「青い塩」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【結】– 青い塩のあらすじ4

青い塩のシーン4

画像引用元:YouTube / 青い塩トレーラー映像

ギョンミンがM&Aの政治資金のためにヘウンデ組と麻薬事業を行っていることがドゥホンの耳に入った。

そこにギョンミンが訪ねてくる。ドゥホンはギョンミンに、ヤクを売って政界に出馬しようとしているチェ顧問には近づくなと言うが、ギョンミンはそうはいかないという。

セビンは、ドゥホンの背中に銃を向け「なぜウンジョンを殺した」と言うが、「俺は女は殺さない」というドゥホンの言葉を信じたセビンは立ち去った。

ドゥホンは高熱を出していたセビンを隠れ家に連れてくると、懇意の医者の指示で着替えさせようとした時、セビンの体に深い傷痕があるのを見てしまう。

エリックがセビンのことを調べ上げドゥホンに報告した

隠れ家でドゥホンの顔にレーザー光が当たっているのを見たセビンは、慌ててドゥホンを引き寄せた。

そのはずみで二人は軽いキスをしてしまう。

そこにエックが訪ねて来て、ヘウンデ組のボスとギョンミンの関係を報告する。

セビンはドゥホンの部屋を出て向かいのビルに行く。

それを追ったエックは向かいのビルからドゥホンが刺客に襲われているのを見て、急いでドゥホンのもとに戻った。

セビンはドゥホンの部屋で起きていることを見て二人の刺客を狙撃し、ドゥホンの部屋では、駆けつけたエックが一人を倒した。

追手が迫っていた。ドゥホンにエックは偽造パスポートを渡した。スマホの位置情報アプリでセビンを拾ったドゥホンは、車で走り出すがKが追ってきたが二人は何とか追撃をかわした。

ドゥホンはセビンに先に行って待っていろと偽造パスポートとチケットを渡し、ウンジョンを探しに出て行った。

Kはセビンとドゥホンをおびき出すためウンジョンを救い出し、人質にした。

やって来たドゥホンにKが狙いを定めた時、セビンが電話で「自分がドゥホンを殺す」というとドゥホンを塩田に呼び出し、ドゥホンの胸に銃弾を浴びせた。

それを離れて見ていたKは去って行った。

時が立ち、ここ南の島ではドゥホンがレストランを営んでおり、セビンとウンジョン、エックもそれを手伝っていた。

あの時、セビンがドゥホンを撃った弾は、塩で作られた弾だったのだ。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「青い塩」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×