「陰謀のセオリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

陰謀のセオリーの紹介:1997年製作のアメリカ映画。タクシー運転手と司法省の女性弁護士が、偶然に巨大な陰謀に触れてしまったことから危難に巻き込まれていく姿を描いたサスペンスもの。コンスピラシー・セオリーと呼ばれる巷間に流布する陰謀をモチーフに、虚実の皮膜を縫う迷宮的な感覚に誘うプロットが秀逸。監督は「暗殺者」のリチャード・ドナーで、脚本も同作を手掛けたブライアン・ヘルゲランドのオリジナル。製作は、ドナーと「暗殺者」「エクゼクティブ デシジョン」のジョエル・シルヴァーの共同、製作総指揮は「暗殺者」のジム・ヴァン・ウィック。撮影は「ザ・ロック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「チェンバー 凍った絆」のカーター・バーウェル、美術は「硝子の塔」のポール・シルバート、編集は「エクゼクティブ デシジョン」のフランク・J・ユリオステとケヴィン・スティッフ。主演は「身代金」のメル・ギブソンと「ベスト・フレンズ・ウェディング」「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のジュリア・ロバーツ。共演は「ファースト・コンタクト STAR TREK」のパトリック・スチュワート、「イレイザー」のキルク・コザートほか。

陰謀のセオリーの主な出演者

陰謀のセオリーのネタバレあらすじ

【起】– 陰謀のセオリーのあらすじ1

※今回執筆いただいた内容は、別のID・に付け替えられて公開されました。

業務進行をいただいた内容が削除されたわけではありませんので、ご安心ください。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「陰謀のセオリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×