映画:真夜中のゆりかご

「真夜中のゆりかご」のネタバレあらすじ動画と結末

あらすじ動画

真夜中のゆりかごの主な出演者

アンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)、シモン(ウルリク・トムセン)、アナ(マリア・ボネヴィー)、トリスタン(ニコライ・リー・コス)、サネ(リッケ・マイ・アナスン)

真夜中のゆりかごのネタバレあらすじ

【起】- 真夜中のゆりかごのあらすじ1

刑事のアンドレアスは、妻のアナと幼い息子のアレクサンダーと幸せに暮らしていました。アレクサンダーは真夜中になると泣くので、アンドレアスが車に乗せて寝かせます。アレクサンダーは車に乗ると、いつも直ぐに寝てしまいます。
ある日、通報を受けたアンドレアスは、相棒のシモンとアパートの部屋を訪ねます。部屋には以前逮捕したトリスタンがいました。
トリスタンは、サネという女性と一緒に暮らしています。二人ともジャンキーで、外からは言い争う声がしてきます。
踏み込んだアンドレアスは、トイレで糞尿まみれの赤ん坊を見つけます。彼は二人の子供であり、名前はソーフスといいました。
アンドレアスは水で洗い流してあげて、凍えていることから毛布でくるんであげます。
トリスタンは暴力をふるうこともあり、アンドレアスは子供を保護するべきだと、上司や同僚に主張します。証拠の写真もいくつもありました。このままでは、トリスタンがサネもソーフスも殺してしまうかもしれません。
シモンは妻と別れて、息子とも会えずに独り暮らしをしています。息子の新しい父親は水泳コーチで、シモンは会うことに頭を抱えていました。
案の定、ストリップバーで暴れだし、夜中にアンドレアスが連れて帰る始末となります。その間、アナは息子をベビーカーに乗せて、散歩に出かけてあやすことにします。
子育てが大変なことから、アンドレアスは後悔してる?と妻に聞きます。アナは何てことを言うのと激怒します。謝罪したアンドレアスは、昔からアナが子供を欲しがってたことを口に出します。

【承】- 真夜中のゆりかごのあらすじ2

ある夜、アナは息子の様子を見に行きます。すると息をしておらず、死んでいました。
泣き叫ぶ彼女の声を聞いて、アンドレアスは目を覚まします。心臓マッサージなど蘇生を試みますが、アレクサンダーは戻ってきませんでした。
アンドレアスは通報することにしますが、アナが連れて行ったら自殺すると言います。
アナを落ち着かせるために、アンドレアスは薬を飲ませます。アナが寝ている間に、アンドレアスはシモンに電話をします。どうしたら良いか分からず、助けてくれと留守電を入れます。
アンドレアスは、トリスタンとサネの家に侵入します。そしてトイレの床にいるソーフスを見つけて、アレクサンダーの遺体とすり替えます。
目を覚ましたアナに、アンドレアスは全てを話します。アレクサンダーが死んだことも再度伝えます。
目覚めてトイレに行ったトリスタンは、ソーフス(アレクサンダー)が死んでいることに気づきます。サネを叩き起こして慌てます。またもや刑務所に行くのは嫌なのです。
そこでトリスタンは思いつきます。遺体をバッグに詰めて、森の中に埋めることにします。
その後、ベビーカーを押して公園に行って、息子が連れ去られたと叫びます。公園にいたお母さんたちに、警察を呼ぶように頼むのでした。
留守電の様子から、心配したシモンはアンドレアスの家に行きます。アンドレアスはアナの調子が悪いと言い訳して、シモンを帰らせます。自分のせいにされたアナは不機嫌になります。
通報を受けて、アンドレアスとシモンは現場に向かいます。アンドレアスは、トリスタンの言ってることを全く信じませんでした。それもそのはずで、連れ去ったのは自分だからです。
あまりにもアンドレアスがトリスタンにキレるので、シモンは不思議に思いながらも冷静になろうと落ち着かせます。サネを尋問すれば、すぐに口を割るだろうと考えます。
サネは、ソーフスが死んでないと思っていました。あの子は別の子だと考えています。

