映画:英雄の条件

「英雄の条件」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

サスペンス映画

英雄の条件の紹介:2000年公開のアメリカ映画。極限状態で発砲を命令した軍人と、彼の正義を信じる戦友の苦悩を描く。2大実力派俳優S・L・ジャクソンとT・L・ジョーンズの迫真の演技が生み出す、緊迫感あふれる軍事裁判シーンが圧倒的な迫力!

あらすじ動画

英雄の条件の主な出演者

テリー・L・チルダーズ大佐(サミュエル・L・ジャクソン)、ヘイズ・ホッジス大佐〔ホッジ〕(トミー・リー・ジョーンズ)、ビッグス少佐(ガイ・ピアース)、モーリン大使(ベン・キングズレー)、ソーカル大統領補佐官(ブルース・グリーンウッド)、モーリン大使夫人(アン・アーチャー)、リー大尉(ブレア・アンダーウッド)、H・ローレンス・ホッジス将軍(フィリップ・ベイカー・ホール)、ペリー将軍(デイル・ダイ)、ビン・リー・カオ大佐(バオアン・コールマン)、トム・チャンドラー大尉(マーク・フォイアスタイン)、アマー医師(アミドゥー)、E・ワーナー判事(リチャード・マゴナグル)、ヘイズ・ホッジス三世(ニッキー・カット)、ラジオDJの声(フランク・ウェルカー)

英雄の条件のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イエメンで米大使館包囲デモ事件発生。チルダーズは大使救出後、民衆への銃撃を命令。一般市民83名死亡、100名以上が重傷を負い世界中の世論が騒いだ。騒ぎをおさめるため国務省のソーカル補佐官はチルダーズを軍法会議にかける。 ②圧倒的に不利な状況でありながら、元戦友のホッジスは弁護を全うし、チルダーズを勝訴させた。実際には一般市民からも銃撃があったが、証拠はすべて隠滅されていた。

【起】– 英雄の条件のあらすじ1

1968年、ベトナム。

ベトナム戦争で、アメリカ海兵隊が移動します。

ジャングルに降り立ったホッジスとチルダーズの運命は、コインの表裏で決められました。

カールーへ二手に分かれて移動する800mのルートを、ホッジスは沼地から、チルダーズは陸地から移動し始めます。

沼地から移動したホッジスたちは、迫撃砲が襲いました。ホッジスの手下たちはあっという間に銃弾に倒れます。

同じ頃、陸地を移動したチルダーズは沼地側の攻撃を知り、潜んでいたベトナム兵を見つけて撤退命令を出すよう命令していました。

拒否したベトナムの無線兵を射殺し、チルダーズは次の者(後で出てくる、カオという男)に命令します。

「撤退させたらお前たちの兵を解放する」という条件を聞き、カオは撤退命令を出しました。

全滅は免れましたが、生存者はホッジスだけでした。信号弾で知らせながらも、ホッジスは気が遠くなります…。

…アメリカ・ノースカロライナ州、キャンプ・ルジューン。

28年後(1996年)。

ホッジスとチルダーズの道は大きく分かれました。

ホッジスは生還した後、ジョージタウン大学で法律を勉強して弁護士資格を取得し、海兵隊で事務員をしています。裁判の折には弁護士として駆り出されますが、決して優秀な弁護士ではありませんでした。

