映画:8人の女たち

「8人の女たち」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

8人の女たちの紹介:クリスマス前、屋敷の主人が部屋で殺害されていた。外部侵入の形跡はないことから、家にいる女性たちの中に犯人が…。事件の真相、隠されていた真実が次第に暴かれていく。 フランスのロベール・トマの同名戯曲を鬼才フランソワ・オゾン監督が、豪華キャストで映画化。推理ミステリーにミュージカル要素を加えた意欲作で、2002年ベルリン国際映画祭では、史上初めて8人の女優全員が銀熊賞を受賞した。

あらすじ動画

8人の女たちの主な出演者

マミー(ダニエル・ダリュー)、ギャビー(カトリーヌ・ドヌーヴ)、オーギュスティーヌ(イザベル・ユペール)、ルイーズ(エマニュエル・ベアール)、ピレット(ファニー・アルダン)、シュゾン(ヴィルジニー・ルドワイヤン)、カトリーヌ(リュディヴィーヌ・サニエ)、シャネル(フィルミーヌ・リシャール)

8人の女たちのネタバレあらすじ

【起】– 8人の女たちのあらすじ1

時は1950年代。クリスマス休暇のため、フランスの郊外にある大邸宅に長女のシュゾンが帰省します。裕福なこの家の主人マルセルは株式ブローカーで、妻でシュゾンの母・ギャビーとは長らく寝室も別々という仮面夫婦でした。娘はもう1人、推理小説好きのお転婆な次女・カトリーヌ。家にはギャビーの実母・マミーと、ハイミスで癇癪持ちのギャビーの妹・オーギュスティーヌも同居しています。メイドは恰幅がよくベテランのシャネルと、最近勤め始めた若く美人なルイーズの2人です。

娘が帰省したのにマルセルが起床しないため、ルイーズが部屋に食事を運ぶと、彼はうつ伏せの状態で背中に短剣を刺されていました。みんなが動揺するため、カトリーヌの提案で警察が来るまでマルセルの部屋に鍵をかけました。早速通報しようとしますが、電話線が切られていました。

7人は一旦落ち着いて、犯人が誰なのか討論します。マルセルの新共同経営者であるファルヌーの名前があがりますが、侵入者がいれば犬が吠えるはず…。すぐに疑惑が消えました。外部から侵入した形跡もなく、犯人はこの中にいる人間という答えに辿り着きます。みんなの疑念が交錯し始めました。

事件をマルセルの妹・ピエレットに連絡するべきですが、ヌードダンサー出身でよく兄にたかっていた彼女を毛嫌いしてるギャビーが反対します。ところが敷地内の狩猟小屋に住むシャネルが、隠れてピエレットを招いていることをルイーズが娘2人に密告しました。一方のシャネルは、ルイーズが次々と男をたらしこんでいることを明かします。

昨夜家にいなかったシュゾンしか信じられないと、マミーが彼女に打ち明けたのは、マルセルが破産していたことと、自分の隠し持っていた株券が盗まれたこと。実は奪ったのはギャビーで、シュゾンもそれを知っていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「8人の女たち」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×