「東京プレイボーイクラブ」のネタバレあらすじと結末の感想

サスペンス映画

東京プレイボーイクラブの紹介:2012年公開の日本映画。東京にある寂れたサロンに、行き場を失った男がやってきて、トラブルに巻き込まれていく様を描いている。監督・脚本は商業映画デビュー作となる奥田庸介。主演は大森南朋。光石研や臼田あさ美らも出演した異色のバイオレンス作品。

予告動画

東京プレイボーイクラブの主な出演者

勝利(大森南朋)、成吉(光石研)、エリ子(臼田あさ美)、貴弘(淵上泰史)、竹男(赤堀雅秋)、梅造(三浦貴大)、松ノ介(佐藤佐吉)

東京プレイボーイクラブのネタバレあらすじ

【起】- 東京プレイボーイクラブのあらすじ1

勝利は作業着を着て仕事をしていました。会社に浪人生が乗り込んできます。カンカンっといった作業の音がうるさいのが原因です。
社長は一切音を出さないからと、浪人生の要望に応えることにします。浪人生は自分を見てくる勝利が癇に障ります。勝利は近づいてきた浪人生の頭を工具で殴ります。浪人生は倒れて、頭から血を流します。
勝利は東京プレイボーイクラブという寂れたサロンを訪れます。久しぶりにサロンを経営している成吉と会います。成吉は次々と周りが潰れている状況で酷いけれど、暮らすには不自由しないからと、しばらくいればいいと言います。
東京プレイボーイクラブで働くボーイ・貴弘は、恋人のエリ子と同棲していました。ある日、店の女性・はなに大事な話しがあると呼び出されます。貴弘の子を妊娠したのです。はなは迷惑をかけないからと謝ってきます。
勝利は成吉と飲みに行きます。勝利がトイレに行くと、ヤクザの梅造が用を足していました。見てたら出ねぇと胸ぐらをつかんできます。勝利は血がついた状態で、トイレから戻ってきます。
そして梅造が鼻から血を流して、トイレから出てきます。そこへ梅造の兄の竹男がやってきます。竹男は自分たちを敵に回して、生きていけると思うなと言って帰ります。

【承】- 東京プレイボーイクラブのあらすじ2

成吉は店を潰すつもりかと、喧嘩が強くても仕方ないとのだと、勝利に言います。勝利は帰りがけの竹男を見つけて、田舎モンと言われたことに怒りながら、彼を殴り続けます。
その頃、店番を頼まれていた貴弘は、店の金を盗んで、はなの元に行きます。荷物をまとめて、1時間後に西口の公園でと伝えます。店に戻ってきた成吉は、金が盗まれたことに気づいて追いかけます。
貴弘は公園で朝まで待ち続けますが、はなは来ませんでした。エリ子から早く帰ってきてとメールがきて、貴弘は自宅に帰ることにします。そこで待っていたのは成吉です。
エリ子が店に行くと、捕まってボコボコにされた貴弘がいました。貴弘はエリ子に、店で働くことをお願いをします。貴弘はエリ子と帰ることができます。
竹男と梅造の兄の松ノ介は、成吉に電話をかけた後、成吉の店にやってきます。成吉は勝利に昔恩がありました。そのことを説明したりと、必死に松ノ介に謝ります。
松ノ介は成吉とは友達であることから、勝利をフクロにしない代わりに、女に金を持たせてもってこいと、ホテルの場所と時間を伝えます。

【転】- 東京プレイボーイクラブのあらすじ3

勝利が車を運転し、エリ子が金を持っていくことになります。エリ子がホテルの部屋に入ると、松ノ介がパンツ一丁で待っていました。
カップラーメンを食べている成吉の携帯電話がなります。ホテルに急いで向かうと、松ノ介がベッドの上で死んでいました。
何でこうなるのか、自分が呪われてるのかと成吉は頭を抱えます。松ノ介の乳首には、SMの電動のマッサージが取り付けられていました。成吉が触ると、あつっと手を放してしまいます。松ノ介の死因は心臓麻痺だと分かります。
成吉は松ノ介の金品を奪い取り、勝利が裸に水玉エプロンで、死体を切り刻むことにします。そして松ノ介の切り刻んだ遺体をゴミ袋に詰めて川に捨てます。
松ノ介が帰ってこないので、竹男と梅造が成吉の店にやってきます。梅造は松ノ介がつけていた金品を見つけます。竹男が銃を取り出して脅してきて、成吉は待ってくれと頼みます。成吉はエリ子を店に連れてくるようにと、勝利に電話でお願いします。

【結】- 東京プレイボーイクラブのあらすじ4

エリ子が自宅に帰ると、貴弘がはなと寝ていました。もういいと、エリ子は出ていきます。
それから家に戻ってくると、勝利が待っていました。勝利は浮気していた貴弘がどうでもいいなら、逃げても良いと言います。エリ子は行く所もないし、行くことにします。
行く宛てがないのは勝利も同じでした。そもそも勝利に帰る場所はありません。
勝利とエリ子が店に到着すると、成吉がボコられて縛られていました。銃を向けられて、勝利は手を拘束されます。
銃を向けられて、成吉は自分は何も知らないと言います。エリ子が金品を持って帰ったのだと、成吉は主張します。エリ子は何も喋れないでいました。
勝利は松ノ介を殺したことを話します。一丁前に入れ墨を掘りやがってと、勝利は竹男を挑発します。竹男は怒りに怒って、銃を乱射します。梅造に当たってしまい、竹男は彼を抱えます。
エリ子はその隙に、背後からラジカセで竹男を殴ります。勝利はエリ子に拘束を解いてもらい、一緒に手を繋いで逃げることにします。しかし、梅造がまだ生きていて、エリ子を後ろから撃ちます。
弾切れとなって、勝利は梅造を殴り続けます。そしてエリ子を車に乗せて、病院に向かいます。勝利は車内でクソッと声を荒げます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、登場人物の設定もあり、気迫のこもった迫力のある演技が見所です。気合いの入った強い声に恐ろしさを感じつつも、ヤクザと渡り合う喧嘩の強い勝利の姿に、男らしさを感じずにはいられません。
今作は東京の夜の街の雰囲気がよく出ていて、リアリティのある暗い店内など、演出に隙はありません。
こういった世界もあるのだなと、恐怖を感じながらも、ハラハラして見続けてしまいました。刺激をとても感じる作品であり、ラストでエリ子は助かったのかが気になります。続編が出るのならぜひ見たいと思う良い映画でした。

映画の感想を投稿する

映画「東京プレイボーイクラブ」の商品はこちら