映画:Dinerダイナー

「Dinerダイナー」のネタバレあらすじと結末

Diner ダイナーの紹介:2019年7月5日公開の日本映画。日本冒険小説協会大賞と大藪春彦賞に輝いた平山夢明の小説を、藤原竜也主演で映画化したバイオレンステイスト満載のサスペンス。殺し屋専門のダイナーを舞台に、店を仕切る天才シェフと殺し屋らが繰り広げる出来事がつづられる。写真家でもある蜷川実花が監督を務め、初めてのアクションシーンに挑戦。独特の映像美で魅せる。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

Dinerダイナーの主な出演者

ボンベロ(藤原竜也)、オオバカナコ(玉城ティナ)、スキン(窪田正孝)、キッド(本郷奏多)、ブロ(武田真治)、カウボーイ(斎藤工)、ディーディー(佐藤江梨子)、ブタ男(金子ノブアキ)、マテバ(小栗旬)、マリア(土屋アンナ)、無礼図〔ブレイズ〕(真矢ミキ)、コフィ(奥田瑛二)、教授(品川徹)、アラーニャ(内田健司)、ソロ(前田公輝)、ポリージャ(吉村界人)、荒烈屈巣〔アレックス〕(真琴つばさ)、雄澄華瑠〔オスカル〕(沙央くらま)、歴代ウエイトレス(宮脇咲良、AMIAYA、エリイ、中村里砂、マドモアゼル・ユリア、MEGUMI、SHIHO)、旅行代理店のスタッフ(川栄李奈)、「白鯨」を読む女性(コムアイ)、お天気キャスター(板野友美)、オオバカナコの祖母(角替和枝)、スキンの母親(木村佳乃)、デルモニコ(蜷川幸雄)

Dinerダイナーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①危ないバイトに手を出したカナコは、殺し屋が集まる『Diner(ダイナー)』という店でウエイトレスをすることに。ダイナーは元殺し屋のボンベロが料理人、客もすべて殺し屋。 ②殺し屋たちと接するうちにカナコは強い意志を持つようになった。組織との戦いから逃げたカナコは店を持ち、ボンベロもやってきた。

【起】- Dinerダイナーのあらすじ1

Dinerダイナーのシーン1 「誰も私を必要としていない」
若い女性・オオバカナコはいつしか、そう考えるようになっていました。

オオバカナコ(大馬鹿な子)の本名は、「大場加奈子」といいます。
カナコの両親はカナコの幼少期に離縁し、カナコと姉は母に引き取られました。
オオバという苗字は、母方のものです。
母はしかし、姉だけを連れて出ていきました。カナコは祖母のもとへとどまり、そこで成長します。
孤立して育ったカナコは、母に連れていってもらえなかったことから、自分はいらない存在なのだと感じました。
誰のことも信じなくなると、誰もカナコのことを信用しなくなり、どんどん居場所がなくなります。

そんなカナコは、幼いころから料理だけは好きでした。料理を趣味にします。
成人してから、アルバイトをして生活費を稼ぐカナコはある日、魅力的だと思うものと出会いました。
それは…カラフルな集団です。
豊かな色彩を持つ彼らは、メキシコの死者の日を祝う一団でした。
彼らの住む街が、メキシコの「グアナフアト(GUANA JUATO)」と知ったカナコは、そこへ行かなければならないと考えるようになります。

旅行代理店で聞くと、旅費と滞在費として30万円が必要と聞いたカナコは、高額のバイトをすることにします。
高額なバイトが危険で怪しげだということは、カナコでも分かっていました。
しかしグアナフアトへ行きたいという熱意が、理性よりも勝ったのです。


〔4時間前〕

カナコは、短時間の運転手のバイトをしていました。
カウボーイとディーディーというカップルを乗せたカナコは、彼らを運ぶのが仕事です。
カップルは追われていました。
後方から発砲され、車はぶつかりました。カップルもカナコも捕まります。

捕まったカナコたちは、工場の溶鉱炉のようなところに吊られていました。
歯向かったディーディーがカナコの目の前で落とされ、カナコは自分も死ぬとおびえます。
命乞いをしたカナコは、特技を聞かれて料理と答えます。
カナコはダイナーに売られました…。


