「狩人の夜」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– 狩人の夜のあらすじ3

狩人の夜のシーン3

画像引用元:YouTube / 狩人の夜トレーラー映像

新婚初夜、ウィラはハリーに抱かれるつもりでいました。期待しながら待っていると、ハリーは「鏡を見ろ」と突き放します。これからのウィラに必要なのは子どもを育てることで、そのための結婚だと話しました。ハリーが巧みに説得するので、ウィラは結婚後も男女の関係がないことを納得します。そして以後は、ハリーの伝道師の仕事も手伝います。

ウィラと結婚してジョンとパールの父親になったハリーは、以後も金のありかを探っていました。ハリーの目的に感づいたジョンは、警戒をゆるめません。あるときパールが金を取り出しておままごとをして遊んでいるのを見て、ジョンは急いで片付けました。ベンが1万ドルを隠した場所は、パールの持っている女の子の人形のなかだったのです。

ジョンが警戒心を解かないのを見て、ハリーはパールにターゲットを絞ります。しかしジョンがパールを見張るので、なかなか話しかけることができませんでした。パールはハリーに警戒心を抱いていないので、ジョンはハリーと2人きりにさせないようにします。

ある夜ウィラは、ハリーがジョンとパールに金のありかを聞いて詰め寄っているところを目撃しました。ハリーは「ベンが獄中で、もう金はないと言っていた」とウィラに告げていたので、発言の矛盾を問いただします。鬱陶しくなったハリーは、ウィラをナイフで殺害しました。

その頃パン屋のウォルトは、ハリーは怪しいと妻のアイシーに話していましたが、アイシーは聞き入れませんでした。

ウィラを殺害したハリーは、車ごと川に沈めます。そうして町の人には「ウィラが車で家出をしてしまった」と嘘をつきました。町の住民は、新婚早々自分の子を置いて家出したウィラに呆れ、血のつながりのない子どもの面倒をみるハリーをますます信頼するようになります。

それに気をよくしたハリーは、人の見ていない場所でジョンとパールを虐待して金のありかを白状させようとします。

ボート管理人のバーディは、車ごと川に落ちているウィラの死体を発見しました。しかし第一発見者としてそれを知らせると、自分の犯行だと疑われることを恐れました。そこで知らない振りをします。

虐待に耐えかねたジョンは、ハリーに「地下室の石の下に置いてある」と教えました。ハリーは疑って「そこへ取りに行け」とナイフを持って脅し、ジョンとパールを先に行かせて地下室へ移動します。ジョンとパールはハリーを地下室に閉じ込めると、急いでバーディのところへ逃げ出します。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「狩人の夜」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×