「13デイズ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「13デイズ」の感想

ライターの感想

ケビン・コスナーが演じるオドネル特別補佐官は勿論実在人物である。 深い信頼関係に結ばれたオドネルとケネディ大統領、ロバート司法長官だったからこそ、この身震いするような危機を回避できたのだと思う。
    1 2 3 4 5

    「13デイズ」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×