「青い塩」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【承】– 青い塩のあらすじ2

青い塩のシーン2

画像引用元:YouTube / 青い塩トレーラー映像

市場で買い物をしたドゥホンが帰っていた時、舎弟のエックがマンギル会長が亡くなったと連絡してきた。

マンギル会長の葬儀が行われた。ドゥホンはそれには参列せず、自宅でマンギル会長を思い杯を空けた。

チルガク会の幹部たちはマンギル会長が残した遺言状を探していた。

遺言状で指名されたものが組織のボスになるというのは連合組織・チルガク会のルールだったが、遺言状にはドゥホンの名があるかもしれなかったからだ。

ドゥホンは、料理中のセビンの髪が気になり髪留めをプレゼントした。

また、セビンが落とした包丁がセビンの足に落ちそうになった時、それを素手で掴んで手を切ってしまう。驚いたセビンはドゥホンの手に包帯を巻いてあげた。

海辺のカフェでドゥホンはセビンに、一緒に店を開かないかと冗談めかして言うが、その腕ではすぐに潰れるとからかわれる。

セビンはいつの間にかドゥホンを“おじさん”と呼ぶようになっていた。二人は携帯番号を交換した。

ウンジョンはヘウンデ組とファリョン組の取引現場から黒い鞄を盗み出した。

それに気づいた組の男たちがウンジョンを追い詰めるが、ウンジョンの携帯位置情報から、駆け付けたセビンが男たちを射撃し倒した。

ウンジョンが命懸けで盗んだものは現金ではなく麻薬だった。

二人はすぐにヘウンデ組に捕まり海に沈められかけたが、ヘウンデ組にドゥホンを殺せとの指示が入りセビンに殺させるため、二人は死なずに済んだ。

ヘウンデ組はセビンに、証拠を残さずドゥホンを銃殺したら借金も帳消しにすると言われる。

ドゥホンの自宅にセビンが訪ねてきた。セビンは料理教室を辞めるといい、ドゥホンにもそうするように促した。

ドゥホンはお別れ会をしようとセビンを誘い、二人はセビンが勧める海辺の“セルフ鍋”の店にやって来た。

セビンは、この世には3つの大事な“グム”があるという。一つ目は“黄金(ファングム)”。二つ目は“塩(ソグム)”。そして三つ目を言おうとした時、セビンの携帯にウンジョンから電話が入った。

セビンはドゥホンを残したままバイクで去って行った。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「青い塩」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×