「虹蛇と眠る女」のネタバレあらすじと結末の感想

サスペンス映画

虹蛇と眠る女の紹介:2015年に制作されたオーストラリア・アイルランド映画で、ニコール・キッドマン主演で贈るサスペンスドラマ。ジョセフ・ファインズやヒューゴ・ウィーヴィングも出演した作品で、砂漠近くの小さな町を舞台に、突然子供たちが失踪してしまった両親の姿を描いている。

予告動画

虹蛇と眠る女の主な出演者

キャサリン(ニコール・キッドマン)、マシュー(ジョセフ・ファインズ)、レイ(ヒューゴ・ウィーヴィング)、コリーン(リサ・フラナガン)、バーティ(メイン・ワイアット)、リリー(マディソン・ブラウン)、トム(ニコラス・ハミルトン)

虹蛇と眠る女のネタバレあらすじ

【起】- 虹蛇と眠る女のあらすじ1

パーカー家の人々は、砂漠の近くの小さな町に引っ越してきます。
キャサリンは、夜な夜な歩く息子のトムを心配しています。
トムはこの町を嫌っており、姉で15歳のリリーのせいだと言います。
リリーは思春期なこともあり、男性に興味津々でした。
彼女はスケボー場で1人の青年・スティーブと知り合います。その青年の腕には、蛇のタトゥーが彫られていました。
キャサリンの夫のマシューは、キャリアを捨てて、この町の薬局で働いています。夜が暑いことから、マシューはキャサリンと寝ようとしませんでした。
また、リリーの行動に頭を抱えるマシューでした。
パーカー家には、バーティという男性が、仕事で来ています。
ある夜、トムがまた外へと歩いて行きます。それに気づいたリリーは、弟の後をついていきます。
マシューは窓際から、2人の姿を見ます。
翌朝、キャサリンは子供たちがいないことに気づきます。夫に聞いても知らない様子で、子供たちは学校にも行ってませんでした。
心配したキャサリンは、子供たちを探して回りますが、見つけることができませんでした。
マシューは家の問題が知られることから、通報したくありません。
キャサリンとマシューは、車に乗って子供たちを探しに行きますが、砂嵐がやってきて、2人は車の中で通り過ぎるのを待ちます。

【承】- 虹蛇と眠る女のあらすじ2

結局、子供たちを見つけることができず、2人は警察に相談に行きます。
警官のレイは、リリーとトムについて聞きます。
以前、リリーはSNSをしていました。しかし、マシューが止めさせました。
レイは行方不明者のデータから、リリーを見つけます。彼女は2日間、失踪したことがありました。その時は友達の家にいただけでした。
また、リリーは教師のニールと、性的関係をもったことがありました。
マシューは娘の恥がさらされるため、告訴しませんでした。
トムは眠れないこともあり、夜な夜な歩く癖がありました。
それらの話しを聞いた後、レイは24時間以内に95%の確率で戻ってくると話し、捜索隊が出るのはその後だと説明します。
話しの途中、マシューは喘息の子のために、店を開けるために帰りました。
そんな夫を見て、キャサリンは酷いと口に出しますが、仕方ないのだと言われます。
この暑さだと、外で生き延びれるのは2~3日が限度です。水があれば、もう少し延びます。
キャサリンは、その話しをレイから聞きます。
レイは聞き込みを開始して、スティーブからリリーと昨日会ったことを聞きます。
また、疑うならば、家に出入りしているバーティをと言われるレイでした。
捜索隊が出始めて、マシューはリリーがどうせ男といることから、トムが巻き込まれたのだと機嫌を悪くします。
キャサリンは捜索隊と共に、一緒に捜索に向かいます。
バーティの姉のコリーンは、憔悴しているキャサリンを見て、サンドイッチを渡しに行きます。
コリーンの息子のジャラは、虹の蛇のナチーの歌を歌えば戻ってくると、キャサリンを励まします。
この歌はジャラの祖母が、孫に聞かせている昔話に出てきます。

