「犬神家の一族(1976)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「犬神家の一族(1976)」の感想

ライターの感想

謎解きのおもしろさ以上に、閉鎖的な家制度やドロドロした人間の情念がメインのお話でした。ここまで犯人以外の人間に怒りの矛先が向くミステリーも珍しいと思います(犬神佐兵衛が均等に生前分与をしていれば……と悔やまれます)。とはいえ和製ミステリーの傑作と名高い本作、最後まで全く飽きず、カメラワークの素晴らしさに興奮しながら観られました。湖に浮かぶ逆さまの両足は、シュールすぎてもはや映像美です。
    1 2 3 4 5

    「犬神家の一族(1976)」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×