映画:脳男

「脳男」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

サスペンス映画

脳男の紹介:2013年公開の日本映画。首藤瓜於による同名小説の映画化。生まれつき並外れた記憶力、知能、肉体を持ちながら、人間としての感情を持たない謎の男性“脳男”と、彼の精神鑑定を依頼された女医、彼を追う刑事が描かれた作品。

あらすじ動画

脳男の主な出演者

鈴木一郎〔入陶大威〕(生田斗真)、鷲谷真梨子(松雪泰子)、茶屋(江口洋介)、緑川紀子(二階堂ふみ)、水沢ゆりあ(太田莉菜)、広野(大和田健介)、金城理詞子(池谷のぶえ)、志村昭文(染谷将太)、入陶倫行(夏八木勲)

脳男のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東京都近郊で連続爆破事件が発生。アジトにいた男性を逮捕すると、その男は鈴木一郎と名乗る。茶屋刑事に指名されて鈴木の精神鑑定をした真梨子は、鈴木が生まれつき感情が欠落した男だと感じる。 ②鈴木は祖父に悪をくじくよう育てられ、犯人を殺しにアジトに現れていた。真犯人は別の女性・緑川と水沢。緑川は真梨子を拉致して病院にたてこもり、鈴木と戦って死んだ。

【起】– 脳男のあらすじ1

東京都内近郊で、無差別連続爆破事件が発生します。

犯人は捜査線上にあがっていませんでした。爆破事件の犯人に否定的なことを言ったりしたテレビのコメンテーターなども、捕まって殺されたりしています。

テレビの占い番組で犯人のことを占った占い師・金城理詞子(りすこ)も犠牲者となります。理詞子が番組で占った通り、夕刻のバスが狙われました。理詞子は捕まって犯人たちに舌を切られ、爆薬を巻かれてバスに乗せられます。

…鷲谷真梨子は愛宕医療センターの精神科医でした。仮にそれが犯罪者としても、精神的に苦しめられている人物の話を聞いて理解しようとする療法、通称・ナラティブセラピーが効果的だと思っています。

ある日、真梨子が帰りの多摩市緑野駅のバスに乗り遅れた直後、そのバスが爆発炎上しました。先の、理詞子がそのバスに乗っていたのです。

真梨子はバスの乗客のひとり、少年を救助しました。そのまま現場に居残って、救出を手伝います。

ところが救助の甲斐なく、真梨子が助けた少年も火傷で亡くなりました。乗客は全員死亡です。

真梨子はそこで、事件担当の刑事・茶屋と知り合いました。

現場検証をした茶屋と相棒の若い刑事・広野は初めてともいえる手がかりを得ます。それは、爆発に使われた針金を切断した機械が特殊な炭化タングステンを使用していることでした。注文した客は少なく、リストを当たればすぐに分かる程度です。

茶屋と広野はしらみつぶしに当たっていきました。そしてある廃工場に辿り着いたところで、中から女性の声と銃声が聞こえます。

勇んだ広野がドアを開けると工場が爆発し、広野はその爆発に巻き込まれて吹き飛びますが、軽傷ですみました。

茶屋が現場に乗り込むと、裏から車の発進音が聞こえます。

現場には1人の男が残っていました。工場の中には切断された舌があり、犯人の仲間だと思った茶屋は男を逮捕します。

元々、複数犯だろうというのが警察の読みだったので、逮捕した男についても「仲間割れした犯人のひとり」と取られました。

その男は自分の名を〝鈴木一郎〟と名乗った以外は黙秘し、一切の身元が分かりません。

ある時、拘留されていた鈴木が、他の房に拘留されている中年男性にすれ違いざまに殴りかかり、左目の眼球を取り出す乱暴を働きました。

鈴木の考えていることが分からない茶屋は、バス爆破事件時に居合わせた精神科医・真梨子に、鈴木の精神鑑定依頼をします。茶屋と広野の2人は鈴木を愛宕医療センターに護送しました。受付ロビーを通った鈴木は、扉を開ける間の僅かな隙に、病院の見取り図を見て覚えます。

病院は広大な敷地面積を誇り、病院内のカルテや薬品の搬送に、エアシューターを利用していました。

鈴木を連れて来た茶屋は、逮捕の際に爆破の破片が背中に刺さっていたが、痛みを感じていないようだったと語ります。真梨子は興味を持ちました。茶屋は真梨子に「必ずクロ(有罪)にしろ」と言いますが、真梨子は「感情に流されるわけにはいかない」と断ります。

鈴木は早速いろんな検査にかけられました。身体検査、脳波測定、一問一答式…そして鈴木と対面した真梨子は、受け答えにすぐ違和感を覚えます。

精神判定をする供述の際、患者の反応は大抵大きく3つのパターンに分かれます。「敵意をむきだしにする人」「的外れな愛情を寄せてくる人」「無関心を装う人」、鈴木はどれにも該当しませんでした。鈴木は協力的に丁寧に答えるのですが、何かを隠しているように真梨子は感じます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「脳男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×