映画:複製された男

「複製された男」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

複製された男の紹介:2014年公開のカナダ映画。ノーベル文学賞受賞の作家・ジョゼ・サラマーゴの同名小説を、ジェイク・ギレンホール・主演で映画化したミステリー。ある日見た映画の中に自分と瓜二つの俳優を見つけた歴史教師が体験する事件を描く。

あらすじ動画

複製された男の主な出演者

アダム(ジェイク・ギレンホール)、アンソニー(ジェイク・ギレンホール 一人二役)、メアリー(メラニー・ロラン)、ヘレン(サラ・ガドン)、キャロライン(イザベラ・ロッセリーニ)、管理人(ティム・ポスト)、警備員(ケダー・ブラウン)、ビデオ屋の店員(ダリル・ディン)

複製された男のネタバレあらすじ

【起】– 複製された男のあらすじ1

アダムは大学の歴史講師です。何の刺激もない生活を送っており、キャリアウーマンの恋人・メアリーとの仲もマンネリでした。また母・キャロラインの過干渉なまでの電話にも辟易しています。

ある日、アダムは大学の同僚から勧められ、『道は開かれる』というDVDをレンタルして視聴します。それを見たアダムは驚きました。映画の脇役、ホテルのボーイ役の男がアダムと瓜二つだったからです。

エンディングクレジットで役者の名をダニエル・センクレアと確認したアダムは、センクレアの過去の出演作を見ましたが、やはりアダムとそっくりでした。

好奇心をくすぐられたアダムは、センクレアの所属エージェンシーを訪れます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「複製された男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×