【転】- 虹蛇と眠る女のあらすじ3

町では、リリーが若い男たちと遊んでいる噂が流れていました。
夜になって、キャサリンは電話をとります。荒い息遣いだけが聞こえた後、電話は切れてしまいます。
レイからリリーのことを聞かれて、バーティは夜遅くに彼の家に行き、連れ去ってないことを話します。
リリーが未成年であることから、レイはそれ以上警官の自分に話すなと止めます。
キャサリンからリリーの日記を受け取り、レイはバーティの部分だけをとって、コピーをします。そしてキャサリンに日記を返します。
マシューはニールに会いに行って、娘はどこかと騒ぎます。
ニールから苦情がきて、レイは虐待が失踪の理由ではないかと言われます。
マシューはリリーに触れたことはないと反論します。
手掛かりとしてトムの帽子が発見され、州の緊急サービス局も、捜査に協力してくれることになります。
レイはバーティのことをキャサリンに話します。
それを聞いたマシューは、バーティの家の乗り込みます。
娘の捜索の写真がクローゼットに貼ってあり、マシューは怒りに身を任せて、バーティを殴り続けるのでした。
ジャラに現場を見られた後、マシューは子供たちを探しに砂漠に向かいます。
自宅にいたキャサリンの元に、また無言電話がかかってきます。
今度は最後に、「ふしだらな娘」と女性の声がしてきました。

【結】- 虹蛇と眠る女のあらすじ4

リリーの服を着たキャサリンは、謝罪しにきたバーティに体を近づけて行きます。
すると、マシューが砂漠でトムを見つけたとの連絡があり、キャサリンは急いで病院に向かいます。
トムは脱水症状を起こしており、何も話しませんでした。
レイはマシューに発見場所を聞いて、捜索に向かいます。レイが無能なので、マシューは全く逆方向を探して見つけました。
町のスーパーでは、親が子供を殺したのではないか、と噂していました。
スーパーにやってきたキャサリンは、ジャラの祖母を見かけて、歌について聞きます。その歌は子供が消える物語でした。それ以上、ジャラの祖母は話してくれませんでした。
今日見つけなければ、リリーは乗り切れません。
キャサリンはトムに、リリーの居場所を必死に聞きますが、何も話してくれませんでした。
マシューがトムに聞くと、リリーが車に乗ったことが分かります。
トムは暗かったことから、どんな車か分かりませんでした。リリーは乗りましたが、トムは怖くて乗らなかったのです。
マシューはその事を警察に話します。
夜遅くに、レイの家にキャサリンがやってきます。
キャサリンは抱きしめてと頼みますが、レイに応じてもらえませんでした。
その後、砂漠に行ったキャサリンは、娘の名前を叫び続け、服を脱ぎ始めます。
そして町の中を裸のまま歩くキャサリンでした。
町の人々がキャサリンを見る中、気づいたマシューは服を着せて、連れて帰ります。
自宅に帰って、マシューはあの夜、子供たちを見たことを話します。
喧嘩していたため、マシューは腹が立っており、子供たちを追いかけませんでした。
あの時に戻れたら…とマシューは後悔し、キャサリンに謝ります。
また、リリーは家出なのかもしれない、と話して涙を流すマシューでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、終始不気味な雰囲気が漂っており、じわじわと、ピリピリとした空気を感じるものとなっています。
キャサリン役のニコール・キッドマンの演技が、さらにその雰囲気を高めています。彼女の狂っていく姿に、終盤は唖然となってしまいます。
また、マシュー役のジョセフ・ファインズの演技が、家庭の問題を抱える一家を見事に表現しています。力強い彼の演技に、目が離せなくなります。
一体、リリーとトムを連れ去ったのは何者なのか。映画が終わるまで、その謎を考えさせられます。リリーは一体、どこに行ってしまったのでしょうか。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「虹蛇と眠る女」の商品はこちら