チルダーズはその後もあちこちの前線に出ていき、今も第一線で活躍しています。

両者共に、大佐です。

ホッジス大佐の退役が近付きました。いちおう退役後も軍人養成学校などで指導する予定ではありますが、釣りでもしようかとホッジスは言います。

旧友のチルダーズ大佐が、地球を半周して退役のパーティーに駆け付けました。2人は久しぶりの再会を喜びます。

チルダーズは第24特殊進攻舞台の指揮官に任命されていました。

その頃、中東のイエメンでは情勢が悪化しています。アメリカに対する反感のムードが漂い、連日アメリカ大使館では抗議デモが行なわれています。

インド洋上、ヘリコプター母艦ウェーク。

イエメンのアデン湾へ行けというペリー大将からの命令を受け、3機のヘリが飛び立ちます。

現地アメリカ大使館でデモが行なわれており、イエメン政府が鎮圧部隊を引き揚げたため、米軍が警護しろというものでした。

チルダーズは兵を率いて向かいます。

イエメン・サヌア。

アメリカ大使館にデモ隊が投石しています。それは火炎瓶に代わり、銃の狙撃隊もいます。

大使館に近づくヘリを見つけると、狙撃隊はヘリも狙いました。

チルダーズは「退去レベル」と判断し、館の北側にヘリを止めると、大使一家を救出に行きます。

大使館ではモーリン大使夫婦と息子のジャスティンがいました。

大使館に着いた兵たちは、屋上で見張りと防御する隊、大使一家を救出する部隊とに別れます。

チルダーズは大使夫婦と息子をヘリに乗せますが、そこで離陸を待ってくれと言い残し、再び屋敷に行きました。怖いので、モーリン大使は早く離陸しろと騒ぎ立てます。

チルダーズは、屋上に掲げられているアメリカ国旗を取りに戻ったのでした。手間取りながらも国旗を回収したチルダーズは、大使に手渡します。

モーリン大使は感謝の意を述べ、ヘリで立ち去りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(3件)

ライターの感想

法廷サスペンス映画。サスペンス…というよりも、法廷ドラマというべきか。
チルダーズが発砲命令を下すのは序盤にある。しかしやや唐突な感じはする。
実際の映像が出てくるのは、なんと映画の1時間35分を経過したあたり。
少女までもが銃を持っている映像は、かなりのインパクトを持つ。
証拠たりうるビデオテープが補佐官によって焼かれてしまうので、どうしようもないのだが、
やはり口での弁論だけで勝訴…なんか、ぴんとこないんだよね。明確な証拠がほしかった。
  • つまらない。。さんの感想

    感情論での軍法会議、評決に違和感しかないような映画。
    フリードキン監督における駄作の一つ。

  • たけさんの感想

    一点目  被告のチルダース大佐(サミュエル・L・ジャクソン)が部下に下の群集に向けて発砲しろと命じるが、まずここがおかしい。下からの銃撃なら屋上の壁から少し下がれば全く当たらない。水平方向からの銃撃の方が脅威なのは明らかで優先順位がおかしすぎる。壁から下を撃つ=その間狙撃兵の良い的になるのと同義だからだ。
    二点目  トミー・リー・ジョーンズ演じる弁護士が単独で事件現場の大使館に訪れる、その際壁に残ったおよそ300発と表現されている銃弾の跡から弾道検査(どの方向から撃つとこの壊れかたになるのか)を行えばいいのにしないまま帰国。
    そして被告のチルダース大佐に収穫は無かったと報告する。この時点で、この弁護士じゃあ勝てる裁判も勝てねえよと思った。(作品内で自らを三流の弁護士だと言うセリフもたしかあった気がする)
    三点目  群衆が銃撃を行っていたのかが争点のはずなのに、83人を射殺した兵士達の証言及び証人喚問がリー大尉たった一人で済まされている。射殺したのなら相手が武器を持っているかどうかはスコープ越しであれ確認できるはずだ。
    そして最もわかりやすい証拠を検察側はもちろん弁護士まで見落としたまま判決は微罪で実質勝訴となり終わる。
     映画は娯楽だが、素人が見ただけでおかしいとわかるような裁判映画は作ってほしくない。これでは面白くもなんともない。

映画の感想を投稿する

映画「英雄の条件」の商品はこちら

IMAGE

英雄の条件

DVD > 外国のドラマ映画
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
トミー・リー・ジョーンズ(出演),サミュエル・L.ジャクソン(出演),ガイ・ピアース(出演),フィリップ・ベ…

¥1,800
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20