【転】- 真夜中のゆりかごのあらすじ3

クリスマスが近づいて、アナは準備を整えます。そして真夜中にベビーカーを押していきます。
トラック運転手は、道路の真ん中にアナとソーフスがいて急停止します。何があったのかと思い、駆け寄ります。
アナは、ソーフスが凍えて肺炎になってしまうから、トラックに乗せてと頼みます。運転手は赤ん坊を乗せた後、家に送るからなと言ってトラックに向かいます。
するとアナは橋の上から川に飛び込みます。どうして良いか分からない運転手は、アナの携帯電話をとります。
電話口のアンドレアスは急いで現場に向かいます。警察がやってきて、運転手は事情を聞かれます。アンドレアスはパトカーの中で、ソーフスを抱きながら運転手を見続けます。
シモンは、アンドレアスを心配して会いに行きます。何があっても味方だぞと言います。シモンはアレクサンダーの目が変わったことに気づきます。
するとアンドレアスは、帰ってくれと頼んで、ソーフスを見せないようにします。
アンドレアスは、サネが吐いたとトリスタンに伝えます。トイレの床で死んでいたんだろと話し始めます。
シモンは、なぜそんなに詳しいのか不思議に思います。アンドレアスはハッタリだと説明します。

【結】- 真夜中のゆりかごのあらすじ4

サネは病棟に入れられ、ソーフスの名を叫びながら暴れます。ソーフスは死んでないと訴えます。面会に来ていたアンドレアスは、椅子に座りながらその声を聞きます。
トリスタンはヘロインや銃が出てきたことから、更に勾留されることになります。
アンドレアスはトリスタンに再度尋問します。ソーフスの遺体をというところを、間違えてアレクサンダーの遺体と言ってしまいます。すぐに訂正します。
トリスタンは森の中に埋めたことを白状します。ただ、自分は何もしておらず、サネが殺したのだと罪を擦り付けます。
その様子を見てキレたアンドレアスはトリスタンを暴行します。適切な睡眠をとるように言われ、アンドレアスはしばらく休養を指示されます。
森の中で捜索が行われ、アレクサンダーの遺体が見つかります。アンドレアスは朝早くに、検死結果を聞きに行きます。
死因は脳の出血が原因でした。助骨も骨折しており、明らかな乳幼児揺さぶり症候群でした。つまり虐待をされていたのです。
アナがアレクサンダーを虐待している様子が映し出されます。怒りの収まらないアンドレアスは、窓ガラスを拳で割ります。心配したシモンもはねのけて、アンドレアスは車を運転して去ります。
スマホの写真を見て、シモンはアレクサンダーの顔が違うことに気づきます。アンドレアスを迎えに行きます。シモンの予測では職を失いますが、実刑にはならずに執行猶予となるはずです。
アンドレアスは直接、サネに謝りに行きたいと言います。シモンが送ってくれて、ソーフスをサネに渡して謝ります。アンドレアスは、アナとアレクサンダーのお墓参りに行きます。
ホームセンターで働き出したアンドレアスは、サネの姿を見かけます。彼女を見つけようとしていると、男の子が声をかけてきます。
彼は迷子なの?とアンドレアスに聞きます。アンドレアスは従業員なんだと答え、彼に名前を聞きます。彼はソーフスと名乗ります。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、俳優陣の演技力の高さが伺えます。彼らの喋り方や仕草など素晴らしく、ぐんぐん惹き込まれていきます。
それを引き立てる演出も抜群で、制作陣の能力の高さも伺えます。せかせかしておらず、一つ一つの場面が丁寧であり、意味のない場面などありません。
実はアナが虐待していた、だからアナは取り乱した、などなど。後から真実が分かるサスペンス感は良かったです。暗い印象な映画になりますが、最後の終わり方が明るくて良かったです。
  • クソ映画は時間の無駄さんの感想

    クソ映画。
    子供を取り換えようとした時点で観るのをやめた。
    あまりに奇を衒い過ぎているし、設定がクソ。
    いくら追い詰められていたと言っても刑事があんなことするか?
    実際に起こりえないこととは言えないけれど、アホな行為から物語が進展するという設定は映画としては下の下。

  • むむっ。さんの感想

    ガラス張りで、眺めのいい家に住んでいる、とても幸せそうな家庭に見えたけど、逆に広い家に一人ぼっちで子育てしていると育児ノイローゼになっちゃうのかもなぁ、と思うとつらかった。子供を失った母親の発狂した様子は、見ていてつらい。。。そして主人公がマイケル富岡に見えて仕方がなかった。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「真夜中のゆりかご」の商品はこちら