映画:神は見返りを求める

「神は見返りを求める」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

神は見返りを求めるの紹介:2022年6月24日公開の日本映画。『ヒメアノ〜ル』、『空白』などを生みだした吉田恵輔監督と石田雄治プロデューサーによるヒューマンドラマ。“見返りを求める男”と“恩を仇で返す女”による泥沼化するやりとりを描く。イベント会社に務める田母神を『マイ・ダディ』のムロツヨシが、底辺YouTuberから人気者に成り上がるゆりちゃんを『銀の匙 Silver Spoon』の岸井ゆきのが演じ、若葉竜也、栁俊太郎、吉村界人らが共演する。

神は見返りを求めるの主な出演者

田母神尚樹(たもがみ なおき) – ムロツヨシ 川合優里(かわい ゆり) – 岸井ゆきの 梅川葉 – 若葉竜也 チョレイ – 吉村界人 カビゴン – 淡梨 村上アレン – 柳俊太郎 その他 演 – 田村健太郎、中山求一郎、廣瀬祐樹、下川恭平、前原滉、三島ゆたか

神は見返りを求めるのネタバレあらすじ

【起】– 神は見返りを求めるのあらすじ1

神は見返りを求めるのシーン1

画像引用元:YouTube / 神は見返りを求めるトレーラー映像

東京都。現在。

フードをかぶった黒いコートに嘴のような形の白いマスクをつけた、ペスト医師の格好をした男が建物の影から何かを撮影しています。ペスト医師YouTuberが撮影しているのは、路地裏にいる男女のカップルが自転車に乗る男に暴力を振るっている現場でした。女性がビール瓶を自転車男の頭に振り下ろすのを見て、ペスト医師YouTuberは「制裁だ」とおもちゃの拳銃をカップルに撃ち始めました(このシーンは後で出てきます)。(映画タイトル)

田母神尚樹はイベント会社に勤める独身男です。田母神はある日、同僚の梅川葉らとともに合コンに参加しました。そこで酔いつぶれた女性YouTuberの河井優里と出会います。

居酒屋では裏メニューの生レバーが出されていました。ミズキが写真を撮ってSNSにアップしようとしますが、食品衛生法で現在は生レバーを店で出すのが禁じられています。それで裏メニューだろうと梅川が言い、SNSにアップするなと言いました。ミズキは「モザイク入れるから」と言い、梅川は「撮る意味ないじゃん」と返します。

酔っぱらって潰れている優里を、田母神が開放して店の外に連れ出します。優里は正体がなくなるほど泥酔しており、下着も見えていました。梅川らは苦笑します。YouTuberだという優里の動画を再生し、笑っています。映像では、優里が部屋でフラフープをしながらナポリタンを食べられるかチャレンジしている動画でした。

親切に介抱してくれる田母神に、優里は感謝します。合コンのあと、女性陣はタクシーに乗って帰って行きました。帰宅した田母神は、帰宅してから優里の動画を見ます。

優里は普段は、コールセンターで仕事をしています。YouTuberとして1年以上活動していますが、なかなかチャンネル登録者数も再生回数も増えません。企画を考えて自分ひとりで頑張っていますが、撮影場所ひとつとっても大変です。

アップロードした動画にはコメントがつきますが「センスない」「ブス」など悪口ばかり書かれていて、それを読んだ優里は気持ちが落ち込みます。

田母神は優里から電話を受けました。田母神がイベント関係の仕事をしていると知った優里は、着ぐるみを撮影に使いたいので借りられないかと聞かれます。田母神は会社で安く買い取った古い着ぐるみを持ち出し、優里のために車も出して撮影に協力しました。協力しているあいだにも、優里がひとりで動画編集に苦労していると聞きます。

優里に言われるまま着ぐるみを田母神が着ると、優里は喜んで「ジェイコブって雰囲気」と言いました。ひとのいないうらぶれた浜辺で優里と田母神は踊り、映像に収めます。

優里は田母神に、編集も手伝ってくれないかと言いました。田母神は優里に言われるままテロップを入れます。優里は感謝して田母神のことを「神だ」と言いました。優里に喜ばれるのが嬉しくて、田母神はせっせと手伝います。

会社の外でこそこそと、田母神が南場慎介という男に金を渡します。金を借りに来る南場に断れず、田母神はもう100万くらい貸していました。梅川はそんな田母神を見て「いい人すぎるんすよ」と言います。田母神が会社の休憩時間で優里の動画編集を手伝っているのを見た梅川は、先日の合コンで狙っていた女性・ミズキとベッドインしたことを嬉しそうに報告します。梅川は立ち回りが器用で、田母神とは対照的でした。

田母神は優里にお礼だと、部屋へ誘われます。そこで料理を振舞ってもらった田母神は、以後も再生回数が増えるように自分も手伝うと言いました。優里は大喜びします。

動画で「ジェイコブ」の人気があったことから、田母神がジェイコブの着ぐるみを着て、優里といっしょにいろんなことにチャレンジする「挑戦動画」を撮影します。

優里の動画チャンネルの登録者数が急に増えるようなことは、ありませんでした。しかし田母神が手伝うことで優里は編集の手間が軽減し、その分企画を考える時間に充てられると田母神に感謝します。

ファミレスでドリンクバーを頼んで作業をしながら、優里が「広告収入1500円が入った」と言います。収入の分配を聞かれた田母神は、自分はいらないと辞退しました。以後も優里は田母神を「神」と呼び、田母神は「神」のように見返りを求めずに優里を手伝い続けます。

優里と田母神は仲良く2人で活動していましたが、田母神が仕事で忙しいときがありました。そのときに優里は自分ひとりで頑張ろうとします。

優里は合コンで使った田母神馴染みのお店へ行くと、裏メニューの生レバーを食べる動画を撮影して紹介してしまいました。その映像が問題となり、店は営業停止に追いやられます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「神は見返りを求める」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×