映画:陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャル

「陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャルの紹介:2011年に公開されたアメリカの映画です。過去に侵した殺人事件を隠蔽し、警察官になった男が、匿名の手紙をきっかけに追い詰められるという物語です。主演を務めるのはチャニング・テイタム氏で、アル・パチーノ氏やジュリエット・ビノシュ氏、レイ・リオッタ氏など、有名なキャスト陣が脇を固めているのも特徴的です。監督はミュージシャンとしても活動しているディート・モンティエル氏です。

あらすじ動画

陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャルの主な出演者

ジョナサン(チャニング・テイタム)、スタンフォード(アル・パチーノ)、マサース警部(レイ・リオッタ)、ローレン・ブリッジス(ジュリエット・ビノシュ)、ヴィニー(トレイシー・モーガン)

陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャルのネタバレあらすじ

【起】– 陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャルのあらすじ1

陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャルのシーン1

画像引用元:YouTube / 陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャルトレーラー映像

2002年スタテン島、警察官のジョナサンは妻と娘のいる自宅に帰りました。彼はこの町の118分署に配属されたばかりです。

1986年クイーンズボロ公営住宅、1人の少年が銃を持っていました。少年の名はミルクで、大人から銃を奪ったのです。

銃を奪われた男はミルクを探していました。ミルクは銃を構え、引き金を引きます。男は倒れ、少年はヴィニーと叫びました。

2002年、治安向上作戦が実行に移されました、スタンフォード警察委員長は引退を目前にして、時期候補者であるマサーズ警部と共にクイーンズボロを一掃します。

治安向上を目的としたものでしたが、臨海地を住宅にするための口実だという声も上がり、クイーンズボロに住む住人は反発していました。

30歳にして新人のジョナサンは他の警察官と共に見回りを始めます。問題を起こす人々を捕まえ、警察署に連行しました。

署に戻ったジョナサンは新聞に目を通します。そこにはローレン・ブリッジス記者が書いた「118分署は1986年、2件の殺人を無視した」という記事が載っていました。

マサーズ警部がやってきて、3か月前に匿名の手紙が送られたと言います。この2件の殺人はクイーンズボロで起きたものでした。

ミルクは僕の家(トイレのこと)に入ってきたから撃ったと訴えます。友達のヴィニーとその妹に諭され、ミルクは死体を捨てることにしました。

ジョナサンは妻と娘を連れてサーカスを見に行った帰り、118分署に寄ります。彼はロッカーを見に行きました。ドアには「一体何をしてる」という字が書かれています。

ジョナサンは妻や娘と共に自宅に帰りました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(3件)

ライターの感想

最後まで見て思ったのは主人公は結局振り回されていただけだということです。解決のために動こうともせず、ずっと受動的でした。主人公の力によって事態が好転したのまだまだしも、そんなシーンは一切なかったため、微妙な印象を抱きました。
  • 博多のジョンさんの感想

    情けないジョナサン。ヴィニーがかわいそう。

  • ftさんの感想

    ジョナサンにとっては解決した訳では無く胸の内のモヤモヤは一生残る結末、私も何だかスッキリした気分に慣れない気分。

映画の感想を投稿する

映画「陰謀の代償N.Y.コンフィデンシャル」の商品はこちら

IMAGE

陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル *セルDVD

DVD > 外国のアクション映画
エイベックス・ピクチャーズ
アル・パチーノ(出演),チャニング・テイタム(出演),トレイシー・モーガン(出演),ケイティ・ホームズ(出演),レイ・…

¥4,180
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20