「CHLOEクロエ」のネタバレあらすじと結末の感想

CHLOE/クロエの紹介:2009年公開。夫の不倫を疑った妻が、若い女性に夫を誘惑するように依頼して起こる出来事を描いた作品。監督は「スウィート ヒアアフター」のアトム・エゴヤン。制作には「ベートーベン」のアイヴァン・ライトマンが参加。製作総指揮は「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマン。音楽は「リトル・ミス・サンシャイン」のマイケル・ダナ。豪華な出演陣は「マンマ・ミーア!」のアマンダ・サイフリッド、「96時間」のリーアン・ニムソン、「シェルター」のジュリアン・ムーアなど。

予告動画

CHLOEクロエの主な出演者

クロエ(アマンダ・サイフリッド)、デヴィッド・スチュアート(リーアム・ニーソン)、キャサリン・スチュアート(ジュリアン・ムーア)、アンナ(ニーナ・ドブレフ)、マイケル・スチュアート(マックス・シエリオット)、フランク(R・H・トムソン)

CHLOEクロエのネタバレあらすじ

【起】- CHLOEクロエのあらすじ1

キャサリンは産婦人科医として成功を収めています。夫のデヴィッドとはオシドリ夫婦としてポスターになったほどです。
息子のマイケルは、恋人のアンナと交際していてキャサリンを頼らなくなっています。その事に心配をしてしまうキャサリンでした。
今日はデヴィッドの誕生日もあって、前々からサプライズの準備をしていました。
友人達が集まっていて、キャサリンは夫の帰りを待ち遠しています。そこにデヴィッドから電話がかかってきて、飛行機に乗り遅れた事が伝えられます。
実は誕生日ということもあって、彼は帰りたくなかったのです。朝早く、デヴィッドは自宅に帰ってきていました。
キャサリンは彼の携帯を見てしまい、その中には生徒と仲良く映っている写メがありました。
彼女と不倫をしていて、ワザと飛行機に乗り遅れたのだと疑います。
友人と夫婦同士で食事に行くことになり、そこでキャサリンはトイレで泣いている女性と出会います。

【承】- CHLOEクロエのあらすじ2

彼女はクロエという名前で、トイレットペーパーを渡してくれた事もあり、キャサリンに母の形見であるアクセサリーを渡してきます。キャサリンは受け取る事を拒否します。
翌日、キャサリンはクロエが出入りしている建物に向かいます。そこはキャサリンの医院から見える所にありました。
クロエを観察していると、彼女が夫が好きそうなタイプだと思います。そして夫を誘惑して欲しいと依頼をします。夫がどのような対応をするのか知りたいのです。
クロエは、デヴィッドの行きつけのカフェで彼に声をかけます。その後、再度出会って植物園でキスし、彼の下半身を触って果てた事をキャサリンに知らせます。
キャサリンは念のため、クロエが病気でないか知りたいと言います。検査の結果をキャサリンの医院に持ってきたクロエは、そこでマイケルと出会います。
その後、クロエはデヴィッドと午後にホテルで会うことを知らせてきます。

【転】- CHLOEクロエのあらすじ3

クロエから連絡がきて、キャサリンはホテルに向かいます。そこでクロエから、デヴィッドとどのように関係を持ったのかを聞きます。
次第に興奮してしまうキャサリンでした。一旦帰るものの、興奮してしまったキャサリンはクロエと肉体関係を持ってしまいます。
夜遅く帰ってきたキャサリンに、デヴィッドは不倫を疑います。二人が口論し始めて、マイケルは嫌気が差してきます。
キャサリン宛のメールに、クロエから寝た時の隠し撮り写メが送られてきます。
恐ろしくなったキャサリンは、金を渡して縁を切ろうとします。クロエは悲しみ始め、怒りをも覚えます。
そしてマイケルに接触をし始めます。マイケルはアンナにフラレていて、クロエに惹かれていきます。
キャサリンは、クロエから夫と会う報告の連絡が来て、もう一度話し合う事にしてカフェに呼び出します。真実を知るために、デヴィッドもカフェに呼び出します。

【結】- CHLOEクロエのあらすじ4

デヴィッドはそこで乗り遅れた本当の理由が、誕生日だから帰りたくなかったと告げます。いつの間にか夫婦の営みが終わっていて、彼自身も悩んでいたのです。
クロエが来ると、デヴィッドは彼女の事が分かりませんでした。つまりクロエはデヴィッドと関係は持っていなかったのです。
キャサリンは今までの事をデヴィッドに話します。夫婦の仲が再び円満に戻ります。
しかし、クロエはマイケルに会いに行きます。キャサリン夫妻の寝室で、マイケルと肉体関係を持ちます。
クロエはキャサリンに似ているマイケルが最高の恋人だと感じます。
キャサリンが帰ってきて、二人がベッドにいるのを見てしまいます。クロエとキャサリンが話し合いになり、マイケルは追い出されます。
違うルートから、二人の様子を見に行くマイケルでした。
クロエがキャサリンにキスをしてしまい、マイケルが見てしまいます。それに気づいたキャサリンが、クロエが突き放します。
するとクロエは窓にぶつかり、そのまま自ら外へ落ちていきます。警察が彼女の遺体を運んでいきます。
しばらくして、自宅でパーティーが開かれます。家族3人はお互いに視線を合わせてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、2004年の「恍惚」のリメイク作品になります。不倫を疑った事から始まる恐ろしい出来事を描いています。
最終的には疑った妻自身が不倫をしてしまうという展開です。罠にかけるクロエの魔性ぷりが発揮されている作品になります。
そんなクロエを演じるのはアマンダ・サイフリッドです。彼女のセクシーな下着姿や、横や後ろからのカメラワークなどで見れる裸の姿が美しく映し出されます。
また、オシャレな家のインテリアやバーなども見ることができる作品です。大人っぽい家や店が好きな方には嬉しい映像だと思います。
マイケルのピアノを演奏するシーンや、ホッケーをする場面もあります。
最後まで見終わって、不倫をテーマにしたドロッとしたストーリーと綺麗な映像が相反している点が印象的な映画でした。先の展開が気になって、見続けてしまう作品で面白かったです。

映画の感想を投稿する

映画「CHLOEクロエ」の商品はこちら