映画:殺しのナンバー

「殺しのナンバー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

殺しのナンバーの紹介:2013年公開。CIAの送信局に異動した敏腕エージェントが、巨大な陰謀に巻き込まれていく様を描いている。CIAの非常な体質に怒りと疑問を覚えた主人公をジョン・キューザックが熱演。銃撃戦、肉弾戦、予測不能な展開が魅了する作品。

あらすじ動画

殺しのナンバーの主な出演者

エマーソン・ケント(ジョン・キューザック)、キャサリン(マリン・アッカーマン)、グレイ(リアム・カニンガム)、マックス(リチャード・ブレイク)、デビッド(ブライアン・ディック)、メレディス(ルーシー・グリフィス)、デルニ(ジョーイ・アンサー)、レイチェル・デイビス(ハンナ・マリー)

殺しのナンバーのネタバレあらすじ

【起】– 殺しのナンバーのあらすじ1

第二次世界大戦以降、情報機関は秘密の送信局から、暗号化された指令を送信していました。携帯電話の通信とは違い、短波での数字の指令は逆探知不能です。政府は局の存在を否定していますが、現在も数字化された指令は送信されています。

ニュージャージー州のジャクソンで、敏腕CIAエージェントのエマーソンは、上司のグレイと任務に来ています。グレイはラジオで聞いたイカれた科学者の話しをします。人間の灰、ミネラル成分には4ドル40セントの価値しかない話しです。

暗号送信を受け取ったエマーソンは、暗号表と照合して、表を焼き捨てます。グレイに10分計ってもらい、とあるバーにやってきます。

バーの店主は20年間金を貯め、この店を経営して保障局より逃れていました。ついに時が来たのだと彼は悟り、エマーソンに射殺されます。

次の任務場所に到着し、エマーソンはグレイに3分計ってくれと頼みます。標的を始末しますが、少女に見られてしまいます。

殺すことが出来ず、少女は外に出てきます。グレイによって殺され、エマーソンはCIAの非常な体質に怒りと疑問、悲しみを露わにします。彼女の死んだ時のことを思い出し続けます。エマーソンの精神状態を調べに、本部からエージェントがカウンセリングに来ます。

非常なお偉い方達から守るため、グレイはエマーソンをブラックレグに異動させます。ブラックレグはイギリスにある小さな局です。

人里離れた場所にあり、アメリカ軍の古い基地にあります。ヨーロッパの仲間に情報を送るのが業務です。エマーソンは心が回復するまで、暗号専門家の新人のキャサリンの面倒を見ることを任されます。また、3日ごとの交代制で、局と暗号の安全を守ることが任務です。

イギリスのサーフォーク州。2ヶ月が経ち、エマーソンは座り仕事がほとんどです。基地内部では厳重なロックの扉があり、端末には数字の羅列が多く並び、キャサリンが暗号を伝えています。

仕事を終えて、もう一組のデビットメレディスと交代し、エマーソンはキャサリンの送ります。デビットとメレディスはデキていました。

週末が終わり、エマーソンはキャサリンを迎えに行きます。キャサリンは携帯が持ち込み禁止なため、車に置いておきます。

厳重な門をいくつも通り、いつものようにデビットとメレディスが出て来るのを待ちます。しばらくしても彼らは出て来ず、静寂が辺りをつつみます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

この映画は、暗号化された番号をテーマにしています。暗号を巡るスパイ同士の攻防が見所です。
少人数の戦闘ですが、銃撃戦、肉弾戦共に迫力が他と違います。カメラワークは出演者目線に切り替わったり、銃弾のスピードが迫力に拍車をかけています。
ジョン・キューザックとマリン・アッカーマンの卓越された演技も見所です。撃たれても任務の阻止を願うマリン・アッカーマンの演技は見ものです。ガラスの破片を抜くシーンは痛そうで、顔が歪みます。
全体を通して、緊迫感の中にも感情が複合的に加わっている印象の作品でした。斬新なサスペンス映画として楽しめます。

映画の感想を投稿する

映画「殺しのナンバー」の商品はこちら

IMAGE

スパイ・コード 殺しのナンバー [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のミステリー・サスペンス映画
エイベックス・ピクチャーズ
ジョン・キューザック(出演),マリン・アッカーマン(出演),リーアム・カニンガム(出演),カスパー…

¥4,234
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20