映画:13の選択

「13の選択」のネタバレあらすじと結末

13の選択の紹介:2014年製作のアメリカ映画。人間性を捨て、13のゲームをクリアすれば巨額の報酬が得られるというゲームへ参加した男の運命を描くサスペンス・スリラー。タイ映画『レベル・サーティーン』をダニエル・スタム監督がリメイクした。

あらすじ動画

13の選択の主な出演者

エリオット・ブリンドル(マーク・ウェバー)、シェルビー(ルティナ・ウェスリー)、マイケル(デヴォン・グレイ)、フォグラー(プルイット・テイラー・ヴィンス)、エリオットとマイケルの父(トム・バウアー)、チルコート刑事(ロン・パールマン)、ジョイス(デニーン・タイラー)

13の選択のネタバレあらすじ

【起】– 13の選択のあらすじ1

オーストラリア・バース。

今や時の人となったパース大学のエドガー・ソロモン教授がスピーチを求められ、下品な小話をします。

「クマがクソをした後ウサギに訊いた。しっぽにクソがつかないかと。ウサギがつかないと答えると、クマはウサギで尻を拭いた」…会場は微妙な空気ですが、エドガー教授に気を使い少し笑いが起きます。

エドガー教授はさらに小話をします。

「ドットという名の女性がブタの糞を食べて生きていた。ブタの糞がなくなったので、生チーズを食べた。生チーズの出どころは陰部だった」

…さすがにおかしいと気づいた女性司会者がエドガー教授に「大丈夫ですか」と訊くと、エドガー教授は突然、司会者の指を切断します。

会場はパニックに陥り、客は皆逃げ始めました。銃を持った警備員が制止するのをきかず、エドガー教授は胸ポケットから何かを出そうとして発砲されます。

エドガー教授が胸から出そうとしたのは、着信を受けた携帯電話でした。電話は鳴り続けます…。

…アメリカ・ルイジアナ州・ニューオーリンズ。

32歳の男性エリオット・ブリンドルは貧困にあえいでいました。

婚約者のシェルビーは妊娠中で、彼女とは近々結婚予定なのですが、エリオットには障害を持つ弟・マイケルと意地悪な父親を養わないとならないからです。弟・マイケルは自閉症のような知的障害を抱えています。

母はエリオットが9歳の時に交通事故で亡くなりました。父は事業に成功してから人が変わって傲慢になり、エリオットは若い身で月1200ドルの弟の医療費を支払い続けています。加えて奨学金とカードの負債が計9万ドルに達していました。

真面目に勤務していた会社も、理不尽な理由で解雇を言い渡されます。エリオットはパーマー夫人の年齢と収入に見合うものを勧めたのに、ゴールドプランを勧めなかったというのが解雇の理由でした。

今日中に料金を支払わないと電気を止めるというところまできていました。

弟・マイケルをバイト先のバーガー店に送った帰り、夜道で長い赤信号待ちをするエリオットの車内には、うるさいハエがぶんぶん飛び回っていました。

その時、エリオットは見知らぬ男から不思議な携帯着信を受けます。電話の相手は、エリオットがユニークなゲームの参戦権を得たと告げ、クリアすると大金が得られる挑戦者として選ばれたと言いました。

クリアするゲームは13ありレベルは後になるほど難しくなりますが、クリアするごとに得る賞金額は増えます。

Lv.1 ハエを殺せ

「殺せば1000ドル口座に入金する」と言って切れた電話に戸惑ったエリオットは、それでも試しにハエを潰してみました。すると携帯にメール着信があり、入金完了の知らせが書かれていました。

家に帰宅したエリオットは、パソコンで口座を調べてみます。本当に口座に1000ドル振り込まれていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「13の選択」の商品はこちら

IMAGE

13の選択 [DVD]

DVD > 外国のホラー映画
マーク・ウェバー(出演)

¥4,180
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20