「誰よりも狙われた男」のネタバレあらすじと結末の感想

サスペンス映画

誰よりも狙われた男の紹介:2014年公開。ドイツに入国したテロリストを巡って、様々な組織が諜報戦を繰り広げる姿を描いた作品。ジョン・ル・カレの小説が原作。監督は「ラスト・ターゲット」のアントン・コービン。編集は「プラトーン」のクレア・シンプソン。主演は「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマンで、今作は彼の最後の主演作。「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスや「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」のウィレム・デフォー、「ラッシュ/プライドと友情」のダニエル・ブリュールも出演。

予告動画

誰よりも狙われた男の主な出演者

ギュンター・バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)、アナベル・リヒター(レイチェル・マクアダムス)、トミー・ブルー(ウィレム・デフォー)、マーサ・サリヴァン(ロビン・ライト)、イッサ・カルポフ(グリゴリー・ドブリギン)、ファイサル・アブドゥラ博士(ホマユン・エルシャディ)、イルナ・フライ(ニーナ・ホス)、マキシミリアン(ダニエル・ブリュール)

誰よりも狙われた男のネタバレあらすじ

【起】- 誰よりも狙われた男のあらすじ1

ドイツの諜報機関は、法律的な理由もあって表向きに存在していない陰の組織です。その組織を率いるのは、ギュンター・バッハマンです。
彼は、テロ組織へ武器などの案内人をしているアブドゥラ博士を追っていました。アブドゥラ博士は表向きは支援団体をしいていて、真っ当な組織と思わせています。
彼の息子のジャマールを味方に取り込んで情報など協力を求めていきます。
ある日、ドイツの空港で不審者の通報があります。その人物をバッハマンの部下が調べると、国際的な指名手配犯のカルポフだと分かります。
空港で彼と会っていた人物と接触したバッハマンは、カルポフが銀行家のトミー・ブルーに会いに来た事が分かります。
別の組織を率いるモアは、直ぐにでもカルポフを逮捕すべきだと言ってきます。しかし、バッハマンには考えがあって、もう少しカルポフを泳がす事にします。

【承】- 誰よりも狙われた男のあらすじ2

CIAのマーサが接触してきて、カルポフの件をどうするか会議となります。以前、CIAのミスで作戦を失敗したバッハマンは、CIAを嫌っていました。
今回はマーサが助言してくれたこともあって、カルポフを泳がすことを認めてもらいます。しかし、それは72時間以内に結果を出すという条件の元です。
トルコ人の二人に、身柄を匿ってもらったカルポフでした。彼らはカルポフに知り合いの弁護士であるアナベルを紹介します。
カルポフはアナベルにトミー・ブルーに会いたい事を話します。実はカルポフの父は、虐殺などひどいことをして大金を手に入れ、ブルーの父に金を預けていました。
アナベルがブルーの元に行って詳細を説明します。ブルーは保管されている資料を探して、カルポフに例の物を出すように言います。
それがあれば、ブルーは父との約束の手紙もあることから渡すと言います。しかし、その保管されている金額が少なくとも1000万ユーロを下らないこともあり、例の物(鍵)があっても身分の証明のできないカルポフにブルーは渡すことはできない様子です。

【転】- 誰よりも狙われた男のあらすじ3

バッハマンは、ブルーやアナベルの後をつけていました。ブルーに接触して、ある作戦を実行するために協力してもらいます。拒否したブルーでしたが、彼の父が行った悪行で脅されて断れませんでした。
ブルーは、アナベルにお金を渡したいことを話します。そして身の危険が迫っていることも伝えます。
アナベルは、兄の工事中のマンションにカルポフを匿うために向かいます。トルコ人二人は、モアによって捕まります。
カルポフとアナベルを追っていたバッハマン達でしたが、二人を見失ってしまいます。カルポフの居所が分からなくなったため、アナベルのみを見張ることにします。
アナベルを拉致したバッハマン達は、カルポフを助けるためにも協力を求めます。承知したアナベルは、カルポフを屋上に誘います。その間にバッハマン達が隠しカメラを設置します。
カルポフは、アナベルに次第に心を許していきます。バッハマン達はアナベルに、彼を感情的にさせるように指示をします。
アナベルは、新聞の記事のテロについて言及します。感情的になったカルポフは、悪事で儲けた父の金なんていらないと話します。彼はただ普通に生きていきたいだけでした。
アナベルは、カルポフに父の金を良いことに使うべきだとアドバイスします。

【結】- 誰よりも狙われた男のあらすじ4

バッハマンは、ジャマールに協力を求めて、ブルーをアブドゥラの元に向かわせます。そしてカルポフの金をアブドゥラに提供したい事を持ちかけます。
つまりバッハマンは、カルポフを利用してアブドゥラの悪事の証拠を手に入れようとしたのです。更には、アブドゥラさえも利用するために味方に取り込もうとします。
この作戦をお偉い方達の前で説明したバッハマンは、カルポフとアブドゥラ双方の保護を求めます。これには、テロリストさえも味方に取り込んで、ゆくゆくは世界平和を目指すバッハマンの狙いがありました。
アナベルは、バッハマンからカルポフのドイツ国籍のパスポートをもらいます。カルポフにそれを渡します。
作戦を承諾されたバッハマンは作戦を続行します。アブドゥラは、カルポフと直接話しを聞いて、資金提供を受けることを承諾します。
バッハマンの読み通り、アブドゥラは資金の送金先を一つだけ変更します。それが武器などの悪行に使われる送金先でした。
アブドゥラが無事にサインをして、彼がジャマールを迎えに電話します。ジャマールはバッハマンの指示通り、渋滞していることを伝えます。
それを聞いたブルーが、タクシーを呼びます。その運転手はバッハマンが務めることになります。
発進するとモアの部下達が突っ込んできて、カルポフもアブドゥラも逮捕されてしまいます。必死に叫ぶアナベルと、悔しがるバッハマンが残されます。マーサも絡んでいた様子です。
車に乗り込んだバッハマンは、少し走って降りていきます。終わりです。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、主演のフィリップ・シーモア・ホフマンが遺した最高傑作の本格スパイ作品です。見所は、彼が演じるバッハマンの敵さえも味方に取り込み、世界平和を目指す考えが伝わった時です。まさにこれが、この映画の伝えたい部分だと考えます。
この傑作を監督したのは、アントン・コービンです。彼はニルヴァーナやメタリカなどのミュージックビデオの監督を行いました。
また、最も影響力のあるポートレート写真家の一人であり、フランク・シナトラやクリント・イーストウッドなど有名な著名人が被写体となっています。そんな彼が創り出した最高のスパイ映画が今作ではないかと思います。
この作品は監督など制作陣、出演者の素晴らしさもありますが、原作がスパイ小説を書く人物として有名なジョン・ル・カレである事にも注目して欲しいと思います。
「寒い国から帰ったスパイ」「ナイロビの蜂」「裏切りのサーカス」など、その面白さから彼の作品は多数映画化されています。
最後まで見終わって、スパイ映画を高める雰囲気作りが突出している作品だと思いました。この緊迫感と諜報戦の面白さには、多くの方にお勧めしたくてたまらなくなりました。

映画の感想を投稿する

映画「誰よりも狙われた男」の商品はこちら