映画:白い家の少女

「白い家の少女」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

白い家の少女の紹介:レアード・コーニッグの同名小説を実写化。人里離れた家で暮らす美しい少女の恐るべき所業を描いたミステリー・サスペンス。1977年公開。

白い家の少女の主な出演者

リン(ジョディ・フォスター)、フランク・ハレット(マーティン・シーン)、ハレット夫人(アレクシス・スミス)、マリオ(スコット・ジャコビー)、警官(モルト・シューマン)

白い家の少女のネタバレあらすじ

【起】– 白い家の少女のあらすじ1

美しいブロンドの少女リンは、人里離れた白い家で暮らしています。

ハロウィーンの夜、一人で13歳の誕生日を祝っていたリンの元に、仮装したフランクという男が訪れてきます。

フランクはリンの家の家主・ハレットの息子で、妻子持ちでありながら児童性愛の変質者と噂されていました リンは両親の所在を尋ねられると、「父は書斎で仕事中で、母は死んだ」と答えます。

ある日、ハレットがリンの家にやって来ます。

勝手に振る舞うハレットに対してリンはここは自分の家だと怒り、父に会わせろとせがまれると留守だと答えます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「白い家の少女」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×