映画:相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿の紹介:2009年公開の日本映画。人気テレビドラマ『相棒』シリーズのスピンオフ作品で、『相棒』シリーズ劇場版『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』から派生した話である。

あらすじ動画

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿の主な出演者

米沢守(六角精児)、相原誠(萩原聖人)、米沢知子(紺野まひる)、真鍋知子(紺野まひる・一人二役)、高橋早苗(片桐はいり)、広田努(半海一晃)、早乙女美穂(奥田恵梨華)、設楽光治朗(伊武雅刀)、天野達之(市川染五郎)、亀山美和子(鈴木砂羽)、亀山薫(寺脇康文)、杉下右京(水谷豊)

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿のネタバレあらすじ

【起】– 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿のあらすじ1

爆破テロ予告が起きた東京ビッグシティマラソンで、特命係・右京と薫が犯人を追う中(劇場版『相棒』第1作参照)、顔認証システムでマラソンの映像をサーチした鑑識課・米沢は、マラソン選手の中に元妻・知子を見つけました。

知子は数年前あるヤマを終えた米沢が帰宅すると、離婚届だけを残して姿を消していました。米沢は今でも知子が消えた理由を知りません。

知子のアパートに行った米沢は、苗字が真鍋と変わっていることから再婚を想像し会わずに帰宅しました。

翌日その知子が遺体となり発見されます。米沢の知るほくろがなく血液型も異なり、彼女は同名の別人でした。

真鍋知子は青酸カリ服用による自殺と断定されます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×