「食われる家族」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

【承】– 食われる家族のあらすじ2

食われる家族のシーン2

画像引用元:YouTube / 食われる家族トレーラー映像

ユジンは両親やソジンと同居を開始しました。家のことを手伝い、車椅子の母親の面倒をけなげにみています。ユジンは、ソジンの娘・イェナの幼稚園の送迎もやると言いました。イェナが懐くか心配ですが、イェナはすぐユジンに打ち解けます。苦手なパプリカもどう言い聞かされたのか、ユジンのおかげでイェナは食べるようになっていました。

ユジンが家にやってきてから、両親も娘・イェナもよく笑うようになりました。それはソジンとしては嬉しいことでしたが、なにかの折に少しの違和感を覚えました。その違和感の正体がなにか判らないソジンは、気のせいかと思います。親友の医師に相談すると、「薬を処方するよ」と言われます。

その違和感はうまく説明できないものの、明確に形をとりつつありました。ソジンはある日、家に見知らぬ中年男性が加わっているのを目撃します。その男は母親にべったりくっついていました。母親を抱きかかえるように背後から手を回しており、ソジンは不愉快に思います。

思わずソジンが声高に話しかけると、ユジンが割って入りました。男性は理学療法士で、2日前から住み込みで働き始めたそうです。くちがきけない男性で、ユジンは手話で意思疎通を図ります。母親は以前よく通っていた教会にも行かず、家でずっと過ごしていました。教会へ行って友人と会えとソジンは言いますが、母親はそれをやんわり拒みます。

夜にうなされて目覚めたソジンが台所に行くと、ユジンが先にいました。ソジンが見ると、ユジンの背中(うなじの下のところ)に何かの模様のタトゥーがありました。

変だと思ったソジンは、家政婦のファンに「ユジンを注意してみておいてくれ」と頼みます。

娘・イェナはバレエ教室でハヨンという友だちができたと話します。ユジンがバレエ教室の送迎をすると言いますが、ソジンはファンにも同行を頼みました。

ソジンはソウル東部警察署に顔を出し、捜査担当のチェ刑事に会います。チェ刑事は「最近新たにドライブレコーダーを入手したが、映像が損傷している。修復したら連絡する」とソジンに話します。

同じ頃、イェナを連れてユジンとファンはバレエ教室の入っている建物に行きます。するとユジンを見た男が「ペク・ヨンソンだろ」と言いながら近づいてきました。しかしユジンはその男を待たずエレベーターの扉を閉めます。そして「トイレに行く」と言ってその場からいなくなりました。

ファンの顔を覚えていた男がやってくると、ファンに聞いてすぐ探しに行きます。ファンはイェナのバレエの付き添いをします。

レッスンが終わるころにユジンが戻ってきますが、首に小さな傷ができていました。さらに駐車場の車をユジンが別の場所に移動しており、その駐車場では男が死ぬ事件が起きていました。ショックを受けるファンを、車を運転しながらユジンが横目で確認します…。

ファンがいなくなりました。「お世話になりました」という直筆の置手紙を残して姿を消します。ユジンは「男性といっしょにいた」と証言し、両親はファンが男と駆け落ちしたのだと断言しました。しかし5年近く家政婦として働いていたので、ソジンは信じられませんでした。

ファンのことを言いに警察署へ行くと、チェ刑事は映像が修復できたと見せます。妻の事故現場周辺の通行人が、ユジンに酷似していてソジンは驚きます。

親友の精神科医を訪ねたソジンは、催眠療法をしてくれと頼みます。

…雨の日の事故の現場は、また後半部分は遊園地のシーンになります。しかし今回ははっきりしていました。遊園地のシーンでは、風船を持つピエロのような男がいました。交通事故のシーンでは、運転手の顔がはっきり見えました。通行人の女性は、やはりユジンでした…。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「食われる家族」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×