〔現在〕

カナコが目覚めると、赤くカラフルな店、『Diner(ダイナー)』にいました。
料理人の男・ボンベロに、カナコは「俺はここの王だ」と言われ、店での振る舞いを教わります。
店は、殺し屋専用の料理店でした。
客と絶対に親しくするなと言われ、カナコは店の掃除をさせられます。

カナコはその店のオーナーに、ウエイトレスとして買われたのでした。
ボンベロも雇われ料理人で、もとは殺し屋です。

掃除を命令されたカナコは、ボンベロが電話を取った隙に逃げようとしました。
出口を見つけられなかったカナコは、金庫を見つけて解錠します。
あてずっぽうで「殺し屋(5648)」とダイヤルを回すと、開いたのです。
中に入っていたのは、きれいな花瓶のような容器に入った、世界一の酒『ディーヴァ・ウォッカ』でした。
大切なものだと踏んだカナコはとっさにそれを隠し、ボンベロに交渉の材料とします。
酒を隠したことをボンベロに言い、「知らないで触れば、落ちて割れます」と言いました。

ディーヴァ・ウォッカは時価1億円の価値のある酒で、入手困難なものです。
1週間後の会合に必要なものなので、代わりはききません。
酒を人質に取られ、ボンベロは仕方なくカナコに手を出さず、カナコを守らねばならなくなりました。
(先にネタバレ。金庫に酒がないと見たボンベロは、金庫を閉めた。しかしそのわずかな隙にカナコが金庫に酒を戻し、以後、酒は金庫で保管されることになる)


開店時間になりました。
ダイナーへやってくる客は、すべてボンベロが「入れていい」と判断した者だけを招くようになっています。
店の外には監視カメラがあり、店内に入るまで、3つの施錠されたドアがありました。
ボンベロがモニターで確認し、よいと判断されてから、解錠するのでした。

【承】- Dinerダイナーのあらすじ2

Dinerダイナーのシーン2 開店して最初にやってきたのは、全身に傷跡を持つ殺し屋・スキンです。
カナコが『遠き山に日は落ちて』をハミングしているのを聞いたスキンは、カナコに好意的に接しました。
この曲は幼少期のカナコが母に対して持つ、唯一の思い出の曲でしたが、スキンにとっても同様でした。
スキンはカナコの身の上を聞き、自分と重ねて優しく接します。

店にチンピラの殺し屋ブロ、ソロ、アラーニャたちが現れ、カナコにちょっかいを出しました。
嫌がるカナコを、スキンが制止してくれます。

店にはさらに、教授とキッドという殺し屋もやってきました。
教授はご年配の男性で、キッドは幼い少年のような姿をしています。
カナコは2人を個室に通しました。

スフレを食べていたスキンは、中にコインが入っているのを見て怒りました。
カナコはそれを見て驚き、ボンベロに訴えますが、ボンベロは知らん顔をしています。
スフレは、スキンの母親の思い出の料理なのでした。
話をしただけでボンベロが忠実に味を再現してくれたのですが、毎回ボタンやコインなどの異物が入っていると言うと、スキンはそのまま帰ります。


キッドがやってくると、カナコに「一緒に逃げて」と言います。
子どもの姿をしているので、カナコは「教授が悪い人、キッドは被害者」だと思いました。
応じようとすると、ボンベロがやってきてカナコを引き立てて連れていきます。

怒ったキッドは、店にいるブロたちと争いになり、あっという間に1人殺害しました。
ボンベロはカナコに「もっと想像力を働かせろ」と注意します。
キッドは全身整形を施して、骨格にまで手を加えて、子どもの姿になっているのです。
そのほうが仕事をしやすいから、相手に油断させるためになのでした。
キッドは大人なのです。
カナコは驚き、納得します。

