映画:es[エス]

「es[エス]」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

サスペンス映画

【結】– es[エス]のあらすじ4

汚れた服を着せられたタレクに、看守のボッシュだけが同情的でした。

それに気づいたタレクは、ボッシュに頼みごとをします。外へ郵便物を出してほしいと言いました(記者として、上司に連絡する内容のもの)。

タレクにドラが面会に来ていました。タレクは驚きます(嬉しい)。

ドラは、タレクの部屋に入って契約書を見つけたと言いました。

ドラはカナダに帰るので、一緒に来てほしいと頼みますが、それは実験の中断、記者の仕事もボツになるということなので、タレクは断ります。

タレクはドラに、あとで看守のボッシュが接触するから、そのメモを上司に渡してほしいと頼みました。

ボッシュがドラに接触しようとしますが、看守に気付かれて止められます。

ベルスがドラに会い、「気が変わったらしい。キャンセルだ」と言い、ボッシュは裏切り者とされます。

監視カメラのスタッフ、ラースと会話をした看守たちは、トーン教授が会議で留守だと知りました。

実験の中断を決定する者が不在と知り、看守たちは今が囚人たちを懲らしめるチャンスだと思います。

ボッシュが看守たちにリンチされ、脱落した53号の囚人服を着せられて房に入れられました。

それを監視カメラで見たラースは、急いでトーン教授に電話をしますが、留守番電話でした。メッセージを吹き込みます。

その後、ラースも看守に暴行を受け、連行されました。

牢獄では38番のシュタインホフがカメラ目線で、房での異常を訴えますが、監視カメラ室は無人になります。

タレクは看守たちに殴られ、シュッテも警棒で殴られました。

牢獄には威圧(プレッシャー)のため、中央に金庫に似た形状の、暗室が置かれていました。

閉所恐怖症のタレクはそれを見るたびに内心、怯えていたのですが、とうとうその暗室に入れられます。

タレクは恐怖と戦いながら、エンピツで作ったドライバーで、ネジを開け始めました。

…帰宅したドラは胸騒ぎを覚え、大学へ電話をかけます。

誰も出ないので不審に思い、大学へ向かいました。

着信と入れちがいで戻ってきたグリム博士は、監視カメラを見て異常を知ります。

しかし看守たちに囲まれ、「これも実験のうちなんだろう」とグリム博士は言われました。

ベルスに命ぜられ、グリム博士は着衣を脱がされて、囚人用のTシャツを着せられます。

ドラが大学に訪ねてきました。応対したベルスは「警察を呼ぶわよ」とドラに言われたため、別室に通します。

牢獄に音楽が鳴り始め、グリム博士が乱暴されそうになりました。

それより先にタレクが暗室を脱出し、シュタインホフに牢の鍵を渡します。

シュタインホフは牢を出ると、他の囚人たちの房を開けていきました。グリム博士を救います。

タレクは警棒で殴られ、椅子に縛られたシュッテのところへ駆け寄りますが、シュッテは死んでいました。タレクは嘆きます。

助けられたグリム博士が「奥の配管室を抜ければ外へ出られる」と言い、囚人たちは全員で脱走しようとしました。

ベルスはドラを別室に通し、よからぬことを考えていましたが、そこへ「囚人たちが脱走した」という知らせが入り、駆け付けます。

存在を忘れられたドラは、ガラスを割って部屋を脱出しました。

その頃、会議を終えたトーン教授は留守番電話のメッセージを聞いて、あぜんとします。

急いでタクシーで駆け付けようとしました。

大学の地下では、壮絶な追走劇が展開されていました。

看守側は逃げる囚人を相手に捕り物をし、囚人側も必死で逃げます。

看守のひとりは、駆け付けたトーン教授に「何があった」と問い詰められますが、混乱のあまり銃で撃ってしまいました。

その音を聞きつけ、ドラが駆け付けます。

教授に発砲して呆然とする看守を、ボッシュが消火器で殴りました。

タレクとシュタインホフは、厨房でベルスと対峙します。

本気で戦ううちに、ベルスの気持ちは殺意へ傾いていました。思わず包丁を手にし、タレクに向かいます。

ドラが駆け付けて声をあげたので、ベルスは我に返りました。おそるおそる、手元の包丁を見ます。

手にしていた包丁はタレクを刺さず、タレクが包丁の刃を片手で握っていました。

血を見たことで冷静さを取り戻したベルスに、シュタインホフが首を絞めようとしますが、タレクが制止します。

…14日(2週間)行なわれるはずの実験は、わずか5日で中止になりました。

この実験により2人が死亡、3人が重傷を負います。

(そして恐ろしいことに、映画では触れないが、これは実際に行なわれた実験をもとに作られた映画)

互いの役割をまっとうしようとする者ほど、過度な凶暴性が現れ、服従する者には相当なプレッシャーがかかることが、実験であかるみになりました。

実験の後。

タレクはドラと共に海を渡り、カナダで一緒に海を見ています…。

(タレクとドラは一緒に暮らし始めた)

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「es[エス]」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×