映画:BOX ボックス

「BOX ボックス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

BOX ボックスの紹介:2010年に公開されたシチュエーションスリラー映画です。いわゆるPOV風の作品となっています。そのためリアルな演出がウリで、3人の大学生たちが退屈な毎日を紛らわすために殺人計画を立てるという内容です。殺人計画を実行に移すまでの様子がすべて手持ちカメラで撮影されていて、カメラに向かって話しかけるシーンが多いのが特徴的です。監督はスコット・フィリップス氏で、主演はコナー・ソープ氏です。

あらすじ動画

BOX ボックスの主な出演者

トラビス(コナー・ソープ)、ステフ(ミシェル・ロウ)、ライアン(マイケル・ダウニー)、ケイラ(イラ・シャクトラー)

BOX ボックスのネタバレあらすじ

【起】– BOX ボックスのあらすじ1

BOX ボックスのシーン1

画像引用元:YouTube / BOX ボックストレーラー映像

トラビスがカメラに向かって、殺人を計画していると話をしています。その様子をカメラで撮るつもりでした。彼は退屈な毎日に飽き飽きしていたのです。

ステフという女性も計画に参加しています。彼女は人々の記憶に残る大きなことをしたいと思っていました。

トラビスはカメラを撮っているライアンに「お前はどうだ」と問いかけます。無言を返すライアンをカメラの前に座らせ、トラビスは「お前が映るのはこれで最後だろう」と言いました。

トラビスはこの撮影は何かを変えることになるだろうとカメラに語りかけます。彼は警察に捕まらないように計画を進めていくつもりでした。

ライアンがトラビスに目的を聞きます。トラビスは楽しみたいだけだと返しました。

トラビスたちはどうやって人を殺すかを話し合います。第1に痕跡を残さない、第2に誰を殺すか、第3は裏切った場合は自ら命を絶つというものでした。その提案にステフとライアンは賛同します。

トラビスらは誰を殺すか話し合いました。学校の女の子が良いという話になり、後日ステフが写真を持ってきます。そうして吟味した結果、ステフの同級生であるケイラを殺すことになりました。

トラビスたちはケイラを待ち伏せし、インタビューさせてほしいと持ち掛けます。彼らはケイラの電話番号をゲットしました。

トラビスたちはとある会場にいます。彼ら犠牲者となるケイラをどうやって捕まえるか考えていました。

トラビスは長い時間をかけて苦痛を与えたいと話します。彼はインタビューを通じて何に恐怖を感じるか探れと、ライアンに命じました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「BOX ボックス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