「BROTHER」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

サスペンス映画

映画「BROTHER」の感想

ライターの感想

北野武が描くアメリカでの「ヤクザ映画」かつて、ヤクザ映画としては松田優作主演の「ブラックレイン」が有名ですが、今回は北野節の「圧倒的な暴力」「絆」「兄弟」「抗争」そして「死に場所」という日本ならではの情が入った作品だなと思いました。出演人も北野組常連の方々で、今回は加藤雅也さんと寺島進さんがいい味を出していたなあと思えました。そしてどこか退廃的で躊躇なく人の頭をぶっぱなす山本のもの悲しさはどこか怖くて可哀想で、胸がぎゅっとしました。
    1 2 3 4 5

    「BROTHER」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×