映画:相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ

「相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島への紹介:2014年公開の日本映画。警視庁特命係の個性派刑事コンビの活躍を描く人気ドラマ『相棒』の劇場版第3弾。太平洋に浮かぶ孤島で起きた死亡事故と、島に隠された秘密に迫る姿を描く。

あらすじ動画

相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島への主な出演者

杉下右京(水谷豊)、甲斐享(成宮寛貴)、神室司(伊原剛志)、高野志摩子(釈由美子)、綿貫孝雄(風間トオル)、若狭道彦(宅麻伸)、神戸尊(及川光博)、甲斐峯秋(石坂浩二)、伊丹憲一(川原和久)、角田六郎(山西惇)、三浦信輔(大谷亮介)、米沢守(六角精児)、岩代純也(瀬川亮)

相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へのネタバレあらすじ

【起】– 相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へのあらすじ1

東京の南にある八丈島の近くに、若狭産業社長・若狭の所有する孤島・鳳凰島がありました。島では元自衛隊員たちが民兵として訓練を積んでおり、若狭と防衛大臣政務官・栗山は奨励しています。

その島では1か月に1度希望者を募り、訓練生として3泊4日の訓練を受けさせていました。

その訓練施設の厩舎で、会社員・岩代の遺体が発見されます。死因は馬に蹴られたことによる事故死とされました。

警視庁特命係の杉下右京の元に、以前相棒を組んでいた現・検察庁長官官房付・神戸が訪れます。

神戸は右京に、馬の事故死を捜査する名目で島を調査せよと密命しました。島には非合法兵器(生物兵器)があるという噂の真偽を確かめるためです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×