「狩人の夜」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「狩人の夜」の感想

ライターの感想

1955年の作品です。日本では戦後1回、1970年代に地上波で放送されたようです。 1953年に発表されたディヴィス・グラップの『狩人の夜』というベストセラー小説が原作。 興行収入成績は決して振るわなかったものの、当時から映画関係者のあいだでは評価の高い作品でした。 年を経てロバート・ミッチャムの演技が評価され、現在もなお高評価の作品です。 最後までどうなるかハラハラしながら見ることができます。 指のタトゥーは現在も有名ですが、この映画がルーツです。
    1 2 3 4 5

    「狩人の夜」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×