(ジェームズ・マーカス)、 ミスター・フランク(パトリック・マギー)、 フレデリック(アンソニー・シャープ)

時計じかけのオレンジのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①アレックスは悪友と4人で悪さばかりしていた。ある日悪友に裏切られたアレックスは、老女を殺してしまい逮捕され14年の懲役を言い渡される。2年後ある更生療法を受ければ即釈放と聞いたアレックスは志願した。 ②ルドビコ式療法により、アレックスは暴力・性・大好きな第九で吐き気を催すように。アレックスは釈放されるが過去の者たちに復讐される。自殺を図ったアレックスは助かり、しかも洗脳が解けていた。

【起】– 時計じかけのオレンジのあらすじ1

時計じかけのオレンジのシーン1

画像引用元:YouTube / 時計じかけのオレンジトレーラー映像

…イギリス・ロンドン。近未来のお話。

アレグザンダー・デ・ラージことアレックスは、15歳の少年です。

アレックスは仲間のジョージー、ディム、ピートを率いて、小さなギャング集団を結成していました。彼らは白いブラウス、白い吊りベルト、白いズボン、黒い帽子で杖を持って歩きます。

アレックスは右目だけ、つけまつげをしていました。これはオシャレです。

アレックスはクラシック音楽が好きで、特にルドウィヒ(ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン)の交響曲第9番、通称:第九の第4楽章をこよなく愛していました。

アレックスが嫌いなのは、酔っ払いと老醜をさらすことです。

その夜も河原でアレックスたちは、酔っ払いの男を叩きのめしました。河原には労働力とならない老人が、数多くたむろしています。

その後、対抗する4人グループ『ビリー・ボーイ』たちと戦いました。『ビリー・ボーイ』はアーミー服を着ています。

『ビリー・ボーイ』を叩きのめした時、パトカーのサイレンの音を聞いたアレックスたちは、車を奪って逃げました。そしてサプライズ訪問をします。

見知らぬ家を訪問して、交通事故を起こしたので電話を貸してくれと言って、その家に入りこむ手口です。

入り込んでしまった後は、好き放題に振る舞います。ご機嫌なアレックスは『雨に唄えば』を口ずさみつつ、親切な作家フランク夫婦の妻の口をガムテープでふさぎました。

初老の男性作家・フランクは叩きのめし、夫の前で妻の服をハサミで切り、乱暴を働きます。

明け方に帰って来たアレックスは、つけまつげを外してペットのヘビと遊ぶと、眠りました。昼間の学校はサボります。

アレックスは市営団地に住んでいました。両親は健在で、アレックスはひとり息子です。

とりたてて金銭に困っておらず、両親に愛されてアレックスは幸福な暮らしをしています。

パートに出て行った母親と交代で、部屋に更生委員のミスター・デルトイドが訪問しました。

デルトイドは表向きは真面目さを装うアレックスの裏の顔を見抜いています。

『ビリー・ボーイ』一派が病院送りになったことを告げると、「申し分ない家と両親があり、頭も悪くないのに」と嘆きました。

証拠がないので逮捕できませんが、デルトイドはアレックスに目をつけているのです。

レコード店に行ったアレックスは、そこでナンパした2人の若い女性を部屋に連れ帰り、3人でのセックスにふけりました。

満足して団地の階段を降りると、1階に他のメンバーが待ち受けていました。

4人グループのリーダーはアレックスなのですが、最近それを不満に思う傾向があり、ディムが反論します。しかしアレックスは、黒幕はジョージーだと見抜きます。

誰がナンバーワンかを明らかにしておくには、暴力の制裁が必要だと考えたアレックスは、道を歩きながら隙を見てディムとジョージーを川に落とし、川べりに差し伸べたディムの手首にナイフで切りつけました。

これで反乱は収めた…そうアレックスは考えていました。

その夜、ディムたちが計画していたプランを実行に移そうとアレックスは考えます。

ディムに聞くと、ヘルス・ファームにネコ屋敷があり、そこには老女ミス・ウェーザーズとたくさんの猫と、金銀宝石があるのだそうです。そこを襲えば、今までみたいに小さな犯罪をおかさなくてもいいと聞き、アレックスは行きました。

いつもの手口「ノックをし、ひどい事故を起こしたので電話を借りたい」と言うと、老女・ウェーザーズは警戒して扉を開けませんでした。というのも、今朝の朝刊に同じ手口で作家夫婦が重傷を負った記事が載っており、警戒したのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「時計じかけのオレンジ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×