映画:L change the WorLd(デスノート)

「L change the WorLd(デスノート)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

L change the WorLdの紹介:日本の人気漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年の映画『デスノート』のスピンオフ作品。2008年2月9日公開。

あらすじ動画

L change the WorLd(デスノート)の主な出演者

L(松山ケンイチ)、久條希美子(工藤夕貴)、二階堂真希(福田麻由子)、駿河秀明(南原清隆)、松戸浩一(平泉成)、BOY(福田響志)、小西朝雄(正名僕蔵)、二階堂公彦(鶴見辰吾)、的場大介(高嶋政伸)

L change the WorLd(デスノート)のネタバレあらすじ

【起】– L change the WorLd(デスノート)のあらすじ1

L(エル)は若くして名探偵として知られる人物でした。アメリカ・FBI(連邦捜査局)などに優秀な部下を複数持つLは、今までにさまざまな事件を解決してきました。

ロサンゼルスBB事件の容疑者が潜伏する貸事務所を見つけたLは、部下のナオミとレイ・イワマツに捜査を任せます。ナオミとレイ・イワマツは結婚予定で、ナオミは結婚後はFBIを退職する予定です。

貸事務所に銃を持って突入したナオミは事件を解決させ、Lが見るカメラに向かってウインクしました。

それを確認したLは、有能な初老の右腕であるワタリに、日本へ向かう手配を頼みます。

…Lは日本で『キラ事件』を担当しました(『デスノート』シリーズ参照)。有能なLは、併行して複数の事件を抱えています。

…その頃、タイ・バンナム村で新種のウィルスが大流行していました。ウィルスは人為的に作られたもので、黄色い防護服に身を包んだ一団は、村人の様子を撮影して採血をします。

ウィルスが猛威を振るうのを確認した一団は、爆撃機の出動を要請し、爆弾投下により村を一掃します。

バンナム村に潜入したLの部下・Fは資料を入手すると、発症していない唯一の少年・BOYを連れてトラックで逃亡しました。追っ手がかかります。

自らも発症しかけたFは青いネックレスを少年・BOYの首にかけると、電話番号を言いました。BOYは数字に強く、1度聞いただけで13桁の数字を覚えます。

森の木陰でこっそりBOYを降ろしたFは、軍用ヘリに爆破されて死にます。それをBOYは見ていました。

Fが死んだ知らせがワタリのパソコンに入り、ワタリはLに告げます。

その頃Lは海砂(みさ)の部屋から奪ったデスノートに自分の名と死因「L Lawliet 心不全 23日後に安らかな眠りの中で死亡」と書いていました。これによりLはキラとの最後の戦いに勝利しますが、死ぬことも決まります。キラという大きな悪を止めるための、小さな犠牲だとLは言いました。またLの予想に反し、ワタリが命を落とします。

Lはワタリの死を部下たちにメールで知らせました。

アジア感染症センター所長・二階堂公彦は、部下の九條希実子と共に「生体感染防御棟(P4)」で新種のウィルスの研究をしていました。12歳の二階堂の娘・真希は体が弱く、週に1度父から注射を受けています。真希は低血糖の病気で、定期的にインスリンを打たねばならない身でした。父・二階堂は娘・真希に「宿題」といって、難しめのクイズを出します。

二階堂は持ちこまれた新種のウィルスが、2種類のウィルスを元株にして作られたものだと割り出します。感染力の強いインフルエンザ・ウィルスに、凶暴きわまりないエボラの遺伝子を掛け合わせたもので、感染力はエボラの100倍になります。

このウィルスに感染すると発熱し、全身の粘膜や皮膚から出血して亡くなります。二階堂はウィルスに対抗する抗ウィルス薬(ワクチン)を作ろうとしましたが、ウィルス自体がこの20時間のうちにどんどん進化を遂げているため、役に立たないと言いました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「L change the WorLd(デスノート)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×