「22年目の告白-私が殺人犯です-」のネタバレあらすじと結末の感想

22年目の告白-私が殺人犯です-の紹介:原作は韓国の映画「殺人の告白」。藤原竜也と伊藤英明のW主演のサスペンス。時効を迎えた殺人犯が告白本を出版し、メディアや被害者遺族を巻き込んでいくというストーリー。どんでん返しのあるストーリーと、藤原竜也の狂気に満ちた演技が見もの。

予告動画

22年目の告白-私が殺人犯です-の主な出演者

曾根崎(藤原竜也)、牧村(伊藤英明)、戸田(早乙女太一)、仙堂(中村トオル)、岸美晴(夏帆)、山縣(岩松了)、橘(岩城滉一)

22年目の告白-私が殺人犯です-のネタバレあらすじ

【起】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ1

22年前の1995年に5件の連続殺人事件が発生します。犯人は殺害の瞬間を、被害者の身近な人間に見せつつ絞殺するという残虐な手口です。
残された遺族は今でも犯人を恨んでいます。両親を殺された岸美晴は今は書店で働いています。妻を殺された山懸(やまがた)は今では病院の院長になっています。内縁の妻を殺された橘は今はヤクザの組長になっています。事件の最後の被害者は、主人公牧村の上司でもある刑事の滝でした。
22年前、牧村と滝は犯人を追い詰め、右肩に銃弾を命中させますが逃げられてしまいます。撃たれたことで犯人の逆恨みを買い、滝は牧村の目の前で犯人に殺されてしまいます。
最後の被害者である滝は、日本から時効がなくなる前日に殺害されたため、2017年に事件は時効を迎えます。

時効を迎えて数ヶ月後、曾根崎という男が「私が殺人犯です」という本を出版し、事件の犯人だと名乗りでて記者会見を行います。センシティブな本の内容に賛否両論ありつつも、メディアで大きく取り扱われ曾根崎に注目が集まります。

曾根崎は「時効を迎えたことで罪を償う機会を失った、警察もマスコミも真相にたどり着けなかったので、罪滅ぼしのために本を出版した」と言います。そして警察も、マスコミも無能と言い煽ります。
記者会見の様子を見ていた被害者遺族は憤りを感じます。

【承】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ2

曾根崎の本は話題を呼び30万部以上の売上で重版も決定しました。しかし曾根崎は欲深く、もっとメディアの露出を増やして本を売るよう出版社に迫ります。

またメディアの注目を集めるために、マスコミが密着した状態で被害者の山縣の経営する病院を訪れます。たまたま刑事の牧村も訪れていたため、曾根崎、牧村と山縣が対峙することになります。曾根崎は山縣に「申し訳ございません」と頭を下げますが、その様子を見て憤った牧村に殴りかかられます。警備員に守られつつも曾根崎はそのまま握手会会場へ向かいます。

握手会会場は大勢の人で賑わっています。その中に、ヤクザの組長である橘の仕向けた鉄砲玉の戸田がいました。戸田は22年前に殺された、橘の内縁の妻の連れ子のため曾根崎に恨みを持っています。

その頃、曾根崎を追ってきた牧村が握手会会場に到着します。戸田が曾根崎を狙って銃を撃ちますが、牧村が曾根崎をかばったためギリギリ当たりません。戸田はそのまま逃亡します。
牧村が曾根崎をステージの裏に避難させると、そこに岸美晴が現れ曾根崎をナイフで刺し殺そうとします。しかしこれもまた牧村が防ぎます。牧村は岸に「殺人犯になるな」と言い、岸を帰らせます。

様々な恨みを買いつつも、曾根崎は夜のニュース番組「NEWS EYES」に生出演します。メインキャスターの仙堂は、22年前の連続殺人事件をフリーライターとして徹底的に取材しそれが評価されたためキャスターまで出世しました。ある意味因縁を感じている仙堂は曾根崎を自分の番組に招待したのです。

