映画:22年目の告白-私が殺人犯です-

「22年目の告白-私が殺人犯です-」のネタバレあらすじと結末

サスペンス映画

22年目の告白-私が殺人犯です-の紹介:韓国映画「殺人の告白」を日本版としてリメイクした作品で、2017年に公開されました。時効事件を扱い目まぐるしく展開が移り変わっていくサスペンス作品となっており、カリスマ性の高い犯人役に藤原竜也が起用され、完全無欠とも言える連続殺人犯の役を見事に演じています。事件を追う刑事役の伊藤英明をはじめ、仲村トオルや石橋杏奈、夏帆など豪華キャストが登場する本格派サスペンスです。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

22年目の告白-私が殺人犯です-の主な出演者

曾根崎雅人(藤原竜也)、牧村航(伊藤英明)、仙堂俊雄(仲村トオル)、岸美晴(夏帆)、牧村里香(石橋杏奈)、小野寺拓巳(野村周平)、滝幸宏(平田満)、山縣明寛(岩松了)、橘大祐(岩城滉一)、川北未南子(松本まりか)、春日部信司(竜星涼)

22年目の告白-私が殺人犯です-のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ1

22年目の告白-私が殺人犯です-のシーン1 1995年、ある凶悪事件が世間を賑わせていました。
犯行はわざと親しい人の目の前で犯行を行なわれ、大切な人が亡くなっていく姿を見せつけて去っていくという残虐な手口にもかかわらず、犯人は22年ものあいだ行方をくらましていたのでした。
警察も当時はこの事件を躍起になって捜査していましたが、手掛かりをつかむことができず、わざと事件の発表を遅らせることで犯人をおびき出そうとします。
そして現場に現れた犯人を当時の捜査員だった牧村航は追いかけてもみ合いになりますが、命がけの格闘の末に犯人の方に銃弾を浴びせるものの、牧村も負傷し犯人を取り逃がしてしまうのでした。
牧村は犯人にケガを負わせたことで恨みを買い、犯行の標的とされてしまいます。
犯行からの電話を聞いた牧村は自宅アパートに戻りますが、それは犯人の罠であり先に部屋へと入った先輩刑事の滝幸宏は、ガス爆発によって牧村の目の前で命を落としてしまうのでした。
こうして警察官を含む計5人が殺害された事件は、社会を巻き込んでセンセーショナルに報道されますが、最後に行われた犯行が改正刑事訴訟法の適用となる日の前日ということもあり、事件から15年が経過したことで時効が成立してしまったのでした。
そして時効成立から7年後、あの事件の犯人を名乗る男が現れ、事件の詳細を書いた本を出版すると発表します。
曾根崎雅人と名乗ったその男は堂々と記者会見の場に姿を現し、警察やメディアが追究することのできなかった真実を明らかにするために本を出版すると話すのでした。
これを受けた遺族たちの心は穏やかではなく、幼い頃に事件に遭遇し父を亡くした書店員の岸美晴は牧村に怒りをぶつけます。
曾根崎は積極的にメディアへと出ていくことで、その端麗な容姿もあって一部でカリスマ的な人気を得ていくことになり、彼の行動はどんどんエスカレートしていきます。
妻を目の前で殺された医師・山縣明寛が医院長を務める病院に現れた曾根崎は、大勢の記者がいる前で彼に土下座をして事件のことを謝罪し、その場に居合わせた牧村は彼に殴りかかるのでした。

【承】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ2

22年目の告白-私が殺人犯です-のシーン2 曾根崎の事件では警察官も殺されており、警察内部でも曾根崎に恨みの感情を持つ者は少なくありませんでしたが、法律で裁けなくなってしまった以上どうすることもできませんでした。
曾根崎は本の出版イベントを開催し、多くの読者やファンが詰めかけていましたが、牧村はその会場で暴力団が彼を殺害する計画を立てているという情報をつかみます。
その暴力団の組長もかつて曾根崎に愛する人を殺されており、若い人間を使って曾根崎を始末しようと考えていたのでした。
急いで会場へと向かった牧村は、そこで観客の中に紛れている見知ったチンピラの戸田を見つけます。
戸田も牧村を見つけ、焦った彼は観客をかき分けながら曾根崎のいる壇上近くへと向かい、拳銃で彼を狙撃しようと銃口を向けます。
牧村は壇上に上がり曾根崎を避難させると直後に戸田は逮捕されますが、舞台裏では観客に紛れた美晴がナイフを持って彼に襲いかかり、牧村は曾根崎をかばってケガをしてしまうのでした。
曾根崎のメディア露出はさらに続き、彼はとうとう生放送のニュース番組に出演することになります。
キャスターをつとめる仙堂俊雄はもともとフリージャーナリストをしており、紛争地への取材のほか、曾根崎の事件のことについても熱心に取材をしていた人物でした。
曾根崎は彼の出ている番組で告白本を出版した理由を語りますが、仙堂は自らの取材に基づき、本には書かれていないもう一つの殺人事件があったのではと指摘するのでした。
そして本には事件に至った動機が書かれていないことも指摘し、真犯人を名乗る人物から匿名の投稿が寄せられていることを伝えます。
その投稿にはビデオが添えられており、それは建物の屋上から警察が牧村の当時のアパートに入っていく様子や爆発する様子、そして撮影者の側に映っている縛られた女性の姿がありました。
それは事件以来行方不明となっている牧村の妹・里香で、彼女は事件当時、阪神淡路大震災の影響で彼氏とともに牧村のアパートに居候をしており、彼氏である小野寺拓巳は震災以来不安定になっている彼女をサポートし、やがて婚約をすることになります。
しかし彼女は事件があった日から行方をくらましており、残された小野寺は事件の時効が成立すると同時に建物から飛び降りてしまったのでした。
犯人しか撮影できないような動画を見せられ、曾根崎はその動画がねつ造であると主張します。
やがて真犯人を名乗る男から番組に接触があり、曾根崎と牧村を番組に呼ぶことを条件に出演することを約束するのでした。

