映画:臨場 劇場版

「臨場 劇場版」のネタバレあらすじと結末

臨場 劇場版の紹介:「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などで知られる横山秀夫の原作を元にした、大ヒットドラマシリーズを映画化。豪快で型破りながらも、鋭い観察眼を持ち、これまでにもさまざまな難事件を解決してきた検視官が、新たな真相に迫る。

あらすじ動画

臨場 劇場版の主な出演者

倉石義男(内野聖陽)、波多野進(柄本佑)、安永泰三(長塚京三)、立原真澄(高嶋政伸)、仲根達郎(段田安則)、浦部謙作(平田満)、小坂留美(松下由樹)、関本直子(若村麻由美)

臨場 劇場版のネタバレあらすじ

【起】– 臨場 劇場版のあらすじ1

二年前に吉祥寺で起きた無差別通り魔殺傷事件。

死者4名や多数の重軽傷者を出したにもかかわらず、現行犯で逮捕された波多野は心神喪失状態にあったと精神鑑定され無罪、措置入院となった。

事件から二年後、弁護士の高村と精神科医の加古川が相次いで殺されるという事件が起き、警視庁検察官の倉石は部下の留美らとともに臨場を行う殺された二人が波多野の無罪判決に関わっていたことから、神奈川県警の仲根は被害者遺族の犯行を疑う。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「臨場 劇場版」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×