「#フォロー・ミー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

2020年製作のアメリカ映画。監督はウィル・ワーニック。主演はギーガン・アレン。共演にホランド・ローデン。 動画配信を初めて10周年を迎えるコール達。10周年は特別なことをしようと、仲間と共にモスクワを訪れる。そこで待っていたコールのファンだと言うアレクセイ。とてもすごい金持ちだという友達の触れ込み通り快適な旅だが、彼の用意した脱出ゲームは危険に満ちていて、意図せずにコール達はデスゲームの生配信に巻き込まれていく。

あらすじ動画

#フォロー・ミーの主な出演者

コール(キーガン・アレン)、エリン(ホランド・ローデン)、トーマス(デンゼル・ウィッテッカー)、アレクセイ(ローネン・ルービンシュタイン)、アンドレイ(パシャ・リチニコフ)、ダッシュ(ジョージ・ジャンコ)、サム(シーヤ)他

#フォロー・ミーのネタバレあらすじ

【起】– #フォロー・ミーのあらすじ1

#フォロー・ミーのシーン1

画像引用元:YouTube / #フォロー・ミートレーラー映像

飛行機のトイレで顔を洗って着替えて配信を始めるコール。配信を始めて今年で10年目だと振り返る。10周年を祝おうと、フォロワーの皆に意見を募ったところモスクワと言うリクエストが出たと。そこで友達が手を回して飛行機のファーストクラスを取ってくれたと仲間を紹介し始める。自分は今回何をするか全く知らされていないと。皆に聞くも教えてもらえず、少し待てと言われてエコノミー席から親友のトーマスが現れ驚く。配信をして落ち着いたところでダッシュから今回のことについて説明が始まる。モスクワの友達のアレクセイが次元の違う金持ちで、モスクワを案内してくれて更に自分たちの為に設計した脱出ゲームをすると説明する。話を聞いて早速配信を始めるコール。

エリンとのことをトーマスに聞かれ、本当に初めて自分を見てくれた子なんだと真剣な表情。

モスクワについてさっそくふざけて荷物が流れてくるレールに乗るダッシュ。荷物が一周したあとのレーンにはダッシュのスマホだけが流れてくる。呆れてダッシュが行方不明だというトーマス。すると別の扉からダッシュが連行されてきて禁止区域に入ったと警備員に連れて行かれそうになるが、そこへ颯爽とアレクセイが現れて助けてくれる。ヴィクトリアとも合流して迎えの車に乗り込む。用心棒と運転手までついてきている。

ホテルはとても豪華。早速ウォッカで乾杯をする一同。

夜の街へ繰り出す一同。クラブへと案内される。クラブでも配信を始めるコール。アレクセイに今回の脱出ゲームについて聞いている最中にエリンとサムが絡まれて銃を持ち出すような騒ぎになり、逆恨みをされてしまう。クラブからの帰りの車。運転手たちにあんな場所へ行くなんて軽率すぎたと責められてる。それなのにそのシーンを録画していたかな・・・と言ってスマホを見ようとするコールを皆が責めるような目で見つめる。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「#フォロー・ミー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×