ボンベロは、店内で殺人をしたキッドに、死体は片づけておけと声をかけました。
キッドは喜んで、死体をバラバラにしています…。


裏世界では、『Diner』のオーナーのデルモニコが、絶対的な権力を持っていました。
当時、腕の良い殺し屋だったボンベロを引退させ、『Diner』のオーナーにしたのも、デルモニコです。
しかしそのデルモンコは、1年前に交通事故死していました。
事故のはずなのですが、不可解なのは、デルモニコがつけていた指輪が行方知れずということです。
デルモニコの一周忌まで、あと1週間でした。

【転】- Dinerダイナーのあらすじ3

Dinerダイナーのシーン3 デルモニコなきあとは、東のマテバ、西のマリア、北の無礼図(ブレイズ)、南のコフィの4つの組織が台頭しています。
デルモニコの一周忌に、『Diner』で4人の会合が開かれ、組織のトップを決める話し合いがもたれる予定でした。
その時に先の酒『ディーヴァ・ウォッカ』が開けられるのです。


コフィから予約を受けたボンベロは、改めてカナコに酒のありかを聞きました。
しかしカナコは「懇親会のときに渡す」と言い、酒を出そうとしません。

スキンがカナコを気に入り、カナコを身元引受人として「買った」と言います。
ボンベロはそれを告げ、カナコに酒を出せと言いますが、それでもカナコは拒否します。
カナコは、誰のことも信用していませんでした。
懇親会までの6日間、カナコは酒のありかを口にしないつもりです。


4つの組織で最も権力を持つコフィが、ひそかにマテバを探らせました。
マテバは何者かに殺されます。

「相棒が退院してきた」と、ボンベロが上機嫌で言いました。
ボンベロの相棒というのは、大きなブルドッグ犬、菊千代です。
菊千代はイチゴが好きな犬でした。ボンベロにもらって、喜んで食べます。

菊千代はボンベロの言うことを守る番犬で、カナコの見張りをしていました。
いっぽうで、いざというときにはカナコを守ります。

ボンベロは菊千代とカナコに留守を任せ、仕入れに出かけました。
その間に、電話がかかります。
電話はボンベロの声で、キッドが来るから待たせておけ、というものでした。
カナコはそれを聞いて、キッドを店内に案内し、カウンターで待たせます。


しばらくすると、ボンベロからまた電話がかかってきました。
カナコは、キッドを通したことを報告すると、ボンベロがいぶかしみます。
先にかかってきた電話は、実はキッドの「声真似」だったのです。
ボンベロは「キッドはカナコを狙っている。すぐに帰る、時間を稼げ、菊千代から離れるな」とカナコに言いました。

ボンベロの言う通りでした。キッドがカナコを襲います。
ピンチに陥ったカナコですが、キッドの頭に菊千代がかみつきました。
ボンベロが帰ってくると、菊千代を止めて、キッドを追い払います。

落胆するカナコに、ボンベロはバーガーを作ってくれました。
食べたカナコは、そのおいしさに目を見張り、料理を学びたかったことを思い出します。

【結】- Dinerダイナーのあらすじ4

Dinerダイナーのシーン2 店にスキンが息絶え絶えで、入ってきました。
ボンベロが手当てをし、カナコにあとを任せます。
スキンはカナコに、持っていた缶を渡しました。
一昨日から自分の上司、マテバと連絡が取れないと、スキンは言います。

スキンはボンベロと仲良しでした。
「もしもの時は、君がボンベロを守るんだ。分かったね」と、スキンはカナコに頼みました。


カナコがボンベロのもとへ戻ると、ボンベロはスキン用のスフレを、オーブンへ入れるところでした。
ボンベロはカナコに、「180度で18分」と言うと、スフレを焼くのを任せます。
カナコは、よかれと思ってスフレの中の異物を取り除き、焼き上げました。
スキンに持っていきます。

スフレに異物が入っていなかったのを見たスキンは、店内で乱射しはじめました。
スキンはカナコに抱きつくと、「生きててよかったー」と言います。
ボンベロがスキンを射殺しました。
驚くカナコに、ボンベロは、スキンが自爆装置を持ち歩いており、そのスイッチを押そうとしていたことを告げます。
(カナコは、自爆に巻き込まれるところだった)