【転】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ3

22年目の告白-私が殺人犯です-のシーン3 牧村は曾根崎とともに仙堂がキャスターをつとめる番組に出演し、そこへ動画を投稿した真犯人を名乗る男がマスクを着けてスタジオにやって来ます。
彼は動画の続きとなる映像を持参して現れ、事前に映像をチェックしたスタッフは放送できないと話し、スタジオ内の人間だけで映像を見ることになります。
その映像には牧村のアパートが爆発したあとに里香が首を絞められ殺害される様子が映されていました。
狼狽する牧村や残忍さを責め立てる仙堂に、楽しむためにやったと話す覆面の男。
それを聞いて曾根崎は仙堂の持っていたペンを奪い男の顔に突き立てます。
それを機に牧村も加勢してスタジオは大混乱となり、牧村は今回の件についての真実を語ります。
実は曾根崎の出版した本を書いたのは牧村であり、彼は自身の持つ捜査情報をもとに本を書き上げたのでした。
そして曾根崎の正体は時効成立のあとに身を投げた里香の婚約者・小野寺であり、一命を取りとめた彼は犯人に復讐するために別人として生きていくことを決意し、医師の山縣に頼んで別人の顔に整形して復讐の機会をうかがっていたのでした。
これまでの牧村と曾根崎のやりとりもすべては狂言であり、ニセの犯人を名乗る男が暴露本を出版することで真犯人が出てくることを期待していたのでした。
追い詰められた覆面の男は「自分は頼まれてやった」と牧村たちに告げます。
彼は依頼されてネットに動画を投稿していただけで事件とは全く関係がなく、犯人とのつながりもないと話すのでした。
これにより当初から事件の犯人だと語っていた曾根崎は被害者側の人間であり、真犯人だと名乗った男も犯人ではないことが判明して事件の真相は闇に包まれてしまいます。
しかし曾根崎は、何かに気がついているようでした。

【結】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ4

22年目の告白-私が殺人犯です-のシーン2 曾根崎は牧村の犯人を捜して殺すことを誓い、山縣に車を借りてとある場所へと向かって行きます。
山縣は車に付いていた発信機をもとに向かう場所を牧村に伝え、牧村はその日、仙堂がインタビュー撮影を行っている場所へと向かうのでした。
曾根崎は仙堂と再会し、本の出版を発表したときに一番初めに反応したのが仙堂であったことを話します。
そして彼が番組内で里香の婚約に言及していたことを指摘し、里香と自分が婚約していたことを知っていたのは、当人たち以外では牧村だけだと話すのでした。
現場に残された婚約指輪から、自分たちが婚約していたことを知っているのは犯人以外にあり得ないことに気がつき、曾根崎は仙堂こそが真犯人であることを確信します。
そして彼が紛争地でテロリストに拉致され、自身の目の前で親友が殺されていたという過去も調べていたのでした。
曾根崎は仙堂にナイフを突きつけ、床に倒れた仙堂の右肩に銃創を見つけます。
里香を殺害して埋めたことを認めた仙堂を曾根崎は殺そうとしますが、そこに牧村がやって来て曾根崎を止めようとします。
牧村は曾根崎に、仙堂はまだ法律で裁くことができると伝えるのでした。
里香が殺害される映像を見返した牧村は、屋上に東京タワーが見えていることを発見します。
午前0時に照明が消える東京タワーは里香が殺害される直前にその姿を消しており、それは里香が殺害されたときにはすでに日付が変わっていたことを意味しているのでした。
その日を境に凶悪事件の時効が撤廃されたことから、仙堂は時効に関係なく罪を裁くことができるようになったのでした。
しかし死を望んでいるという仙堂は曾根崎を挑発し、曾根崎は牧村の制止もむなしく、怒りに任せて仙堂を殺害しようとします。
仙堂の首を絞める彼の目に飛び込んできたのは、殺害される直前の里香の映像で、それを見て曾根崎は自身の力を緩めるのでした。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

過去に発生した凶悪事件の時効が成立し、犯人を名乗る男が暴露本を出版することから始まるサスペンスとなっていますが、情報量が多い割には2時間でおさめられており、テンポの良く進んでいく映画だと思いました。
主演の藤原竜也の演技が見事で、中盤にはどんでん返しのような展開もあり、見ていて飽きない作品だと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」の商品はこちら