映画:私の男(2013年)

「私の男(2013年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

私の男(2013年)の紹介:2013年制作の日本映画。桜庭一樹の第138回直木賞受賞作の映画化。第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門の最優秀作品賞に選ばれ、主演の浅野忠信が最優秀男優賞を受賞。ラストはじめ原作と異なる点が見られる。

あらすじ動画

私の男(2013年)の主な出演者

腐野淳悟(浅野忠信)、腐野花(二階堂ふみ)、腐野花〔10歳〕(山田望叶)、田岡(モロ師岡)、大塩小町(河井青葉)、美郎の先輩(三浦誠己)、タクシー会社の事務員(広岡由里子)、小町の先輩(安藤玉恵)、大輔(三浦貴大)、尾崎美郎(高良健吾)、大塩(藤竜也)

私の男(2013年)のネタバレあらすじ

【起】– 私の男(2013年)のあらすじ1

私の男(2013年)のシーン1

画像引用元:YouTube / 私の男(2013年)トレーラー映像

北海道南西沖地震直後に奥尻島を襲った津波によって、花は両親と2人のきょうだいを失いました。幼い花は孤児になります。

避難所は生き残った人たちが集まっていました。ペットボトルの水を分け与えられた花は眠れず、あてどなく歩き回ります。

避難所の裏の体育館には、遺体収容施設があり、両親たちの遺体もそこにありました。死をまだ理解できない花は、母の死体を蹴ってみます。

ふと何かに引き寄せられるように、花はひとりの男の背に近づきました。背は振り向きます。

それは遠い親戚・腐野(くさりの)淳悟でした。惇悟は「俺の子だ」と言って、花を引き取ります。災害救助のボランティアに来ていた大塩は花に「(生き残った)あんたはすごい」と言いました。

車中、父に負われて津波から逃げる記憶が夢に出てきて泣きじゃくる花に対して、淳悟は「俺はお前のもんだ」と言いました。

…数年後。中学生になった花をいつも気にかけてくれるのは、地元の名士で遠縁でもある大塩老人です。

淳悟は海上保安官で、1度海に出ると10日ほど家を空けます。大塩はそんな腐野家を案じ、よく花の様子を見に来ていました。

大塩の孫・小町は惇悟と交際しています。

海から戻った後、札幌に行ってきたという惇悟とホテルで密会した小町は、惇悟のコートをあさってプレゼント用にラッピングされた小箱を見つけました。中にはピアスが入っています。

明らかに自分向けではないピアスの箱を、帰り道、小町は捨てました。

小町は惇悟との結婚を周囲に急かされていますが、惇悟にその素振りはありません。

親戚の寄り合いでも話題にされますが、花を連れて来る惇悟は、花の前でしか笑顔を見せませんでした。

花と惇悟が互いの指をしゃぶっているのを見て、小町は生理的嫌悪を覚えます。

海辺で同級生らと遊んでいた花が、小町を見つけてやってきました。制服を着た花は中学生らしい無邪気さをたたえています。

しかし花は惇悟から誕生日プレゼントとして貰ったピアスを舐めており、「まだ早いって。でも買ってくれた」と言いました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「私の男(2013年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