【転】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ3

番組で仙堂は「犯行の動機は何か」「本当は第6の殺人があったのではないか」と曾根崎に詰め寄ります。しかし曾根崎は上手く質問をはぐらかします。
そこで仙堂は「番組の3時間前に、真犯人を名乗る者が『曾根崎は詐欺師』とコメントし、さらにyoutubeに動画を公開しました」といい放送します。その映像は22年前のもので、牧村刑事の妹がどこかのベランダで拘束されている様子が写っていました。
実は第5の事件(滝刑事殺害)の後から、牧村の妹が行方不明になっていたのです。曾根崎が真犯人ではないのか。など疑問が生まれ番組は一度そこで終了します。番組側は真犯人と名乗る者との接触に成功し、次回の放送でキャスターの仙堂、曾根崎、牧村、そして真犯人を名乗る者が集結することとなります。

そして次のNEWS EYESの放送。真犯人を名乗る者はマスクを付けた状態で出演します。そして牧村の妹が殺害されている映像の入ったDVDを持参し「これこそが自分が真犯人の証拠、曾根崎は詐欺師だ!」と言います。それを聞いた曾根崎はマスクを付けた男に襲い掛かりますが、警備員に取り押さえられます。またマスクの男も取り押さえられます。

取り押さえられた曾根崎は涙ながらに「自分は実は真犯人ではない。牧村さんの妹『牧村里香』の恋人だ」と告白します。そして出版された「私が殺人犯です」は真犯人をおびき出すために、牧村と捏造したものだと話します。そして牧村と曾根崎に殺意の目を向けられたマスクの男は「自分は真犯人じゃない、ただ依頼されただけだ」と言い始めます。牧村が詰め寄り、マスクの男のスーツを破ると、右肩に撃たれた後がありませんでした。

結局、真犯人をおびき出すことができず牧村と曾根崎の壮大な計画は失敗したのです。
番組の最後にキャスターの仙堂が、「犯人を名乗るものが二人いましたが、どちらも真犯人ではなく、さらに片方は被害者牧村里香さんの婚約者でした」と言い番組は終わります。

【結】- 22年目の告白-私が殺人犯です-のあらすじ4

落胆する曾根崎と牧村ですが、今まで出てこなかった動画が出てきた。と前向きに独自の調査を続けます。
そして牧村は妹が殺害された映像を繰り返し観ていると、ベランダから遠くに見える東京タワーが消灯していることに気づきます。東京タワーの消灯は0:00で、その後妹が殺害されたため、時効撤廃後の事件だったのです。その頃、曾根崎は録画したNEWS EYESを見直しあることに気づき、仙堂の別荘へ向かっていました。

休日の仙堂が、別荘の地下にあるオーディオルームに行くと、そこには別荘に忍び込んでいた曾根崎が待っていました。曾根崎は仙堂にこう言います。「俺と里香が婚約していたことは牧村さんしか知らない。それなのにあんたは番組で婚約していたと言った。他に知っている人がいるとすれば犯人だ。」そして仙堂の隠していた殺害現場を撮影した映像を再生します。

仙堂はあっさりと犯行を認めます。昔戦場取材をする際に、仲間が目の前で絞殺され、そのトラウマで同じような殺害をしていたと自供します。そして曾根崎に自分を殺すように言います。
曾根崎は仙堂を殺そうと首を絞めますが、その最中に牧村が到着し「時効は成立していない、法で裁ける」と言い曾根崎を止めます。
そして仙堂は逮捕され法で裁かれることとなります。獄中で仙堂は手記を書き殺人犯として出版します。ようやく事件から開放された曾根崎は、牧村など他の被害者遺族に見送られながら海外へ出発します。

エンディング後。精神病棟に仙堂が移送されている途中で、清掃員に扮した戸田が現れます(握手会での発砲事件以降逃げていた)。そして戸田は包丁を持って、仙堂に向って走ります。そのシーンで画面は暗転します。

みんなの感想

ライターの感想

原作未視聴だったため、予備知識なしで鑑賞しました。映画のテンポが良く最後まで飽きずに観ることができます。やはり狂気的な役柄を藤原竜也が演じると、とてもハマります。

映画の感想を投稿する

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」の商品はこちら