映画:白昼夢に抱かれる女

「白昼夢に抱かれる女」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

白昼夢に抱かれる女の紹介:2010年製作。売れっ子カメラマンの女性が、毎晩同じ夢に出てきた男性が目の前に現れ、惹かれていく姿を描いている。現実と夢との間で、スリルと官能を織り交ぜたサスペンス作品。

あらすじ動画

白昼夢に抱かれる女の主な出演者

カレン(ソニア・リヒター)、マチェック(マルチン・ドロチンスキ)、ヨハン(ミカエル・ニクヴィスト)

白昼夢に抱かれる女のネタバレあらすじ

【起】– 白昼夢に抱かれる女のあらすじ1

ファッションカメラマンとして働くカレン。モデルの服をはだけさせたりと、熱心に撮影を行います。その晩、ベッドの上でハッと目を覚まします。

食事に向かったカレンは、違う席に座る男性・マチェックが気になります。彼は女性と共に外に出ていきます。カレンは彼の後を追いかけ、窓越しにマチェックを見つめます。そして一人となった彼の後ろをついていきます。

マチェックは後をつけていことに気づき、カレンは知ってる人だと思ったのと言って去ります。マチェックは首をかしげて去っていきます。

翌日、カレンは同じ店でマチェックを見かけます。彼もまた、カレンのことが気になって見ます。

マチェックの方から近づいてきて、同じ席に座ることにします。彼はポーランドの教師で、仕事でパリに来ていました。昨日一緒にいたのは妻で、これから友人を訪ねに行く予定です。

誰だと思ったのかと聞かれ、カレンは夢であなたを見るのだと答えます。毎晩、カレンは同じ夢を見ていました。

ホテルの一室に、マチェックが全裸でいて泣いている夢です。助けてあげようとカレンが行くと、マチェックはバルコニーにいます。そして後ろ向きに飛び降りて死んでしまうのです。

マチェックのホテルの部屋は、まさしくカレンが夢で見ていた場所でした。二人は扉の前でキスを交わします。

いつも通り、カレンは受付で210号室の鍵を受け取ります。入室して服を脱いで、裸で眠るマチェックのベッドに入ります。カレンの下腹部をマチェックが触ります。またしても、マチェックとの夢を見て目が覚めるカレンでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「白昼夢に抱かれる女」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×