「真木栗ノ穴」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【転】– 真木栗ノ穴のあらすじ3

真木栗ノ穴のシーン3

画像引用元:YouTube / 真木栗ノ穴トレーラー映像

真木栗がアパートの真下で見かけた女性は、水野佐緒里という名の女性でした。佐緒里はIT社長の男性・貞男の妻です。

貞男が事業に失敗して借金を背負いました。貞男は佐緒里と離婚することで、佐緒里を借金取りから解放しようとします。家の前に群がるマスコミを避けて、佐緒里は裏口から家を出て、塀を乗り越えて去ります。

真木栗が共同のトイレを掃除していると、宅配便が荷物を持ってきました。越してくる隣人の荷物を押し付けられた真木栗は、宛名を確認もせず受け取ります。

夜、空き部屋だった部屋に人の気配を感じて覗いた真木栗は、自分が妄想したとおりにあの女性、佐緒里が隣室に越してきたと知って興奮しました。受け取っていた荷物を持っていきます。そっけなく対応して荷物を置くと去った真木栗は、部屋に戻るとまた覗きを再開します。佐緒里は箱を開けて、中に入った下着を取り出していました。固唾を飲んで見守っていた真木栗は、電話の音にびっくりしました。電話の主は成美で、原稿を翌朝に取りにいくという話でした。

成美が原稿を取りに来ました。真木栗が書き終わるまで待つつもりです。

真木栗が原稿を書いている最中に隣家の佐々木が恋人を連れて帰宅すると、隣で行為を開始しました。音を聞いて居心地が悪くなった成美は、飲み物を買ってくると言って中座します。成美がいなくなると真木栗は覗きを始めますが、戻ってくる気配がすると急いで原稿に戻ります。

書いている小説が真木栗の実生活に近いので、成美は「実話」なのかと聞きました。真木栗は否定します。隣家の音に気付いていたと知った成美は、よく集中できますねと答えました。

コインランドリーの帰りに隣の佐緒里と出会った真木栗は、トマトのおすそ分けをもらいます。部屋の入り口で受け渡しをしていると、佐緒里が1つ落としました。トマトの汁で服が汚れたので、佐緒里は部屋に戻ると着替えをします。その様子を、真木栗は必死で見ていました。

佐緒里の部屋に元夫の貞男が訪ねてくると、2人は身体を重ねます。そうした様子も真木栗はつぶさに観察し、知った情報はすべて小説に書き起こしていきました。

小説のストーリーに変化をつけたい真木栗は、名札を落としていった宅配の男性・秋田健の名前を借りることにしました。小説に秋田を登場させると、佐緒里が秋田を誘惑するストーリーを書きます。すると不思議なことに、寸分の狂いもなく書いたのと同じことが、隣家で起きたのです。真木栗は驚くと同時に、これはいいと思いました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「真木栗ノ穴」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×