ショックを受けるカナコに、ボンベロは言います。
スキンは、「いつか完璧なスフレを食べたいという夢を持ちつつ、その望みが叶わないことが、生きる希望になっていた」のです。
それすら見抜けずに、安易なことをするなと、ボンベロはカナコに注意しました。

カナコは反省しながらも、出ていけというボンベロの命令はきかず、食い下がります。
ボンベロのような料理人になりたいと言い、カナコは店にいると宣言しました。


店に来た当初、カナコは弱虫でした。
しかし殺し屋のウエイトレスをするあいだに、カナコには強い意志が芽生えます。
カナコの変化を見たボンベロは、カナコに料理を教えました。
懇親会の日がやってきます…。


懇親会当日。
酒を出せと言われたカナコは、金庫を示します。
ボンベロと交渉した直後、すぐ金庫に戻していたと告げると、ボンベロは苦笑しました。
「そんなところが扱いづらい」と、ボンベロはカナコに言います。

行方不明だったマテバは、朝に遺体が発見されていました。
遺体は水に沈められていたのですが、浮かび上がってきたそうです。

『Diner』にマリア、無礼図、コフィがやってきました。
3人は、誰が次のトップになるか、話し合います。

殊に、なくなった指輪がどこにあるのか、という話題になったとき、マリアと無礼図は、ボンベロを疑っていました。
ボンベロを脅しますが、制止したカナコは、スキンから渡された缶を出します。

缶の中には、デルモニコの指輪と、「コフィ」と書かれた飴の包み紙が入っていました。
スキンが調査して、デルモニコ殺害に、コフィが絡んでいたという事実をつきとめていたのです。


その場に緊張が走りました。
無礼図がマリアの首を切り、殺害します。
それをコフィに見せながら「ボスは1人がいい」と言い、無礼図はコフィも殺します。

無礼図はボンベロに、店を続けてくれと頼みますが、ボンベロは拒否しました。
ボンベロは、デルモニコには恩義がありますが、無礼図にはないからです。
断った直後、ボンベロはカナコを連れて店の奥に立てこもります。


事情を知るボンベロとカナコは、無礼図たちにとって目障りな存在でした。
殺されると気づいたボンベロは、店の中の酒で火炎瓶の武器を作り、隠します。
無礼図と戦う元殺し屋のボンベロは、ガス管のホースを切って爆発を起こしました。
スプリンクラーで火は消えますが、そのあいだにボンベロは、カナコを逃がそうとします。

食糧庫の古い排気口を示したボンベロは、先に脱出しろと言いました。
銀行口座と暗証番号の入ったネックレス(細い筒状になっている)を渡すと、ボンベロは、「きちんと生きろ。お前が、お前を必要としている」と声をかけます。

ボンベロにキスをしたカナコは、「いつか店に来て。席を開けておく」と言い、逃げました。
残ったボンベロは、無礼図と戦います。
無礼図を掴んだボンベロは、「俺はここの王だ」というと、スキンから奪っていた起爆装置のスイッチを押しました。
店内は爆発します…。


後日。

カナコはメキシコのグアナフアトで、小さな自分の店を開いていました。
ボンベロに宣言したとおり、ボンベロ用の席をリザーブしています。
ある日、そこへ菊千代を同伴したボンベロが、やってきました。
カナコはボンベロに抱きつきます。
(ハッピーエンドと取ることもできる。「死者の日」に、死者のボンベロが訪れたというふうにも取れる。
観客に好きなほうを選択させるラスト)

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

蜷川実花・監督の作品だなあ、それをつくづくと感じさせられる、極彩色の作品。
綺麗だし、見所満載だし、豪華なキャストにうっとり。文句なし。
殺し屋がとにかくたくさん出てくる。彼らのどれも、非常に印象が強く、役者も負けていない。
ラストの展開は、どこかで見たような…と思うのだけれど(映画『レオン』)それすら愉快。
原作では「ボンベロを待つ」ところで終わるけれど、映画ではボンベロがやってくる、という結末。
深読みすると「死者の日」=「死者であるボンベロが戻る」なのかもしれない。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「Dinerダイナー」の商品はこちら